Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

甲状腺機能低下症

執筆者:

Jerome M. Hershman

, MD, MS, David Geffen School of Medicine at UCLA

最終査読/改訂年月 2018年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

甲状腺機能低下症は、甲状腺の働きが低下し、甲状腺ホルモンの分泌が不十分になる病気で、身体の重要な機能が働く速度が低下します。

  • 顔の表情が乏しく、声がかすれ、話し方はゆっくりになり、まぶたは垂れて、眼と顔が腫れます。

  • 通常は1回の血液検査で診断が確定されます。

  • 甲状腺機能低下症の人は、生涯にわたって甲状腺ホルモンの投与を受ける必要があります。

甲状腺の概要も参照のこと。)

甲状腺機能低下症はよくみられる病気で、特に高齢者に多く、なかでも女性によくみられ、高齢女性の約10%に発生します。ただし、いずれの年代でも発生します。非常に重症の甲状腺機能低下症として、粘液水腫があります。

原因

甲状腺機能低下症には以下の2つがあります。

  • 原発性

  • 続発性

原発性甲状腺機能低下症は、甲状腺自体の病気によって起こります。最も一般的な原因は以下のものです。

  • 橋本甲状腺炎:甲状腺が徐々に破壊されて甲状腺機能低下症が発生します。

その他の原発性甲状腺機能低下症の原因としては以下のものがあります。

  • 甲状腺の炎症

  • ヨウ素不足

  • 頭頸部への放射線照射

  • 甲状腺が十分なホルモンをつくれなくなるか分泌できなくなるような遺伝性の病気

甲状腺の炎症により一時的に甲状腺機能低下症になることがあります。亜急性甲状腺炎はウイルス感染により発生すると考えられています。分娩後にみられる自己免疫性炎症(無痛性リンパ球性甲状腺炎)が原因となることもあります。この場合の甲状腺機能低下症は、甲状腺が破壊されていないため通常は一時的なものです。

甲状腺機能亢進症や甲状腺がんの治療は、治療に用いられる放射性ヨードや薬が甲状腺ホルモンを分泌する体の機能を妨げるため、甲状腺機能低下症の原因となります( 薬物療法)。甲状腺を外科的に除去すると甲状腺ホルモンの分泌が不足します。

多くの発展途上国では、慢性的なヨウ素不足の食事が甲状腺機能低下症の最も一般的な原因です。ただし、米国ではこの原因による甲状腺機能低下症は少数です。それは、食卓塩にヨウ素が添加されているほか、乳牛の乳房殺菌にヨウ素が使用されており乳製品にもヨウ素が含まれているためです。

頭頸部への放射線の照射は通常、がんの治療に対する放射線療法として行われますが、これもまた、甲状腺機能低下症の原因となる可能性があります。

甲状腺機能低下症の比較的まれな原因としては、甲状腺細胞中の異常酵素が甲状腺の十分な甲状腺ホルモンの生産と分泌を妨げる遺伝性の病気があります。

続発性甲状腺機能低下症は、甲状腺を刺激するのに必要な甲状腺刺激ホルモン(TSH)が下垂体から十分に分泌されない場合に発生します。続発性甲状腺機能低下症は、原発性のものよりはるかにまれです。

症状

甲状腺ホルモンが不足すると、身体機能の速度が低下します。症状はかすかで徐々に現れます。うつ病の症状と間違われるものもあり、この傾向は特に高齢者でよくみられます。

  • 顔の表情が乏しくなる。

  • 声がれがみられ、話し方がゆっくりになる。

  • まぶたが垂れる。

  • 眼と顔が腫れぼったくなる。

  • 毛髪は薄く、粗くなり、乾燥してくる。

  • 皮膚はきめが粗く、乾燥し、うろこ状に厚くなる。

甲状腺機能低下症では多くの場合、疲労や体重の増加、便秘がみられるほか、寒さに耐えられなくなります。手がチクチクと痛む手根管症候群が現れる人もいます。脈拍は遅くなり、手のひらと足の裏がわずかに黄色みを帯びて(カロテン血症)、まゆの両端が次第に抜けます。一部の人(特に高齢者)では、錯乱、もの忘れ、あるいは認知症など、アルツハイマー病や他の認知症と間違えられやすい徴候が生じることがあります。女性では、甲状腺機能低下症によって月経周期に変化が生じる場合もあります。

甲状腺機能低下症では多くの場合、血液中のコレステロール値が高くなります。

粘液水腫性昏睡

治療しないでいると、甲状腺機能低下症はやがて貧血、低体温、心不全を引き起こします。この状況が進行して、錯乱、昏迷、昏睡(粘液水腫昏睡)に至ることがあります。粘液水腫性昏睡は生命を脅かす合併症です、呼吸が遅くなり、けいれん発作が起こり、脳への血流が減少します。粘液水腫性昏睡は、甲状腺機能低下症の人において、寒さにさらされるなどの身体的ストレス、感染症、外傷、手術、脳の機能を抑える鎮静薬などの薬がきっかけとなって起こります。

加齢に関連する注意点:高齢者における甲状腺機能低下症

高齢者の多くにある程度の甲状腺機能低下症がみられます。およそ女性の10%、男性の6%に発生します。

体重増加、筋肉のけいれん、手のチクチク感、寒さに弱くなるなどの典型的な症状は、高齢者では少なくなります。高齢者に同様の症状がみられる場合もありますが、あまり明確には現れません。

典型的ではない症状が高齢者にみられることもあります。例えば、体重減少、錯乱、食欲減退、関節のこわばり、関節痛や筋肉痛、脱力感、転倒しやすくなるなどの症状です。

高齢者にみられる症状はいろいろで、漠然としていてとらえにくいことが多く、甲状腺機能低下症ではない高齢者にも一般的なため、こうした症状の原因が甲状腺機能低下症であることに医師が気づかない場合があります。甲状腺刺激ホルモンの血中濃度を測定するスクリーニング検査が重要です。甲状腺機能低下症の症状がみられない場合でも、65歳になればこの検査を行うべきです。

診断

  • 血液中の甲状腺刺激ホルモンの測定

通常は症状と身体診察での所見(脈が遅いなど)から、甲状腺機能低下症が疑われます。

通常、甲状腺機能低下症は、1種類のシンプルな血液検査(TSHの測定)だけで診断することができます。甲状腺の機能が低下すると、TSH値が高くなります。

まれにTSHが十分に分泌されないことが原因で甲状腺機能低下症が発生しますが、この場合は、さらに他の血液検査が必要になります。この血液検査では、甲状腺ホルモンT4(サイロキシン、別名テトラヨードサイロニン)の量が測定されます。この値が低ければ、甲状腺機能低下症の診断が確定します。

治療

  • 甲状腺ホルモンの補充

治療法としては、数種類の経口薬のいずれかを用いて甲状腺ホルモンを補充する方法があります。ホルモン補充に望ましいのは合成甲状腺ホルモンT4です。ほかに、動物の甲状腺を脱水(乾燥)させた製剤がありますが、用いられる頻度はあまり多くありません。一般的に乾燥甲状腺製剤は、錠剤中の甲状腺ホルモンの含有量が変動するため、合成T4ほど十分な効果が得られません。粘液水腫性昏睡のような緊急の場合、合成T4かT3(トリヨードサイロニン)、あるいは両方が静脈内注射されます。

治療では、甲状腺ホルモンの1回の用量が多すぎると重篤な副作用を引き起こすことがあるため、少量の投与から始めますが、最終的に高用量が必要になる可能性があります。高齢者では副作用のリスクが高いため、治療開始時の量と増量の割合は特に少なくします。用量は血液中のTSHの濃度が正常値に戻るまで徐々に増やします。妊娠中は用量を増やす必要があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP