Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

新生児の細菌性髄膜炎

執筆者:

Brenda L. Tesini

, MD, University of Rochester School of Medicine and Dentistry

最終査読/改訂年月 2018年 11月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

細菌性髄膜炎とは、細菌によって引き起こされる髄膜(脳と脊髄を覆っている膜)の炎症です。

  • 細菌性髄膜炎の新生児は通常、ぐずったり、嘔吐したりするほか、けいれん発作を起こすこともあります。

  • 診断は、腰椎穿刺と血液検査の結果に基づいて下されます。

  • この感染症は、治療しなければすべての新生児が死亡します。

  • 特定の種類の細菌(B群レンサ球菌)に感染している妊婦には、細菌が新生児に感染するのを予防するため、分娩中に抗菌薬が投与されます。

  • 感染症の治療には、抗菌薬が静脈内投与されます。

(髄膜炎の概要については、髄膜炎に関する序 髄膜炎に関する序 髄膜炎とは、髄膜(脳と脊髄を覆う組織層)とくも膜下腔(髄膜と髄膜の間の空間)の炎症のことです。 髄膜炎は細菌、ウイルス、または真菌、感染症以外の病気、薬剤などによって引き起こされます。 髄膜炎の症状には、発熱、頭痛、項部硬直(あごを胸につけるのが難しくなる症状)などがありますが、乳児では項部硬直がみられない場合もあり、非常に高齢の人や免疫... さらに読む を参照のこと。また、新生児の感染症の概要 新生児の感染症の概要 感染症はどの年齢の人にも発生しますが、新生児、特に早産児は免疫系が未発達で感染症にかかりやすいため、特に大きな懸念事項となります。特定の防御抗体が胎盤(胎児に栄養を供給する器官)を介して母親から胎児に移行するとはいえ、胎児の血液中の抗体のレベルは感染症を阻止できるほど高くないためです。... さらに読む 、成人の髄膜炎 急性細菌性髄膜炎 急性細菌性髄膜炎とは、急速に進行する髄膜(脳と脊髄を覆う組織層)とくも膜下腔(髄膜と髄膜の間の空間)の炎症のうち、細菌が原因であるものをいいます。 年長の小児や成人では、あごを胸につけるのが難しくなる症状(項部硬直といいます)が現れ、また通常は発熱や頭痛もみられます。 乳児では、項部硬直がみられないことがあり、体調が悪そうに見えたり、体温が高くまたは低くなったり、哺乳が少なくなったり、眠そうにむずかったりするだけのことがあります。... さらに読む 小児の髄膜炎 小児の髄膜炎 細菌性髄膜炎とは、脳と脊髄を覆う膜(髄膜)に起きる感染症です。 細菌性髄膜炎は、月齢の高い乳児と小児では、通常、呼吸器系に入った細菌が原因になり、新生児では、しばしば血流の細菌感染(敗血症)から引き起こされます。 年長児や青年では発熱を伴う項部硬直、頭痛、錯乱がみられ、新生児や幼若な乳児では通常、むずかる、食べなくなる、嘔吐するなどの症状が現れます。 診断は、腰椎穿刺と血液検査の結果に基づいて下されます。... さらに読む ウイルス性髄膜炎 ウイルス性髄膜炎 ウイルス性髄膜炎は、髄膜(脳と脊髄を覆う組織層)とくも膜下腔(髄膜と髄膜の間の空間)に炎症が起きる病気のうち、ウイルスによるものです。 ウイルス性髄膜炎は、発熱、全身のだるさ、頭痛、筋肉痛といったウイルス感染症の症状で始まるのが普通です。 その後、頭痛と項部硬直(あごを胸につけられない、またはつけるのが難しくなる症状)が生じます。 医師は症状に基づいてウイルス性髄膜炎を疑い、診断を確定するため腰椎穿刺を行います。... さらに読む も参照のこと。)

細菌によって引き起こされる髄膜炎は、あらゆる年齢の人で生命を脅かしますが、新生児では特に重大な問題になります。

  • B群レンサ球菌

  • 大腸菌 Escherichia coli

  • リステリア菌 Listeria monocytogenes

ほかにもいくつかの細菌が髄膜炎を引き起こすことがあります。

細菌が頭皮の切り傷や刺し傷から体内に侵入すると、新生児に細菌性髄膜炎が発生することがあります。そのような切り傷や刺し傷は、分娩に使用される器具や、頭皮に電極のプローブが食い込むことによって生じます。

症状

比較的年長の小児に細菌性髄膜炎が起こった場合には、通常は項部硬直と頭痛がみられます。新生児に項部硬直がみられるのはまれで、はっきりとした不快感があったとしても本人がそれを伝えることができません。新生児において、病院スタッフや親が警戒しなければならない、重篤な問題を示唆する重要な徴候として以下のものがあります。

髄膜炎を発症した新生児の一部では、脳の周囲にある液体の圧が上昇して、泉門(頭蓋骨の隙間にある軟らかい部分)が膨らんだり硬くなったりすることがあります。

診断

  • 脊椎穿刺

  • 血液検査

  • ときに超音波検査または脳のCT検査もしくはMRI検査

医師は腰椎穿刺を安全に行うために、超音波検査 超音波検査 肝臓、胆嚢、胆管の画像検査には、超音波検査、核医学検査、CT検査、MRI検査、内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査、経皮経肝胆道造影、術中胆道造影、単純X線検査などがあります。 超音波検査では、音波を利用して肝臓や胆嚢、胆管を画像化します。経腹超音波検査は、肝硬変(肝臓の重度の瘢痕化)や脂肪肝(肝臓に過剰な脂肪が蓄積している状態)など肝臓全体を一様に侵す異常よりも、腫瘍など肝臓の特定の部分だけを侵す構造的な異常の検出に優れています。これは、胆... さらに読む や脳のCT CT(コンピュータ断層撮影)検査 CT検査では、X線源とX線検出器が患者の周りを回転します。最近の装置では、X線検出器は4~64列あるいはそれ以上配置されていて、それらが体を通過したX線を記録します。検出器によって記録されたデータは、患者の全周の様々な角度から撮影された一連のX線画像であり、直接見ることはできませんが、検出器からコンピュータに送信され、コンピュータが体の2次元の断面のような画像(スライス画像)に変換します。(CTとはcomputed... さらに読む CT(コンピュータ断層撮影)検査 またはMRI MRI(磁気共鳴画像)検査 MRI(磁気共鳴画像)検査は、強力な磁場と非常に周波数の高い電磁波を用いて極めて詳細な画像を描き出す検査です。X線を使用しないため、通常はとても安全です。 患者が横になった可動式の台が装置の中を移動し、筒状の撮影装置の中に収まります。装置の内部は狭くなっていて、強力な磁場が発生します。通常、体内の組織に含まれる陽子(原子の一部で正の電荷をもちます)は特定の配列をとっていませんが、MRI装置内で生じるような強力な磁場の中に置かれると、磁場... さらに読む MRI(磁気共鳴画像)検査 などの画像検査を行います。

予後(経過の見通し)

治療しなければ、細菌性髄膜炎の新生児はほぼ全員が死亡します。

治療を行っても、5~20%の死亡リスクがあります。生き延びた小児のうち、20~50%で脳内にもともとある空洞への過剰な体液の蓄積(水頭症 水頭症 水頭症とは、脳内の正常な空間(脳室)や、脳を覆う組織の内側の層および中間の層の間(くも膜下腔)に液体が過剰にたまった状態です。過剰に貯まった液体によって、通常は頭囲の拡大と発達異常が生じます。 脳内の正常な空間(脳室)にある液体が排出されないと水頭症が起こります。 この液体の蓄積には、先天異常、脳内出血、脳腫瘍などの多くの原因があります。 典型的な症状としては、頭の異常な拡大や発達異常などがあります。... さらに読む 水頭症 )、難聴 小児の聴覚障害 ( 難聴) 難聴は通常、新生児では遺伝子異常、年長児では耳の感染症や耳あかが原因です。 小児が音に反応しなかったり、言葉をうまく話せなかったり、話し始めるのが遅かったりする場合は、聴覚に障害があることがあります。 新生児の聴覚の検査では音に対する脳の反応を計測する手持ち式の装置や検査が用いられ、年長児の検査では様々な技法が用いられます。 可能な場合は原因に対して治療が行われますが、通常は補聴器が必要です。 さらに読む 知的障害 知的能力障害 知的能力障害(一般に知的障害とも呼ばれます)とは、出生時や乳児期の初期から知能の働きが明らかに標準以下であり、正常な日常生活動作を行う能力が限られている状態です。 知的能力障害は、遺伝的な場合もあれば、脳の発達に影響を与える病気の結果として起こる場合もあります。 知的能力障害がある小児のほとんどでは、就学前まで目立った症状が現れません。 診断は正式な検査の結果に基づいて下されます。... さらに読む など、脳や神経の重篤な問題が発生します。

予防

妊婦は通常、産道・外陰部のB群レンサ球菌のスクリーニングを受けます。B群レンサ球菌に感染している妊婦には、細菌が新生児に感染するのを予防するため、分娩時に抗菌薬が投与されることがあります。

治療

  • 抗菌薬

培養検査の結果を待つ間、新生児には抗菌薬(多くの場合、アンピシリン + ゲンタマイシン、セフォタキシム、またはその両方)が静脈内に投与(静注)されます。培養検査の結果が出たら、必要に応じて、髄膜炎の原因菌に応じた適切な抗菌薬に変更します。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP