Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

分娩時の異常と合併症に関する序論

執筆者:

Julie S. Moldenhauer

, MD, Children's Hospital of Philadelphia

最終査読/改訂年月 2016年 1月

分娩時の異常および合併症は,できるだけ早期に診断して管理するべきである。

以下の合併症の大部分は,分娩が始まる前から明らかである:

以下の合併症の一部は,陣痛中または分娩時に発生するか明らかになる:

一部の合併症では,経腟分娩および自然分娩に代わる選択肢が必要となることがある。選択肢としては以下のものがある:

他の分娩方法を用いる場合,新生児合併症の治療に備えられるよう,新生児ケアチームに連絡すべきである。

一部の合併症(例,分娩後出血子宮内反)は,胎児の分娩直後および胎盤の娩出前後に発生する。

癒着胎盤のような一部の胎盤異常は,妊娠中または分娩後になって初めて発見される。

新生児蘇生および分娩過程の異常については, 周産期における問題の概要;胎便吸引症候群については, 胎便吸引症候群。妊娠高血圧腎症および子癇については, 妊娠高血圧腎症および子癇

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP