Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

角膜の病気に関する序

執筆者:

Melvin I. Roat

, MD, FACS, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

角膜とは、虹彩と瞳孔の前にある透明な層です。角膜は、虹彩と水晶体を保護し、光が網膜に焦点を結ぶのを助ける働きをしています。角膜は細胞、タンパク質、液体からできています。角膜は脆弱(ぜいじゃく)に見えますが、爪とほとんど同じくらいの硬さです。しかし、接触には極めて敏感です。

眼の内部の構造

眼の内部の構造

角膜の病気には以下のものがあります。

角膜の病気または損傷は、痛み、流涙(りゅうるい)、見え方の鮮明さ(視力)の低下を引き起こすことがあります。

細隙灯(さいげきとう)顕微鏡は、拡大鏡下に眼を観察できる器具で、角膜の診察に使用されます。診察に際し、医師はフルオレセインという黄緑色の色素を含む点眼薬を投与します。フルオレセインを使用すると、傷ついた部分に一時的に色がつき、普段は目に見えない角膜の損傷部が観察しやすくなります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP