Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

脊柱後弯症

執筆者:

Frank Pessler

, MD, PhD, Hannover, Germany

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

脊柱後弯症とは、脊椎が異常に曲がって猫背を引き起こしている状態です。

小児における骨の病気の概要も参照のこと。)

背中の上部は、正常な場合は前方にいくらか弯曲しています。一部の小児では弯曲の程度が大きい場合があります。過度の弯曲は、以下の場合があります。

  • 柔軟である

  • 固定している(構造上)

柔軟な脊柱後弯症の場合、筋肉を収縮させることで脊柱をまっすぐにでき、背骨(椎骨)は正常です。原因は不明です。筋力を強化する運動が役立つことがありますが、そのほかに特別な治療は必要ありません。

固定している脊柱後弯症の場合、背中の上部の椎骨がいくつか、長方形ではなくくさび状の形になっているため脊柱をまっすぐにすることができません。通常、3つ以上の椎骨に異常がみられます。まれに、生まれつき固定している脊柱後弯症がある場合がありますが、後天的に発生することの方が多く、その場合通常は青年期に発生します。骨折、感染症、がんなど、まれな原因が多数ありますが、最も一般的な原因はショイエルマン病です。

脊柱後弯症では多くの場合、症状が起こりません。ときに、軽度で持続的な背中の痛みが生じます。この病気は体の外見に変化が生じて初めて見つかることがあります。肩が丸くなって見えることがあります。脊柱の上部が正常より大きく曲がって見えたり、はっきり猫背と分かったりすることもあります。一部の人は、腕と脚が体幹よりずっと長い、マルファン症候群の患者のように見えることがあります。

症状の出ない軽度の脊柱後弯症は、ときに通常の身体診察で初めて見つかります。医師は脊椎のX線検査を行うことで診断を確定することがあります。

脊柱後弯症の治療はショイエルマン病で記載されたものと同じです。

脊柱後弯症:脊柱後弯(猫背)

脊柱後弯症:脊柱後弯(猫背)

ショイエルマン病

ショイエルマン病は、固定している脊柱後弯症の最も一般的なタイプです。通常は青年期に症状が現れ始め、女児より男児でわずかに多くみられます。原因は不明ですが、ショイエルマン病は遺伝することがあります。脊柱後弯症のある小児では、脊柱側弯症(脊椎の側方への弯曲)も発生することがよくあります(脊柱後側弯症と呼びます)。

ショイエルマン病は骨軟骨症(小児が急速に成長している時期に起こる一連の骨の成長板の病気)の一種です。骨軟骨症の原因はよく分かっていませんが、遺伝するとみられています。骨軟骨症にはほかに、オスグッド・シュラッター病レッグ・カルベ・ペルテス病ケーラー病などがあります。

脊柱後弯症が重度の場合、不快感を引き起こす可能性がより高く、ときに胸の動きが制限され、肺の病気が生じることがあります。

ショイエルマン病は、脊椎の問題に関する学校での通常のスクリーニングで発見されることがあります。医師は脊椎のX線検査を行うことでショイエルマン病の診断を確定します。MRI検査が行われることもあります。

治療

  • 体重による負荷および激しい運動を減らす

  • ときに装具や手術

軽度の脊柱後弯症は、体重による負荷を減らし、激しい運動を避けることで治療できます。治療によって脊柱がわずかにまっすぐになることはありますが、症状は改善されないことがあります。軽度の脊柱後弯症を治療することで弯曲の悪化を防げるかどうかは分かっていません。

より重度の場合、ほとんどは治療として体幹装具を装用したり、睡眠時に硬いベッドを使用したりします。治療により、症状が軽くなり弯曲の悪化を防げることがあります。

まれに、治療をしても、脊柱をまっすぐにするために手術が必要になるほど脊柱後弯症が悪化することもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP