Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

眼痛

執筆者:

Christopher J. Brady

, MD, Wilmer Eye Institute, Retina Division, Johns Hopkins University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

眼痛には、激しいものもあれば鋭いものもあり、うずいたりズキズキしたりすることもあれば、眼の表面に軽い刺激または異物がある感覚(異物感)を覚えるだけのこともあります。 眼痛を引き起こす病気の多くでは、眼が赤くなります。眼痛の原因によっては他の症状がみられることもあります。 例えば、かすみ目眼球の突出、または明るい光によって悪化する痛みなどがみられることがあります。

角膜(虹彩と瞳孔の前にある透明な層)は、痛みに非常に敏感です。角膜に影響を及ぼす病気の多くは、前房(虹彩と角膜の裏面との間の、液体で満たされた空間)にも影響を及ぼし、虹彩を制御する筋肉(毛様体筋)のれん縮を引き起こします。このようなれん縮があると、明るい光によって筋肉が収縮し、痛みが悪化します。

眼の内部の構造

眼の内部の構造

原因

眼痛を引き起こす病気は、主に角膜を侵す病気、眼の別の部位を侵す病気、体の別の部位を侵して眼痛をもたらす病気の3つに分けられます。

一般的な原因

全体として眼痛の最も一般的な原因は、角膜疾患であり、特に以下のものが挙げられます。

  • 角膜掻爬(かくまくそうは:角膜が引っかかれること、角膜上皮剥離ともいいます。)

ただし、眼痛はほとんどの角膜疾患でみられます。

角膜が引っ掻かれるような感覚または異物感は、結膜(まぶたの裏側と眼の前面を覆う薄い膜)の病気または角膜の病気によって起こります。

icon

眼痛の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

主に角膜を侵す病気

コンタクトレンズ角膜炎(コンタクトレンズを長時間装用することによって起こる、角膜[虹彩と瞳孔の前にある透明な層]の炎症)

通常、両眼に現れる

眼のうずきと眼に砂が入ったような感覚

眼が赤くなる、流涙、光への過敏

コンタクトレンズを長時間装用している人

医師の診察

角膜掻爬(角膜上皮剥離)

眼のけが(乳幼児では気づかれないことがある)の後に始まる症状

異常のある眼でまばたきをしたときの痛み、異物感

眼が赤くなる、流涙、通常は光への過敏

医師の診察

しばしば、角膜に灰色がかった斑点がみられ、その後、ただれて痛みを伴うようになる

眼のうずきと異物感

眼が赤くなる、流涙、光への過敏

ときに、眼にけがをした人またはコンタクトレンズをはめたまま眠った人にみられる

医師の診察

潰瘍から採取したサンプルの培養(眼科医が行う)

流行性角結膜炎(はやり目—アデノウイルスによって起こる、結膜[まぶたの裏側と眼の前面を覆う膜]と角膜の炎症)

通常、両眼に現れる

眼のうずきと眼に砂が入ったような感覚

眼が赤くなる、流涙、通常は光への過敏

まぶたの腫れ、耳の前のリンパ節の腫れと圧痛

まれに、一時的な重度のかすみ目

医師の診察

単純ヘルペス角膜炎(単純ヘルペスウイルスによる角膜の感染症)

通常、片眼のみ

初期:結膜炎になった後に症状が現れる

まぶたに水疱(すいほう)、ときに痂皮(かひ)

後期または再発時:眼が赤くなる、涙目、眼痛、視覚障害、光への過敏

通常は医師の診察のみ

眼部帯状疱疹(水痘帯状疱疹ウイルスによる眼と顔面の帯状疱疹)

通常、片眼のみ

初期:顔の片側で眼の周り、額、ときに鼻先にできる水疱や痂皮を伴う発疹

後期:眼が赤くなる、流涙、通常は光への過敏、まぶたの腫れ

通常は医師の診察のみ

紫外線角膜炎(過剰な紫外線への曝露[ばくろ]による角膜の炎症で雪目とも呼ばれる)

通常、両眼に現れる

過剰な紫外線への曝露から、数時間後に症状が始まる(溶接中、太陽灯を使ったとき、[特に高地で]雪に反射する明るい日光を見たときなど)

眼のうずきと眼に砂が入ったような感覚

眼が赤くなる、流涙、光への過敏

医師の診察

その他の眼疾患

眼がひどくうずき、赤くなる

頭痛、吐き気、嘔吐、光に当たると眼が痛む

光輪視(光の周りに虹のような輪が見える)や視力低下などの視覚障害

眼圧検査

眼から液体が排出される通路を特殊なレンズで観察する(眼科医による隅角鏡検査)

前部ぶどう膜炎(前房[虹彩と角膜の間の液体で満たされた空間]の炎症)

眼のうずき、光への過敏

眼が赤くなる(特に角膜の周り)

かすみ目または視力障害

しばしば、自己免疫疾患がある人または最近眼にけがをした人にみられる

医師の診察

眼内炎(眼の中で起こる感染症)

片眼のみ

眼のうずき、眼が激しく赤くなる、光への過敏、著しい視力の低下

しばしば、最近眼の手術をした人または最近重篤な眼のけがをした人にみられる

医師の診察

眼科医による、眼の中の液体の培養

多発性硬化症に関連する視神経炎(視神経の炎症)

通常、軽度の痛みがあり、眼を動かしたときに悪化する

視力障害(視力低下または失明)

まぶたと角膜は正常に見える

医師の診察

しばしば、造影剤を用いたMRI検査

眼窩蜂窩織炎(眼窩内の組織の感染症)

片眼のみ

眼球の突出、眼が赤くなる、眼の奥の痛み、眼の中や眼の周りのうずき

まぶたの腫れと発赤

眼をすべての方向に動かせない

視覚障害または視力障害

発熱

ときに、副鼻腔炎の症状(後述参照)が先に現れる

医師の診察

CTまたはMRI検査

眼窩偽腫瘍(炎症を起こした組織または線維性の組織が眼窩内に蓄積するもので、がんではない)

眼の中や眼の周りのうずきがあり、非常に重度のことがある

しばしば、眼球の突出

しばしば、眼をすべての方向に完全に動かせない

眼の周りの腫れ

医師の診察

CTまたはMRI検査

ときに生検

強膜炎(強膜と呼ばれる白眼部分の炎症)

非常に重度の痛み(しばしば、突き刺すような痛みと表現される)、光への過敏

涙目

白眼の部分に赤または紫の斑点

しばしば、自己免疫疾患がある人にみられる

通常は医師の診察のみ

眼痛を引き起こすその他の病気

以前にも重度の頭痛のエピソードがあった人にみられる

群発頭痛:頭痛が、

  • ある時期に集中して起こる

  • 毎日同じ時刻に現れる

  • 激しく、ナイフで突き刺すような痛み、鼻水、涙目を引き起こす

片頭痛:頭痛があり、

  • 発作の前に、感覚、バランス、協調運動、発話、または視覚に一時的な障害(チカチカする光が見えたり、盲点が現れたりするなど)がみられることがある(前兆と呼ばれる)

  • 典型的には、拍動性またはズキズキする痛みを引き起こす

  • 音、光、匂いに敏感になったり、吐き気、嘔吐を伴ったりする

医師の診察

  • ときにCT検査

ときに、眼の周りが腫れるが、ほかに症状はない

黄色または緑の濃厚な鼻汁(ときに出血を伴う)、頭痛、または眼もしくは顔面の痛み(頭部の位置を変えることで痛みの強度が変わる)

発熱、顔面の圧痛、ときに夜間のたんを伴うせき、呼吸困難

医師の診察

ときにCT検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。特記しない限り、ここに挙げられた病気はすべて片眼にのみ起こるものです。

医師は、ほぼ必ずフルオレセイン染色を使った細隙灯顕微鏡検査と、眼圧の測定(眼圧検査)を行います。

これらの原因はあまり一般的ではありません。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像。

評価

眼の軽い刺激感または異物感はよくみられ、通常は重篤な病気ではありません。しかし、本物の眼痛は、視力を脅かす重い病気の徴候であることがあります。以下では、どのようなときに医師の診察を受ける必要があるか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

眼痛がみられる場合は、特定の症状や特徴に注意が必要です。具体的には以下のものがあります。

  • 嘔吐

  • 光の周りに虹のような輪が見える(光輪視)

  • 発熱、悪寒、疲労、または筋肉のうずき

  • 見え方の鮮明さ(視力)の低下

  • 眼球が飛び出す(眼球突出

  • 眼をすべての方向(右、左、上、下など)に動かせない

受診のタイミング

ひどい痛みがある、眼が赤くなる、または警戒すべき徴候がみられる場合は、直ちに医師の診察を受ける必要があります。痛みが軽く、眼も赤くなく、警戒すべき徴候がない場合、1~2日待って、自然に不快感が消失するか様子を見てもよいでしょう。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、眼の痛みの原因と必要になる検査を推測することができます( 眼痛の主な原因と特徴)。

医師は、痛みについて説明するよう患者に求め、いつ始まったか、どのくらいひどいか、眼を動かしたりまばたきしたりすると痛みが生じるかなどの質問をします。今までに眼痛をきたしたことがあるか、光への過敏があるか、かすみ目があるか、眼に異物が入っているような感じがするか、などについても尋ねます。

身体診察では、発熱または鼻水がないかを調べます。顔に圧痛があるかどうかも確かめます。

身体診察で最も重要なのは眼の診察で、眼全体、まぶた、眼の周りを注意深く調べます。医師は、以下の点を確認します。

  • 眼が赤くなっていたり腫れていたりするか

  • 標準的な視力検査表を使って、どの程度はっきり見えるか

  • 視野のそれぞれの部分の視力があるか(視野検査)

  • 瞳孔は光にどのように反応するか

  • 正常な方の眼に光を当てると、閉じている障害のある方の眼に痛みが生じるか(真の羞明[しゅうめい]と呼びます)。

異物が疑われるものの見つからない場合、医師は患者のまぶたをひっくり返して、裏側に異物が隠れていないか探します。

医師は通常、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査を行います。 細隙灯顕微鏡とは、拡大鏡下に眼を診察できる器具 です。フルオレセイン染色の点眼薬を角膜にさすと、引っ掻いた痕(あと)、または潰瘍(かいよう)などの感染症が明らかになります。また、眼圧計を用い、眼の内部の圧(眼圧)を測ります。検眼鏡(眼の奥を照らすライトの付いた拡大鏡)を使って、水晶体、硝子体(しょうしたい、眼球の内部を満たすゼリー状の物質)、網膜(眼の奥にある光を感じる構造物)、視神経、網膜動静脈も観察します。

ときに、診断に役立つ所見が見つかることがあります。特有の所見または所見の組合せが、特定の病気を指し示すこともあります。

以下のように、特定の種類の診断が示唆されたり、その可能性を否定したりする上での助けとなる所見もあります。

  • 角膜疾患では、他の眼疾患に比べて、眼が赤くなる、流涙(りゅうるい)、痛みなどの症状がよくみられる傾向にあります。これらの症状がなければ、角膜疾患である可能性は非常に低いです。

  • 眼の表面の痛み、異物感、まばたきをしたときの痛みがあれば、異物が疑われます。

  • コンタクトレンズを使用している人は、角膜掻爬、角膜潰瘍、またはコンタクトレンズ角膜炎の可能性があります。

  • 眼圧を測定するときに、麻酔薬の点眼薬をさします。それによって痛みが消失すれば、痛みの原因はおそらく角膜疾患です。

  • 眼の奥がうずくような拍動性の痛みがあれば、重篤な病気が想定されることが多く、急性閉塞隅角(ぐうかく)緑内障、前部ぶどう膜炎、強膜炎、眼内炎、眼窩(がんか)蜂窩織炎(ほうかしきえん)、眼窩偽腫瘍などが考えられます。このような症状に加えて、まぶたの腫れ、眼球の突出、眼をすべての方向に動かせないといった症状があれば、最も可能性の高い病気は眼窩偽腫瘍、眼窩蜂窩織炎であり、さらに重度の眼内炎も考えられます。

検査

検査が必要かどうかは、病歴聴取と身体診察の結果によって決まります。通常は、検査は不要です。しかし、眼圧の上昇が認められた場合、隅角鏡検査を行うため、眼科医(眼の病気の評価と[手術を含む]治療を専門とする医師)へ紹介されることがあります。隅角鏡検査とは、特殊なレンズを用いて、眼から液体が排出される通路を観察することです。

眼球が突出している場合や、頭を動かさずに眼をすべての方向に動かせない場合は、眼窩蜂窩織炎または眼窩偽腫瘍が疑われます。その場合、CT(コンピュータ断層撮影)検査またはMRI(磁気共鳴画像)検査を行って、これらの病気の徴候がないかを調べます。副鼻腔炎が疑われるものの診断がはっきりしない場合、または合併症が疑われる場合にも、CT検査が行われることがあります。視神経炎が疑われる場合は、造影剤を用いたMRI検査が行われることがあります。

眼内炎の可能性が高い場合、医師は眼の中から液体(硝子体液または房水)のサンプルを採取して検査室に送ります。単純ヘルペス角膜炎または眼部帯状疱疹の可能性が高いものの、診断がはっきりしない場合、医師は角膜または水疱から採取したサンプルを検査室に送ることもあります。検査室では、感染症を確定して原因微生物を判定するため、検査技師が細菌またはウイルスの増殖(培養)を試みます。

治療

  • 原因の治療

  • 痛み止め、ときにオピオイド

  • ときに瞳孔を散大させるための点眼薬

眼痛を治療する最善の方法は、痛みの原因を治療することです。痛みが治まるまで、痛み止め(鎮痛薬)の使用を要することもあります。アセトアミノフェンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)のような市販の鎮痛薬で効果がなければ、オピオイドが必要になることもあります。ときに、前部ぶどう膜炎または角膜疾患による痛みにも、瞳孔を散大させる点眼薬が必要になる場合があります。このような点眼薬は、瞳孔を散大させることで毛様体筋のれん縮を予防し、光に当たったときの眼痛を軽減します。例えば、シクロペントラートなどが使用されます。

要点

  • 通常、医師は診察により、眼痛の原因を特定できます。

  • ひどい眼痛、眼が赤くなる、または警戒すべき徴候(嘔吐、光輪視[光の周りに虹のような輪が見える]、発熱、視力[見え方の明瞭さ]の低下、眼球の突出、眼をすべての方向に動かせない)があれば、直ちに医師の診察を受ける必要があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP