Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

乳児と小児の発熱

執筆者:

Deborah M. Consolini

, MD, Sidney Kimmel Medical College of Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

正常な体温は人によって異なります。また1日の中でも変動がみられ、一般的には午後に最も高くなります。就学前の小児では体温は高めであり、約1歳半~2歳で最も高い値を示します。このような違いはありますが、ほとんどの医師は直腸体温計による測定で約38℃以上の体温を熱と定義しています(小児の体温の測り方を参照)。

たいていの場合、親は体温がどのくらい高いかについて心配しますが、熱の高さは必ずしも原因の深刻さを表すものではありません。高熱を引き起こす軽い病気もあれば、微熱しか引き起こさない重篤な病気もあります。他の症状(呼吸困難、錯乱、飲まないなど)の方が体温の高さよりも病気の重さを反映します。とはいえ、もし体温が約41℃を超えた場合は、これ自体で危険となりえます(ただし体温が41℃を超えることはかなりまれです)。

熱は体が感染に抵抗するのを助けるという点で役に立っています。熱を下げることは病気を長引かせる、つまり、免疫系が感染に反応することを妨げることがあると考える専門家もいます。そのため、熱は不快ではあるものの、熱がある以外健康な小児では必ずしも治療の必要はありません。しかし、肺、心臓、脳の病気がある小児では、熱が(例えば心拍数を増やして)体に大きな負担をかけるため、熱によって問題が生じることがあります。したがって、そのような小児では、体温を下げることが重要です。

乳児では発熱があると、通常は神経過敏になり、あまり眠らなくなったり食欲がなくなったりします。より年長の小児は、遊ぼうとしなくなります。通常は、熱が高くなるほど、神経過敏になり、周りに関心がなくなります。しかし、高熱があっても驚くほど元気そうな小児もいます。小児では、体温が急速に上がる、あるいは下がる際にけいれんが起こることがあります(熱性けいれん)。まれですが、熱が非常に高くなったために元気がなくなり、もうろうとして反応がなくなる場合もあります。

成人の発熱も参照のこと。)

小児の体温の測り方

小児の体温は、直腸、耳、口、額(ひたい)、わきの下で測ることができます。デジタル式体温計が使用できます。デジタル式体温計は計測がより簡単で、結果も早く出ます(通常は、計測可能になったら音などで知らせてくれます)。ガラス製の水銀体温計は壊れて水銀が漏れ、水銀に触ったりする危険性があるため、使用は勧められません。

直腸温が最も正確です。これは直腸温が小児の体内の温度に最も近いためです。直腸温を測る場合は、体温計の球部に潤滑剤を塗らなくてはいけません。直腸温を測るには、小児をうつ伏せに寝かせてから、体温計を直腸の中に1.25~2.5センチメートルほどそっと差し込みます。小児が動かないようにしておく必要があります。

耳内温を測るには、鼓膜からの赤外線を測定する電子式の体温計を用います。耳内温は生後3カ月未満の乳児の場合は信頼性がありません。耳内温を測るには、体温計のプローブで耳の開口部周辺をしっかり閉じてから、スタートボタンを押します。すると体温がデジタル表示されます。

口腔温は、デジタル式体温計を小児の舌の下に置いて測ります。口腔温の結果は信頼できますが、幼児での測定は難しくなります。幼児にとって、正確な測定をするために体温計を口に入れながらそっと口を閉じ続けるのは容易ではないからです。口腔温を正確に測れる年齢は小児によって違いますが、一般的には4歳を過ぎてからになります。

前額部深部温を測るには、額の動脈(側頭動脈)からの赤外線を測定する電子式の体温計を用います。前額部深部温を測る場合、スキャンボタンを押しながら、髪の生え際から生え際まで額を横切るように体温計の先端部を軽く動かします。すると体温がデジタル表示されます。前額部深部温は、直腸温ほど正確ではなく、生後3カ月未満の乳児では特に正確性が低くなります。

腋窩温は、デジタル式体温計を小児のわきの下に直接差し込んで測ります。腋窩温は他の計測法より正確ではないため(通常は大幅に低い結果が出るうえ、ばらつきが大きい)、医師はまれにしか腋窩温を使いません。しかし、養育者が直腸温の測定を煩わしく思い、耳用や額用の体温計がない場合、体温をまったく測らないよりは腋窩温を測る方がよいでしょう。

原因

発熱は、感染症、けが、炎症に対する反応として起こります。発熱には多くの原因があります。発熱の原因として可能性が高いものは、発熱の持続が14日間以下(急性)か14日間を超える(慢性)か、また小児の年齢によって異なります。発熱は通常、急性です。

急性の発熱

乳児と小児の急性の発熱は、たいていの場合感染によって起こります。歯の萌出の時期に起こる発熱は、38.3℃以上に上がることは普通ありません。

急性の発熱の最も一般的な原因は以下のものです。

  • ウイルスによる呼吸器感染、例えばかぜやインフルエンザ

  • ウイルスによる胃腸炎(消化管の感染)

  • 特定の細菌性感染、特に耳の感染(中耳炎)、副鼻腔感染、肺炎尿路感染

新生児や幼若な乳児は免疫系が十分に発達していないため、特定の深刻な感染症が起こるリスクは高くなります。感染は、出生前または出生時に起こることがあり、具体的には敗血症(重篤な血液の感染症)、肺炎(肺にある小さな空気の袋に発生する感染症)、髄膜炎(脳を覆う組織の感染症)などがあります。

発熱がみられる3歳未満の小児(特に、体温が39℃以上の場合)では、血流中に細菌が存在していることもあります(菌血症)。 より年長の小児とは違って、熱以外の症状がない菌血症の場合もあります(潜在性菌血症といいます)。潜在性菌血症を起こすことが多い細菌(肺炎球菌インフルエンザ菌b型[Hib])に対する定期予防接種が、欧米では広く行われており、その結果、これらのワクチン接種によりこの年齢層の小児における潜在性菌血症はほぼ撲滅されました。

急性の発熱のあまり一般的でない原因としては、ワクチン接種やある種の薬の副作用、皮膚(蜂窩織炎)や関節(化膿性関節炎)の細菌感染、脳炎、脳(川崎病)や脳を覆っている組織(髄膜炎)またはその両方のウイルス感染または細菌感染などがあります。熱中症では、体温が非常に高くなります。

ワクチン接種による発熱は、典型的には接種後数時間から1日続きます。しかし、接種の1週間後または2週間後でも発熱を起こすワクチンもあります(麻疹ワクチンなど)。ワクチン接種の予定日に熱がある場合でも、熱が低く、重篤な病気がなければ、接種を受けることができます。

慢性の発熱

慢性の発熱の最も一般的な原因は以下のものです。

  • ウイルス性の長引く病気

  • ウイルス性の病気の連続(特に幼児の場合)

慢性の発熱は、感染性または非感染性の多くの病気によって生じます。

慢性の発熱の感染性の原因としては、以下のものがあります。

慢性の発熱の非感染性の原因としては、以下のものがあります。

ときに、小児自身が熱が出たふりをする、あるいは養育者が小児に熱があるかのように装うことがあります。原因が判明しないこともあります。

評価

発熱に気づくことは難しくありませんが、その原因を明らかにするのは難しいことがあります。

警戒すべき徴候

特定の症状がみられる場合は、注意が必要です。具体的には以下のものがあります。

  • 生後2カ月未満の乳児のあらゆる発熱

  • 嗜眠(しみん)、ぼんやりする

  • 重症感

  • 呼吸困難

  • 皮膚の出血(赤紫色の小さな斑点[点状出血]や斑[紫斑])

  • 乳幼児の持続的な啼泣(なだめられない)

  • より年長の小児では、頭痛、項部硬直(こうぶこうちょく)、錯乱やこれらの合併

受診のタイミング

発熱のある小児で警戒すべき徴候がみられるか生後2カ月未満である場合は、すぐに医師の診断を受けるべきです。

生後3カ月から3歳の小児で警戒すべき徴候がみられなければ、熱が39℃以上の場合、明らかな上気道感染症(くしゃみ、鼻水、鼻づまりがある)の症状がない場合、熱が5日以上続いている場合に受診すべきです。

3歳以上の小児で警戒すべき徴候がみられない場合には、症状によって受診の必要性とタイミングが決まります。上気道の症状があってもその他は健康そうな小児はそれ以上の評価は必要ありません。 3歳以上の小児で5日以上熱が続く場合は受診すべきです。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。症状に関する問診と詳しい診察によって、通常、医師は発熱の原因を特定できます( 小児の発熱の主な一般的原因および特徴)。

小児の体温を測ります。正確な体温を得るため、乳幼児では直腸温を測ります。呼吸数に注目します。重症感がある場合は血圧を測ります。せきや呼吸に異常がみられる場合、クリップ式のセンサーを指か耳たぶにハサミ、血液中の酸素レベルを測ります(パルスオキシメトリー)。

診察の際には、警戒すべき徴候(重症感、嗜眠、ぼんやりする、なだめられないむずかりなど)がないか調べ、特に、診察中にどのように反応したか—例えば、ぐったりしてされるがままか、易刺激性がひどすぎないかに注意しながら診察します。

発熱自体によって、嗜眠、ぼんやりする、重症感などの警戒すべき徴候が小児に生じることもあります。医師は小児に解熱薬(イブプロフェンなど)を投与し、熱が下がってから再診することもあります。嗜眠傾向であった小児が解熱したらすぐに活発になり遊びたがるようであれば安心です。一方、重症感があった小児で、体温が正常になっても重症感が続いている場合は心配すべき状態です。

icon

小児の発熱の主な一般的原因および特徴

原因

一般的な特徴*

検査

急性の発熱(14日間以下の持続)

ウイルスによる呼吸器感染症

鼻水や鼻づまり

通常、のどの痛みやせき

ときに、頸部リンパ節の腫れ、ただし赤みや圧痛はない

医師の診察

ウイルスによる他の感染症

発熱以外は無症状の乳児や小児もいる

医師の診察

下痢

しばしば嘔吐

ときに、感染した人または動物との最近の接触、汚染された食品や水の最近の摂取

医師の診察

ときに便検査

耳の感染症(中耳炎)

片方の耳の痛み(話さない乳幼児では見つけにくい)

ときに、耳をこすったり引っ張ったりする

医師の診察

のどの感染症(咽頭炎

赤く腫れたのど

飲み込む際の痛み

医師の診察

ときに、咽頭培養検査やレンサ球菌迅速検査(どちらも綿棒でのどの後ろの部分から採取したサンプルで検査を行う)

3歳未満の小児

その他に症状なし

血液検査

せきと速い呼吸

しばしば胸痛、息切れ、またはその両方

医師の診察

通常は胸部X線検査

皮膚の感染症(蜂窩織炎

赤く、痛みがあり、少し腫れた皮膚

医師の診察

排尿時の痛み

ときに血尿

ときに背部痛

乳児では嘔吐と哺乳不良

尿検査

脳炎(脳のまれな感染症)

乳児:ときに、頭蓋骨の間の軟らかい部分(泉門)の膨隆、反応の鈍化(嗜眠)やなだめられない状態

より年長の小児:頭痛、錯乱や嗜眠

腰椎穿刺

髄膜炎(まれ)

新生児:頭蓋骨の間の軟らかい部分(泉門)の膨隆、なだめられない状態、哺乳不良や嗜眠

乳児:むずかりや易刺激性(特に抱かれた場合)、なだめられない状態、哺乳不良や嗜眠

より年長の小児:頭痛、光過敏性、嗜眠、嘔吐や項部硬直(あごを胸に近づけにくい)

腰椎穿刺

ワクチン

最近のワクチン接種

医師の診察

特定の薬

最近の新しい薬の追加

医師の診察

5日以上続く発熱

眼、唇、舌が赤くなる

手足の痛みを伴う腫れ

しばしば発疹

ときに頸部リンパ節の腫れ

医師の診察

血液検査

心電図検査と心エコー検査

ときに、尿検査、腹部超音波検査、眼の診察

関節の腫れと痛み

医師の診察中にみつかった新しい心雑音

ときに、発疹や皮下の膨らみ

ときに、コントロールできないぎくしゃくした動きや行動の変容

しばしば、レンサ球菌咽頭炎の既往歴

血液検査

咽頭培養検査

心電図検査と心エコー検査

慢性の発熱(14日間を超える持続)

ウイルスによる感染症

持続する筋力低下と疲れ

ときに、頸部リンパ節の腫れ、のどの痛み、またはその両方

ときに、白眼の部分が黄色くなる(黄疸)

血液検査

断続的な頭痛、鼻水や鼻づまり

副鼻腔のCT検査

腹腔内膿瘍(腹部内に膿がたまった袋ができる)

腹痛、しばしば圧痛

腹部CT検査

関節の感染症(化膿性関節炎

関節の腫れ、赤み、痛み

針を刺して採取した関節液のサンプルの検査

骨の感染症(骨髄炎

感染した骨の痛み

ときに、感染した骨の近くの皮膚の感染症

骨シンチグラフィー、骨のMRI検査、またはその両方

ときに、細菌の有無を調べる骨生検(培養検査)

ときに心雑音

細菌の有無を調べる血液検査(血液培養検査)

心エコー検査

結核(まれ)

体重増加不良または体重減少

寝汗

せき

胸部X線検査

皮膚テスト

ときに、たんのサンプルの培養検査や血液検査

マラリア(住んでいる場所による)

ふるえと悪寒の後、40℃を超える高熱

疲労感、漠然とした不快感(けん怠感)、頭痛、全身の痛み、吐き気

血液検査

ときに頭痛や頸部痛

ときに、関節(膝など)の腫れや痛み

ときに、1カ所以上の牛眼紅斑(遊走性紅斑)

ときに、ダニに咬まれた病歴

医師の診察

ときに血液検査

しばしばリンパ節の腫れと痛み

ときに、ネコにひっかかれた皮膚の腫れ

血液検査

血便、けいれん性の腹痛、体重減少、食欲不振

ときに関節炎、発疹、口内炎、直腸の裂傷

大腸内視鏡検査

ときに、直腸にバリウムを注入して行うCT検査またはX線検査

関節と結合組織の病気

関節の腫れ、赤み、圧痛

しばしば発疹

ときに疲労

血液検査

がん

体重増加不良、体重減少、食欲不振

寝汗

ときに、骨の痛み

血算

骨髄サンプルを採取(骨髄穿刺)して検査

ときに、骨シンチグラフィーや骨のMRI検査

ときに、胸部や腹部のCT検査

周期熱症候群

多くの場合予測可能な周期で繰り返す発熱で、発熱と発熱の間には健康な時期がみられる

ときに、口内炎、のどの痛み、リンパ節の腫れ

ときに胸痛や腹痛

ときに、家族に同様の症状がある、または家族が家族性周期熱症候群の1つと診断されている

発熱がある時期に行う医師の診察

発熱時、ならびに発熱と発熱の間の時期の血液検査

ときに遺伝子検査

偽性不明熱(Pseudo-FUO)

通常、体温の正常な変動を誤解する、あるいは頻繁な軽いウイルス性の病気を大げさに考えるため

通常、他の心配な症状はない

診察所見は正常

医師の診察

病気と体温をもれなく正確に記録するほか、小児と家族の状態全般を記載する

ときに、他の原因を否定し親を安心させるための血液検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。慢性の発熱を起こす病気では、最初の7~10日目にも発熱がみられます。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像。

検査

急性の発熱では、多くの場合、医師は検査なしで診断できます。例えば、重症感がない場合、たいてい原因はウイルスの感染であり、鼻水、喘鳴やせきがある場合は呼吸器の感染、下痢や嘔吐がある場合は胃腸炎です。診断がはっきりしている場合、そのような小児に検査は必要ありません。診断を示すような特定の症状がない場合でも、あまり重症感がない小児では、たいていウイルスの感染が原因です。医師はより重篤な病気の小児にのみ検査を考慮します。深刻な病気の可能性(したがって検査の必要性があります)は、小児の年齢、症状、全体的な外観のほか、疑われる特定の病気によって決まります( 小児の発熱の主な一般的原因および特徴)。

新生児(生後28日以下)に熱がある場合、深刻な感染症であるリスクが高いため、検査のため入院させます。 一般的に検査として血液検査、尿検査、腰椎穿刺、ときに胸部X線検査などを行います。

生後1カ月~3カ月の乳児では、血液検査、尿検査、培養検査を行います。入院、胸部X線検査や腰椎穿刺の必要性は、診察の結果のほか、血液検査や尿検査の結果で決まりますが、重症感があるか、元気そうか、またフォローアップができるかも考慮します。 生後3カ月未満の乳児では、菌血症、尿路感染症、髄膜炎があるか調べるために検査を行います。検査が必要な理由は、乳児では発熱の原因を明らかにしにくいためと、乳児の免疫系は未熟であり深刻な感染症のリスクが高いためです。

生後3カ月から3歳の小児が元気そうで、経過を注意深く観察できる場合に検査は必要ありません。症状から特定の感染症が疑われる場合は、それに合わせた適切な検査を行います。特定の病気が疑われる症状はないものの、重症感があるか体温が39℃以上の場合、通常、血液検査と尿検査を行います。入院の必要性は、重症感があるかどうか、またフォローアップのための診察が可能かどうかによって決まります。

3歳以上の小児では、深刻な病気が疑われる特定の症状がない限り、通常は検査を行いません。

慢性の発熱では、多くの場合検査を行います。特定の病気が疑われる場合は、その病気の検査を行います。原因が明らかでない場合は、スクリーニング検査を行います。スクリーニング検査として、血算、尿検査、尿培養検査、炎症の有無を調べる血液検査などがあります。炎症検査として、赤血球沈降速度(赤沈)とC反応性タンパク(CRP)値測定などがあります。明らかな原因がない場合に、ときに行う検査として、便検査、結核検査、胸部X線検査、副鼻腔のCT検査などがあります。

まれですが、発熱が続いていろいろな検査をしても、原因が判明しないことがあります。 このような熱は「不明熱」と呼ばれます。不明熱の小児では、成人と比べ深刻な病気がある可能性はほとんどありません。

治療

熱が病気から生じているものであれば、その病気を治療します。そのほかにも、小児の症状の緩和に焦点を置いた発熱の治療を行います。

一般的な対策

発熱がみられる小児の状態を薬を使用せずに改善する方法として、以下のものがあります。

  • 脱水を予防するため十分な水分を与える

  • 額、手首、ふくらはぎに湿った冷たい布(湿布)を当てる

  • 温浴させる(小児の体温より少しだけ低い温度にする)

衣服を脱がせたり水風呂に入らせたりすることで体温を下げる方法もありますが、ふるえにより体温が上昇する可能性もあるため、このような方法は、約41℃以上の危険な高体温の場合にのみ行います。

熱がある小児に対して、アルコールやマンサク(ハマメリス)を使ったマッサージをしてはいけません。アルコールが皮膚から吸収され害を及ぼす可能性があります。民間療法には他にも、小児の靴下に玉ねぎやジャガイモを入れるなどの無害なものから、コイニングやカッピングなどの不快なものまで、数多く存在します。

解熱薬

熱以外は健康な小児には必ずしも治療は必要ではありません。しかし、解熱薬と呼ばれる薬によって熱を下げることで小児の状態が良くなることがあります。解熱薬は、熱を起こしている感染症や他の病気には効果がありません。しかし、心臓、肺、脳や神経の病気や熱性けいれんの病歴がある場合、解熱薬の使用が重要です。熱によって生じる体への余分なストレスが解熱薬によって減少するからです。

一般的には次のような薬が使用されます。

  • アセトアミノフェン、経口投与または坐薬

  • イブプロフェン、経口投与

アセトアミノフェンの方が好まれる傾向があります。イブプロフェンは、長期間使用すると胃の粘膜が荒れます。これらの薬は処方せんなしで店頭で購入できます。推奨される使い方は、包装に記載されているか、医師から指示があります。正しい量を正しい間隔で与えるのが重要です。投与量や投与回数が少なすぎると、これらの薬は効きません。またこれらの薬は比較的安全ですが、投与量や投与回数が多すぎるとしばしば過剰摂取につながります。

乳児がワクチン接種を受けた場合にも、発熱予防のため、まれにアセトアミノフェンやイブプロフェンを投与します。

小児に解熱目的でアスピリンはもはや使われません。アスピリンはある種のウイルス感染症(インフルエンザ水痘[水ぼうそう]など)と相互に作用して、ライ症候群と呼ばれる深刻な病気を引き起こすことがあるからです。

要点

  • 通常、発熱はウイルス感染症によって起こります。

  • 発熱で可能性の高い原因と検査の必要性は小児の年齢によって異なります。

  • 生後2カ月未満で38℃以上の熱がある乳児は、医師の診断を受けるべきです。

  • 生後3カ月から3歳で、特定の病気を疑わせる症状はないものの、重症感があるか39℃以上の熱がある小児も、医師の診断を受けるべきです。

  • 歯の萌出は著しい発熱の原因にはなりません。

  • 解熱薬によって小児の状態が良くなることもありますが、発熱を起こしている病気には効果はありません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP