Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

肝疾患を有する患者の評価

執筆者:

Steven K. Herrine

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

医学的にレビューされた 2018年 1月
意見 同じトピックページ はこちら
本ページのリソース

病歴

様々な症状が発生しうるが,肝疾患に特異的なものはほとんどない:

家族歴,社会歴,ならびに薬物および物質使用歴の聴取では肝疾患の危険因子に注意すべきである( Professional.see table 肝疾患の危険因子 肝疾患の危険因子 肝疾患の危険因子 )。

身体診察

通常は,身体診察で検出できる異常は病状が進行するまで発生しない。一般的な所見から特定の原因が示唆される場合もある( Professional.see table 身体所見の解釈 身体所見の解釈 身体所見の解釈 )。

検査

肝障害の診断では,血液検査と画像検査のほか,ときに肝生検を含む 肝疾患および胆道疾患の検査 肝臓および胆嚢の臨床検査 臨床検査は一般に以下の目的に効果的である: 肝機能障害の検出 肝損傷の重症度の評価 肝疾患の経過および治療効果のモニタリング 診断の絞り込み さらに読む が重要な役割を果たす。個々の検査,特に肝臓の生化学的状態と排泄を調べるものは,しばしば感度と特異度に限界がある。多くの場合,複数の検査を組み合わせることで,疾患の原因と重症度を最も正確に判定できる。

意見 同じトピックページ はこちら
家庭版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP