Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

小児における骨の病気の概要

執筆者:

Frank Pessler

, MD, PhD, Braunschweig, Germany

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース
  • 骨の病気は、けが、感染症、がんが原因で起こったり、遺伝によって生じたり、小児の成長の一環として起こったりすることがあり、また原因が不明の場合もあります。

  • 骨の病気には、痛みが起こり、歩くのが難しくなるものもありますが、何の症状も起こらないものもあります。

  • 徹底的な病歴聴取、注意深い観察と診察、および適宜用いるX線検査またはMRI検査に基づいて、診断が下されます。

  • 治療は病気によって異なります。

小児の骨は成長し続けており、盛んに作り変えられています(リモデリング)。骨の成長は成長板と呼ばれる傷つきやすい部分で起こります。 リモデリングでは、骨の古い組織が徐々に新しい組織に置き換わっていきます。骨の病気の多くは、成長期の小児に起こる、筋骨格系の変化が原因です。そのような病気は小児の成長に伴い軽快することもあれば、悪化することもあります。骨の病気には遺伝するものや、小児期に起こる原因不明のものもあります。

成長板

骨は固いものと考えられがちです。しかし骨は、小児の身体の他の部分に合わせて、成長する必要があります。小児の骨は、骨の端部に近い軟骨の柔らかい部分から成長します。この部分を成長板といいます。小児の成長が終わると、成長板は固い骨になります。成長板が固い骨になると、骨の長さは伸びなくなります。これが、青年期の後期のある時点以降は身長が伸びなくなる理由です。例えばけがをした後、骨は自力で修復しますが、この成長板は修復されません。

小児期に成長板が損傷すると、骨の成長異常が生じることがあります。

骨軟骨症は、小児が急速に成長している時期に起こる一連の成長板の病気です。骨軟骨症の原因はよく分かっていませんが、遺伝するとみられています。骨軟骨症には、ケーラー病レッグ・カルベ・ペルテス病オスグッド・シュラッター病ショイエルマン病などがあります。

成長板の位置

成長板(ピンク色の線で示されています)は、長管骨(腕や脚の骨など)の端部に近い軟骨の領域です。小児が十分な身長に達するまで、小児の骨を伸ばす働きを担います。

成長板の位置

原因

小児の骨の病気は、けが、がん、感染症などが原因で起こります。主として小児でみられる骨の病気の原因としては、典型的には骨の配置のずれがあり、これは小児の発達につれて成長板に力がかかることによって徐々に起こります。成長板は、血液供給が悪かったり、骨の他の部分と分離したり、または、配置がわずかにずれただけでも損傷を受けます。成長板が損傷を受けると骨の成長が制限され、関節が変形し、関節に長期的な損傷が起こります(関節炎)。

ある種の、まれな結合組織疾患も、骨の異常を引き起こします。その例として、マルファン症候群骨形成不全症骨軟骨異形成症が挙げられます。ほかに、大理石骨病もまれな遺伝性疾患で、骨密度を上昇させたり、骨の異常な増殖を引き起したりします(この両方が起きることもあります)。

症状

骨の病気によって、痛みを伴わない変形がときに起こります。変形によっては、小児の歩く能力や四肢を動かす能力が影響を受けることがあります。

診断

  • 医師による評価

  • X線検査、MRI検査、臨床検査

骨の病気の診断は、徹底的な病歴聴取、注意深い観察と診察、および適宜用いるX線検査MRI検査、臨床検査に基づいて下されます。

治療

  • 病気によって異なる

骨の病気の治療は病態により異なります。一部の病気は小児が成長することで治ることがあります。しかし、矯正装具や手術が必要になる場合もあります。

成長板が損傷を受けている場合は手術が役に立つことがあります。分離したり配置がずれたりした成長板の端を手術で正確に正しい位置へ移動させると、骨の成長が正常に戻る可能性があります。また、骨の配置のずれによって生じている刺激を手術で軽減すると、関節炎の発生を防げる場合があります。

骨の病気で体に変形が生じていると、小児は不安を感じたり抑うつ状態になったりする場合があります。また、一部の治療が、小児にとって心理的に受け入れがたいこともあります。例えば、青年が、脊柱側弯症の治療に用いる体幹装具をつけると仲間から浮いてしまうという理由で、つけたがらないことがあります。専門家によるカウンセリングで小児の不安や抑うつを軽減できることがあります。カウンセリングは小児が難しい治療に臨む際にも役立つことがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP