Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
眼痛の主な原因と特徴

眼痛の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

診断のアプローチ†

主に角膜を侵す病気

コンタクトレンズ角膜炎(コンタクトレンズを長時間装用することによって起こる、角膜[虹彩と瞳孔の前にある透明な層]の炎症)

通常、両眼に現れる

眼のうずきと眼に砂が入ったような感覚

眼が赤くなる、流涙、光への過敏

コンタクトレンズを長時間装用している人

医師の診察のみ

眼のけがや高リスクの活動(例えば、金属を削る)の後に始まる症状(乳幼児では気づかれないことがある)

異常のある眼でまばたきをしたときの痛み、異物感

眼が赤くなる、流涙、通常は光への過敏

医師の診察のみ

しばしば、角膜に灰色がかった斑点がみられ、その後、ただれて痛みを伴うようになる

眼のうずきと異物感

眼が赤くなる、流涙、光への過敏

ときに、眼にけがをした人またはコンタクトレンズをはめたまま眠った人にみられる

医師の診察

潰瘍から採取したサンプルの培養(眼科医が行う)

通常、両眼に現れる

眼のうずきと眼に砂が入ったような感覚

眼が赤くなる、流涙、通常は光への過敏

まぶたの腫れ、耳の前のリンパ節の腫れと圧痛

まれに、一時的な重度のかすみ目

医師の診察のみ

通常、片眼のみ

初期:結膜炎になった後に症状が現れる

まぶたに水疱(すいほう)、ときに痂皮(かひ)

後期または再発時:眼が赤くなる、涙目、眼痛、視覚障害、光への過敏

通常は医師の診察のみ

ときに、角膜の表面や眼の周りの水疱から採取した擦過物からウイルスを調べる検査

通常、片眼のみ

初期:顔の片側で眼の周り、額、ときに鼻先にできる水疱や痂皮を伴う発疹

後期:眼が赤くなる、流涙、通常は光への過敏、まぶたの腫れ

通常は医師の診察のみ

ときに、眼の周りの水疱から採取した擦過物からウイルスを調べる検査

紫外線角膜炎(過剰な紫外線への曝露[ばくろ]による角膜の炎症で雪目とも呼ばれる)

通常、両眼に現れる

過剰な紫外線への曝露から、数時間後に症状が始まる(溶接中、太陽灯を使ったとき、[特に高地で]雪に反射する明るい日光を見たときなど)

眼のうずきと眼に砂が入ったような感覚

眼が赤くなる、流涙、光への過敏

医師の診察のみ

その他の眼疾患

眼がひどくうずき、赤くなる

頭痛、吐き気、嘔吐、光に当たると眼が痛む

光輪視(光の周りに虹のような輪が見える)や視力低下などの視覚障害

眼圧検査(眼の内部の圧の測定)‡

眼から液体が排出される通路を特殊なレンズで観察する(眼科医による隅角鏡検査)

眼のうずき、光への過敏

眼が赤くなる(特に角膜の周り)

かすみ目または視力障害

しばしば、自己免疫疾患がある人または最近眼にけがをした人にみられる

医師の診察のみ

片眼のみ

眼のうずき、眼が激しく赤くなる、光への過敏、著しい視力の低下

しばしば、最近眼の手術をした人、最近重篤な眼のけがをした人、または血流感染症の患者にみられる

医師の診察

眼科医による、眼の中の液体の培養

通常、軽度の痛みがあり、眼を動かしたときに悪化する

視力障害(視力低下または失明)

まぶたと角膜は正常に見える

医師の診察

しばしば、脳および眼窩の造影MRI検査

片眼のみ

眼球の突出、眼が赤くなる、眼の奥の痛み、眼の中や眼の周りのうずき

まぶたの腫れと発赤

眼をすべての方向に動かせない

視覚障害または視力障害

発熱

ときに、副鼻腔炎の症状(後述参照)が先に現れる

医師の診察

通常は眼窩のCTまたはMRI検査

眼の中や眼の周りのうずきがあり、非常に重度のことがある

しばしば、眼球の突出

しばしば、眼をすべての方向に完全に動かせない

眼の周りの腫れ

医師の診察

通常は眼窩のCTまたはMRI検査

ときに、生検

非常に重度の痛み(しばしば、突き刺すような痛みと表現される)、光への過敏

涙目

白眼の部分に赤または紫の斑点

しばしば、自己免疫疾患がある人にみられる

医師の診察

ときに、眼窩の超音波検査またはCT検査

まれに生検

眼痛を引き起こすその他の病気

以前にも重度の頭痛のエピソードがあった人にみられる

群発頭痛:頭痛が、

  • ある時期に集中して起こる

  • 毎日同じ時刻に現れる

  • 激しく、ナイフで突き刺すような痛み、鼻水、涙目を引き起こす

片頭痛:頭痛があり、

  • 発作の前に、感覚、バランス、協調運動、発話、または視覚に一時的な障害(チカチカする光が見えたり、盲点が現れたりするなど)がみられることがある(前兆と呼ばれる)

  • 典型的には、拍動性またはズキズキする痛みを引き起こす

  • 音、光、匂いに敏感になったり、吐き気、嘔吐を伴ったりする

医師の診察

ときに、脳のMRIまたはCT検査

ときに、眼の周りが腫れるが、ほかに症状はない

黄色または緑の濃厚な鼻汁(ときに出血を伴う)、頭痛、または眼もしくは顔面の痛み(頭部の位置を変えることで痛みの強度が変わる)

発熱、顔面の圧痛、ときに夜間のたんを伴うせき、呼吸困難

医師の診察のみ

ときに、副鼻腔のCT検査

*特徴としては症状や診察結果を示しています。示されている特徴は典型的なものですが、常に認められるわけではありません。特記しない限り、ここに挙げられた病気はすべて片眼にのみ起こるものです。

†医師の診察は必ず行われるものであり、これがこの列に記載されるのは、検査を一切することなく医師の診察だけで診断ができることがある場合だけです。眼科医の診察が特に必要な場合は、別に記載します。

‡医師は、ほぼ必ずフルオレセイン染色を使った細隙灯顕微鏡検査と、眼圧の測定(眼圧検査)を行います。

§これらの原因はあまり一般的ではありません。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像。