Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

脊柱側弯症

執筆者:

Frank Pessler

, MD, PhD, Braunschweig, Germany

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

脊柱側弯症とは脊柱が異常に曲がった状態です。

  • 脊柱側弯症は生まれつきみられることも、青年期に発生することもあります。

  • 軽症であれば軽度の不快感しか起こらないこともありますが、重症では慢性的な痛みをおぼえたり、内臓に影響したりする場合があります。

  • 診断は診察とX線検査の結果に基づいて下されます。

  • すべての脊柱側弯症が悪化するわけではありませんが、悪化がみられる場合は、重度の変形を防ぐためにできるだけ早く治療しなくてはなりません。

  • 脊柱をまっすぐにするため、装具や手術が必要になることがあります。

小児における骨の病気の概要も参照のこと。)

脊柱側弯症は比較的よくみられる病気で、10~16歳の小児の2~4%に発生します。男女で発生率に違いはありません。しかし、女児では脊柱側弯症が進行して装具や手術が必要になる確率が10倍高くなります。

脊柱側弯症は遺伝的原因、先天異常によって生じる場合と、外傷によって、あるいは後天的に発生する場合があり、後天的なものは青年期早期に最も多くみられます。通常、原因は特定できません(特発性脊柱側弯症)。弯曲が背中の上部にある場合は脊柱が右側に突出し、弯曲が背中の下部にある場合は左側に突出するのが通常です。結果として、通常は右肩が左肩よりも高い位置にあります。腰の左右どちらかが高くなることもあります。胸部が左右非対称になることもあります。脊柱側弯症はしばしば、脊柱後弯症のある小児に発生します。この合併を脊柱後側弯症と呼びます。

脊柱側弯症:脊柱の弯曲

脊柱側弯症:脊柱の弯曲

症状

通常、軽度の脊柱側弯症では症状はみられません。長時間座っていたり立っていたりした後に、背中が痛んだり、凝ったりすることがあります。やがてその後、軽い、または強い痛みが生じてくる場合もあります。

軽度の脊柱側弯症は、通常の身体診察で見つかることがあります。小児の片方の肩が高いように見える場合や、衣服の丈がまっすぐでない場合に、親、教師、または医師が、この病気を疑うことがあります。

脊柱側弯症が悪化する可能性を高める要因はいくつかあります。弯曲がひどいほど、悪化の可能性も高まり、成長が加速する思春期早期に弯曲が悪化する傾向があります。同様に、様々な症状が出るほど、悪化する可能性が高くなります。脊柱側弯症の悪化は、顕著な体の変形や慢性的な痛みなどの永久的な問題を最終的に引き起こす可能性があります。この病気が重症になると、肺の変形や損傷など、内臓にまで影響が及ぶことがあります。脊柱側弯症は症状が出ていなくても悪化することがあります。

診断

  • X線検査

脊柱側弯症の診断を下すために、医師が小児に前かがみの姿勢をとるように指示して後ろから脊柱を観察しますが、脊柱に異常な弯曲がある場合、この位置が最も発見しやすいからです。X線検査で弯曲の正確な角度が分かります。

病状の悪化が予想される場合は、医師が年に数回診察を行うことがあります。脊柱の曲がり具合をより正確に調べるために特別な器具が使われる場合もあります。

予後(経過の見通し)

この病気の小児の大多数では、弯曲がさらに悪化することはなく、軽度の異常の範囲内にとどまります。しかし、定期的に医師による診察を受けることは必要です。症状がある場合や悪化している場合、または重度の脊柱側弯症の場合は治療が必要になることがあります。治療を早く開始すればするほど、重度の変形を予防できる可能性が高まります。

治療

  • 矯正用ブリッジおよび理学療法

  • ときに手術

矯正用ブリッジや脊柱を支えるように作られた器具(装具)を使って、脊柱をまっすぐに保つことがあります。また、さらなる変形を予防するために理学療法も受けます。

最も重症の場合は、手術で椎骨をつなぎ合わせる必要があります(脊柱固定術)。椎骨が永久的に接合されるまでの間、脊柱をまっすぐに保つための金属製のロッドを挿入することもあります。大がかりな治療が必要な小児は10%未満です。

脊柱側弯症があること、そしてそのための治療により、青年の自己像や自尊心が往々にして傷つきます。カウンセリングや精神療法が必要になる場合もあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP