Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

炎症性腸疾患(IBD)の概要

執筆者:

Aaron E. Walfish

, MD, Mount Sinai Medical Center;


Rafael Antonio Ching Companioni

, MD, Icahn School of Medicine, Elmhurst Hospital Center

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

炎症性腸疾患とは、腸に炎症が起き、しばしば腹痛と下痢が繰り返し起こる病気です。

炎症性腸疾患としては、主に以下の2種類の病気があります。

この2つの病気には多くの共通点があり、ときに判別が難しいことがあります。しかし2つの病気にはいくつかの違いがあります。例えば、クローン病は消化管のほぼすべての部分に起こりうるのに対し、潰瘍性大腸炎はほぼ常に大腸にしか起こりません。

炎症性腸疾患の原因は分かっていませんが、遺伝的素因をもつ人で正常な腸内細菌が異常な免疫反応の引き金になる可能性を示した科学的根拠があります。

炎症性腸疾患はあらゆる年齢でみられますが、通常は30歳未満で始まり、一般的には14~24歳で発症します。少数ですが、50~70歳で初めて発作が起きる人もいます。北欧系とアングロサクソン系の人に最もよくみられ、アシュケナージ系ユダヤ人では同じ地域に暮らす非ユダヤ系の白人と比較して2~4倍多くみられます。男女差はありません。炎症性腸疾患の患者の第1度近親者(母、父、姉妹、兄弟)では、炎症性腸疾患の発生リスクが4~20倍高くなります。家系内で遺伝する傾向は、クローン病の方が潰瘍性大腸炎よりはるかに強くみられます。

症状

炎症性腸疾患の症状は、侵されている腸の部位とクローン病または潰瘍性大腸炎の有無によって異なります。クローン病の人では通常、慢性の下痢と腹痛がみられます。潰瘍性大腸炎の人では通常、腹痛と血性下痢が間欠的に現れます。どちらの病気でも、下痢が長期間続いている患者では、体重減少や低栄養がみられることがあります。

炎症性腸疾患はときに、関節、眼、口、肝臓、胆嚢、皮膚など、別の部位に影響を及ぼすこともあります。また、腸の患部の領域にがんが発生するリスクも高まります。

診断

  • 便と血液の検査

  • 内視鏡検査と生検

炎症性腸疾患の診断を下すためには、まず炎症を引き起こしうる他の原因の可能性を否定する必要があります。例えば、寄生虫や細菌の感染症が炎症の原因となることがあります。このため、医師はいくつかの検査を行います。

便のサンプルを分析して、抗菌薬の使用により生じる細菌感染症(クロストリジウム・ディフィシル感染症)を含め、細菌または寄生虫による感染症(例えば旅行中に感染するもの)の証拠がないか調べます。

さらに、淋菌感染症ヘルペスウイルス感染症クラミジア感染症などの性感染症が直腸にないか調べる検査も行うことがあります。

S状結腸鏡検査(管状の機器を使ったS状結腸の検査)の際に直腸粘膜から組織のサンプルを採取して、結腸の炎症(大腸炎)を起こす他の原因を示す証拠がないか顕微鏡で調べることがあります。こうした組織の採取と検査は生検と呼ばれます。

医師は、過敏性腸症候群虚血性大腸炎(50歳以上の人に多い)、吸収不良症候群セリアック病など)、女性ではある種の婦人科疾患など、似たような腹部の症状を引き起こす他の病気の可能性も考慮します。他の病気の可能性を否定するために、腹部のX線検査CT検査やMRI検査など、画像検査を行うこともあります。クローン病患者の腸の評価を行うためにビデオカプセル内視鏡検査を行うことがあります。

治療

  • ときに手術

  • 食事とストレスの管理

炎症性腸疾患には根治的な治療法はありませんが、炎症を和らげて症状を軽減するには、アミノサリチル酸系、コルチコステロイド、免疫調節薬、生物製剤、抗菌薬など、多くの薬( クローン病による腸の炎症を軽減する薬潰瘍性大腸炎による腸の炎症を軽減する薬)が役立ちます。

非常に重症の場合は、ときに手術が必要です。

食事とストレスの管理

ほとんどの患者とその家族は食事とストレスの管理に関心があります。厳格な炭水化物の摂取制限を伴うものなど、特定の食事が炎症性腸疾患の改善に役立ったと主張している人もいますが、食事療法の効果は臨床試験では証明されていません。慢性疾患があることによるストレスに対処するために、ときに医師がストレス管理の手法を推奨することがあります。

健康維持

炎症性腸疾患によって、特定の感染症の発生リスクや、基礎疾患、栄養不良または免疫調節薬の使用に起因する病気の発症リスクが高まります。予防接種と診断検査とスクリーニングがリスクの低減に役立ちます。

インフルエンザワクチンは、インフルエンザの予防のために毎年必要です。肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌 Streptococcus pneumoniaeによる細菌感染症の予防に役立ちます。生物製剤を使用していない50歳以上の人は、帯状疱疹ワクチンの接種を考慮するべきです(帯状疱疹の予防に役立てるため)。免疫調節薬の使用を開始する人と水痘ウイルスに曝露したことがない人は、免疫調節薬の開始前に水痘ワクチンの接種を受ける必要があります(水痘の予防に役立てるため)。状況に応じて定期的な破傷風・ジフテリアA型肝炎B型肝炎ヒトパピローマウイルスの各ワクチンの接種も受けるべきです。

免疫調節薬を使用していない炎症性腸疾患の女性は、子宮頸部細胞診(パパニコロウ検査)による子宮頸がんスクリーニングを3年毎に受けるべきです。免疫調節薬を使用している炎症性腸疾患の女性は、子宮頸部細胞診を毎年受けるべきです。

免疫調節薬または生物製剤を使用しているかその計画がある炎症性腸疾患の人は、皮膚がんのスクリーニングを毎年受け、日焼け止めを使用し、保護効果の高い衣類を着用するべきです。

骨密度の減少(骨粗しょう症)のリスクが高い人は、二重エネルギーX線吸収法(DXA法)による検査を受けるべきです。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP