Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

新生児感染症の概要

執筆者:

Mary T. Caserta

, MD, University of Rochester School of Medicine and Dentistry

最終査読/改訂年月 2015年 10月

新生児感染症は以下の経路で発生する:

  • 子宮内で経胎盤的または破水を介して

  • 分娩時に産道内で(分娩時感染)

  • 出生後に外部の感染源から(分娩後感染)

子宮内感染は出生前のあらゆる時点で起きる可能性があり,発端となる母体感染は顕性のことも不顕性のこともある。結果は感染する病原体と妊娠中の感染が起きる時期に依存し,自然流産,子宮内胎児発育不全,早産,死産,先天奇形(例,風疹),症候性(例,サイトメガロウイルス[CMV]感染症,トキソプラズマ症梅毒)または無症候性(例,CMV感染症)の新生児感染症などが生じることがある。

頻度の高い原因ウイルスとしては,単純ヘルペスウイルス,ヒト免疫不全ウイルス(HIV),CMV,B型肝炎ウイルスなどがある。HIVまたはB型肝炎ウイルスによる分娩時感染は,感染した産道の通過により,または破水後に分娩が遅延した場合は上行性感染によって発生し,これらのウイルスの経胎盤感染はまれである。CMVの感染は一般的に経胎盤感染である。

原因細菌としては,B群レンサ球菌,グラム陰性腸内細菌(主に大腸菌[Escherichia coli]),Listeria monocytogenes,淋菌,クラミジアなどがある。

分娩後感染は,感染した母親との直接(例,結核[ただし子宮内で感染することもある])もしくは授乳(例,HIV,CMV)を介した接触により,または医療従事者や病院環境(無数の微生物― 新生児の院内感染症)との接触により発生する。

子宮内感染

子宮内感染は出生前のあらゆる時点で起きる可能性があり,発端となる母体感染は顕性のことも不顕性のこともある。結果は感染する病原体と妊娠中の感染が起きる時期に依存し,自然流産,子宮内胎児発育不全,早産死産,先天奇形(例,風疹),症候性(例,サイトメガロウイルス[CMV]感染症,トキソプラズマ症梅毒)または無症候性(例,CMV感染症)の新生児感染症などが生じることがある。

経胎盤的に伝播する一般的な病原体としては,風疹,トキソプラズマ,CMV,梅毒などがある。HIVおよびB型肝炎ウイルスの経胎盤的な伝播は比較的少ない。

分娩時感染

単純ヘルペスウイルス,B型肝炎,B群レンサ球菌,グラム陰性腸内細菌(主に大腸菌[Escherichia coli]),Listeria monocytogenes,,淋菌,およびクラミジアによる新生児感染症は,通常は産道を通過する際に感染が生じる。ときに,破水後に分娩が遅れている場合に上行性感染が起こることがある。

分娩後感染

分娩後感染は,感染した母親との直接の接触(例,結核[ただし子宮内で感染することもある])や授乳を介した接触(例,HIV,CMV)により,あるいは家族や訪問者,医療従事者,または病院環境との接触(多数の微生物― 新生児の院内感染症)により発生する。

新生児感染症の危険因子

分娩時および分娩後感染のリスクは在胎期間と負の相関を示す。新生児は免疫学的に未熟であり,多形核白血球,単球,および細胞性免疫機能が低く,未熟児では特にその傾向が強い( 周産期の生理 : 免疫機能)。

母親のIgG抗体は胎盤を越えて能動的に輸送されるが,出産間近まで全ての微生物に対して効果的な水準が得られるわけではない。IgM抗体は胎盤を通過しない。未熟児は自身での抗体産生量が少なく,補体活性も低い。未熟児はまた,感染リスクを高める侵襲的処置(例,気管挿管,持続的な静脈アクセス)が必要になる可能性が高い。

症状と徴候

新生児における症状と徴候は,非特異的となる傾向がある(例,嘔吐または哺乳不良,強い眠気または嗜眠,発熱または低体温症,頻呼吸,発疹,下痢,腹部膨隆)。出生前に感染した先天性感染症の多くは,様々な症状や異常を惹起または合併する(例,子宮内発育不良,難聴,小頭症,奇形,発育不良,肝脾腫,神経学的異常)。

診断

  • 臨床的評価

出生時または出生後早期に状態不良となった新生児(特に危険因子を有する新生児)では,敗血症を含めた様々な感染症を考慮すべきである。発育不全,難聴,小頭症,奇形,肝脾腫,または神経学的異常などの異常がみられる新生児では,先天性風疹,梅毒,トキソプラズマ症,CMVなどの感染症を検索すべきである。

治療

  • 抗菌薬療法

新生児で細菌感染症が疑われる場合の一次治療は,迅速な経験的抗菌薬療法であり,アンピシリンとゲンタマイシンやアンピシリンとセフォタキシムなどを使用する。感染微生物やその感受性は新生児に特異的というわけではないため,最終的な薬剤の選択は成人と同様,培養の結果に基づく。ただし,薬剤の用量および投与頻度は,年齢や体重などの様々な因子に影響を受ける( 新生児に対する主な注射用抗菌薬の推奨用量および 新生児における主な経口抗菌薬の推奨用量*)。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP