Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

過剰出血による貧血

執筆者:

Evan M. Braunstein

, MD, PhD, Johns Hopkins University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2020年 9月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

失われる赤血球が新しく産生される赤血球より多いと、過剰な出血による貧血が発生します。

  • 急速に血液が失われると血圧が低下し、めまいを覚えることがあります。

  • 徐々に血液が失われた場合は、疲労感や息切れを覚えたり、顔が青白くなったりすることがあります。

  • 出血箇所を確認するために、便や尿の検査、画像検査が必要になる場合があります。

  • 出血の原因を取り除き、必要であれば輸血や鉄分補給を行います。

  • 過剰な出血

血液が失われると、体は血管を液体で満たそうとして、血管の外側の組織から急速に水分を取り込みます。その結果、血液は薄くなり、ヘマトクリット値(体内の全血液量に占める赤血球の割合)が低下します。最終的には、骨髄における赤血球の産生量が増えることで、貧血が治る可能性があります。しかし、出血が長引いて体内の鉄分が減少すると、骨髄における新しい赤血球の産生量を、失われた分を補う量まで増加させることができません。

急激な失血

けが、手術、出産、または血管破裂による突然の失血のために貧血が急速に発生した場合は、最初から重い症状が現れることがあります。大量の血液が突然失われると、次の2つの問題が生じるおそれがあります。

慢性的な失血

突然の失血よりはるかに多いのが長期的(慢性的)な出血で、体の様々な場所で起きる可能性があります。鼻血や痔核からの出血のような大量の出血はすぐ分かりますが、少量の出血は気づかないことがあります。例えば、便の中の少量の出血は見ても分からないことがあります。これを潜血といいます。少量の出血でも長く続いている場合は、かなりの量の血液が失われる可能性があります。このように徐々に進む出血は、胃や小腸にみられる 潰瘍 消化性潰瘍 消化性潰瘍(かいよう)とは、胃や十二指腸の内面が胃酸や消化液で侵食されて、円形やだ円形の傷ができた状態をいいます。 消化性潰瘍は、ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)感染や、胃や十二指腸の粘膜を衰弱させる薬によって生じることがあります。 潰瘍による不快感が生じたり消えたりしますが、この不快感は食べることで胃酸が分泌されるために食後に起こる傾向があります。... さらに読む 消化性潰瘍 憩室(けいしつ)症 大腸の憩室症 憩室(けいしつ)症は風船状の袋(憩室)が1つ以上ある状態で、通常は大腸(結腸)に起こります。 憩室症の原因は不明ですが、食事、体を動かさない生活習慣、肥満、喫煙、特定の薬の使用に関連している可能性があります。 腸の筋層のけいれんが憩室を引き起こすと考えられています。 通常、憩室では症状はみられませんが、ときに炎症や出血が起こり、血便や下血が生じる場合もあります。 診断は、一般に大腸内視鏡検査またはCT検査によって確定します。 さらに読む 大腸の憩室症 、大腸の ポリープ 結腸と直腸のポリープ ポリープは、腸のような中空の臓器の壁から増殖した組織が突出したものです。 ポリープの中には遺伝性疾患により生じるものがあります。 下血が最もよくみられる症状です。 一部のポリープはがん化します。( 大腸がんを参照) 診断を下すために大腸内視鏡検査が行われます。 さらに読む 結腸と直腸のポリープ 、または 大腸のがん 大腸がん 大腸がんのリスクは、家族歴や食事に関する一部の要因(低繊維、高脂肪)によって高まります。 典型的な症状としては、排便時の出血、疲労、筋力低下などがあります。 50歳以上の人ではスクリーニング検査が重要です。 診断を下すために大腸内視鏡検査がよく行われます。 早期に発見された場合に最も高い治癒の可能性があります。 さらに読む 大腸がん などの一般的な病気とともに発生することがあります。慢性出血のその他の原因としては、尿中への出血を引き起こす可能性がある 腎腫瘍 腎臓がん 腎臓がんでは、血尿やわき腹(側腹部)の痛み、発熱などがみられます。 最も多いケースとしては、別の理由で行われた画像検査の際にがんが偶然発見されます。 診断はCT検査またはMRI検査の結果によって下されます。 腎臓の摘出により生存率が高まり、がんが転移していなければ根治することもあります。 腎臓がんは成人のがんの約2~3%を占め、患者数は男性が女性の約1.5倍です。毎年、約73... さらに読む 膀胱の腫瘍 膀胱がん 膀胱がんでは、ほとんどの場合、血尿がみられます。 診断の過程では、膀胱鏡(柔軟性のある観察用の細い管状の機器)を尿道から膀胱内に挿入する検査が行われます。 膀胱がんの多くは切除手術で治療されますが、がんの部分を膀胱鏡で切除する手術(がんが表面部分にとどまっている場合)か、膀胱ごと摘出する手術(がんが深部に達している場合)が行われます。... さらに読む 月経での重度の出血 異常子宮出血(AUB) 異常子宮出血は腟からの出血で、回数が多いか、不規則に起こるか、正常な月経より長く続くか、量が多い出血をいいます。最もよくみられる種類の異常出血は、ホルモンによる月経のコントロールが変化することによって起こります。この種類の異常子宮出血は、排卵障害による異常子宮出血(AUB-O)と呼ばれます。 異常子宮出血は、身体診察や超音波検査、その他の検査によって通常の性器出血の原因が除外された場合に診断されます。... さらに読む 異常子宮出血(AUB) などがあります。

症状

症状は貧血の種類が違っていても似ており、以下の要素に応じて軽いものから重いものまで様々です。

  • 失われた血液の量

  • 血液が失われた速度

急速に血液が失われた場合、例えば数時間の内に失われた場合は、全血液量の3分の1を失うと、死に至る可能性があります。横になった状態から座ったり立ち上がったりした場合に感じるめまい(起立性低血圧)が、急速に血液が失われた際によくみられます。血液が失われる速度が遅い場合、つまり数週間以上にわたる場合は、血液量の3分の2まで失っても、水分を十分にとっていれば疲労感と脱力感を覚えるだけだったり、まったく症状がなかったりすることもあります。

その他に、出血自体による症状や出血をもたらした病気による症状が現れることがあります。胃や小腸から出血している場合は、黒いタール状の便に気づくことがあります。腎臓や膀胱からの出血では、赤みを帯びた尿や茶色がかった尿がみられることがあります。女性の場合は、月経期間が普段より長く、重いことに気づくことがあります。胃潰瘍などの慢性的な出血をもたらす病気では、腹部に不快感を生じるものがあります。ほかに、憩室症、腸の早期のがんやポリープなど、まったく症状がみられない病気もあります。

診断

  • 血液検査

  • ときに画像検査または内視鏡検査

貧血の症状がみられたり、出血に気づいたりした場合は、血液検査を行って貧血かどうかを確認します。出血箇所を調べるため、便と尿に血液が混じっていないか検査します。

出血箇所を確認するのに、画像検査や内視鏡検査が必要になることもあります。

治療

  • 止血

  • 通常は鉄剤の服用

速度の遅い失血や少量の失血では、出血が止まれば、輸血をしなくても体が十分な赤血球を産生して貧血が解消されることもあります。

貧血の原因が出血である場合は、出血によって赤血球をつくるのに必要な鉄分が失われているため、ほとんどの例で鉄分の補給が必要となり、通常は錠剤を数カ月間服用します。ときには静脈から鉄分を投与することもあります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP