Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

息切れ

(呼吸困難)

執筆者:

Noah Lechtzin

, MD, MHS, Johns Hopkins University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

息切れ(医師は呼吸困難と呼びます)とは、息がしにくくなる不快な感覚のことです。息切れをどのように感じ、それをどのように表現するかは、原因によって異なります。

通常、運動をしているときや、標高が高い所では呼吸が速く深くなりますが、それで不快になることはまずありません。肺の病気であれ他の病気であれ、多くの病気では、安静時でも呼吸数が増加します。例えば、熱があると、一般に呼吸が速くなります。

呼吸困難によって呼吸が速くなると、空気が足りないような感じがします。そして、いくら速く深く呼吸をしても十分ではないという感覚に陥ります。息を吸う際に胸を膨らませ、息を吐き出す際に空気を押し出すのに、いつもより努力が必要だと感じることもあります。完全に息を吐き終わる前に、急いで息を吸い込まなくてはならないという焦りのほかにも様々な感覚がみられ、よくまとめて「胸が締めつけられるような感覚」と表現されます。

呼吸困難の原因によっては、せきまたは胸痛など、その他の症状がみられることもあります。

原因

呼吸困難は、通常、肺または心臓の病気が原因で起こります( 息切れの主な原因と特徴)。

全体として最も一般的な原因には、次のようなものがあります。

  • 心臓発作または狭心症(心臓への血流と酸素の供給が不十分であるために起こる胸痛―心筋虚血と呼ばれます)

  • 身体的デコンディショニング(動かないために起こる筋力と心臓の機能の低下)

肺塞栓症(肺の動脈が、血栓などにより突然詰まった病態)は、あまり一般的ではありませんが、深刻な原因です。

慢性の肺または心臓の病気がある人で最も一般的な原因は、次のものです。

  • もともとの病気の悪化

しかし、新たに別の病気を発症することもあります。例えば、喘息を長く患っている人に心臓発作が起こったり、慢性心不全がある人に肺炎が起こったりすることがあります。

肺の病気

肺に病気のある人の多くは、体を激しく動かしたときに呼吸困難を経験します。運動中は、体は多くの二酸化炭素をつくり、酸素をたくさん使います。血液中の酸素レベルが低下したり、二酸化炭素レベルが上昇したりすると、脳の呼吸中枢の働きにより、呼吸が速まります。心臓や肺が正常に機能していないと、少し運動をしただけで呼吸数が急激に増え、呼吸困難をきたすことがあります。呼吸困難が起こると苦しいため、患者は運動を避けるようになります。肺の病気が悪化するにつれて、安静時でも呼吸困難が生じるようになります。

呼吸困難は以下のものが原因で発生することがあります。

  • 拘束性肺疾患

  • 閉塞性肺疾患

特発性肺線維症などの拘束性肺疾患では、肺が硬くなり、息を吸う際には胸を膨らませるのにさらなる努力を要します。重度の脊柱の弯曲(脊柱側弯症)も、胸郭の動きが妨げられるため呼吸が制限されることがあります。

COPD喘息などの閉塞性肺疾患では、気道が狭くなり、気流の抵抗が増加します。この場合、息を吸う際は気道が広がるため、空気は通常中へ引きこまれます。しかし、息を吐く際に気道が狭くなるため、空気が正常な状態と同じ速度で肺から排出されず、喘鳴が生じ、呼吸に努力を要するようになります。息を吐いた後に肺に残る空気の量が多すぎると、呼吸困難が発生します。

喘息の患者は、発作が起こると呼吸困難に陥ります。医師は通常、発作中に使用できるよう吸入器を持ち歩くことを勧めます。吸入器に含まれる薬剤には、気道を広げる働きがあります。

心不全

心臓は肺から戻ってきた血液を全身に送り出しています。心臓からの血液の送り出しが不十分(心不全)になると、肺の中に液体がたまり、肺水腫と呼ばれる状態になります。肺水腫は呼吸困難を引き起こし、しばしば息が詰まるような感覚や胸の重苦しさを伴います。肺に液体がたまると、気道が狭くなって喘鳴が生じることもあり、この状態を心臓喘息と呼びます。

心不全になると、起座呼吸や発作性夜間呼吸困難、またはその両方が生じます。起座呼吸とは、横になると息切れを起こし、起き上がると楽になる症状です。発作性夜間呼吸困難とは、就寝中に突然発生する、しばしば恐ろしくなるほどの呼吸困難の発作です。あえぎとともに目が覚め、座るか立ち上がらないかぎり息ができません。これは起座呼吸が極度に悪化した状態で、重度の心不全の徴候です。

貧血

貧血のある人や、けがで大量の血液を失った人は、赤血球の数が少なくなっています。赤血球には酸素を組織に運ぶ働きがあるため、このような人では、血液によって供給される酸素の量が減少しています。ほとんどの貧血患者は、じっと座っていれば症状はみられません。しかし、体を動かすと、体に必要な酸素の量が増え、血液による酸素の供給が追いつかなくなるため、しばしば呼吸困難をきたします。そこで、血液中の酸素量を増やすため、反射的に速く深く呼吸しようとします。

その他の原因

血液中に大量の酸が蓄積する(代謝性アシドーシスと呼ばれます)と、息切れを感じ、速くあえぐようになります。代謝性アシドーシスは、重度の腎不全、糖尿病の突然の悪化、特定の薬剤や毒物の摂取などによって起こります。腎不全の患者では、貧血や心不全によって呼吸困難が助長されることもあります。

過換気症候群では、空気を十分に吸い込めないような感覚に陥り、呼吸が速く激しくなります。この症候群は、身体的な問題というより、一般に不安が原因で起こります。過換気症候群になった人の多くは恐怖を感じ、胸痛を覚えたり、心臓発作が起きていると思い込むことがあります。意識に変化が生じ、周りで起こっている事柄が遠くで起こっているように感じられたり、手足や口の回りにチクチクする感じを覚えたりすることもあります。

評価

以下では、医師の診察を受ける必要があるか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

呼吸困難のある人に以下のような症状がみられる場合は、特に注意が必要です。

  • 安静時の息切れ

  • 意識レベルの低下、興奮、または錯乱

  • 胸の不快感や、心臓が激しくまたは速く鼓動している感覚または脈が飛ぶ感覚(動悸)

  • 体重減少

  • 寝汗

受診のタイミング

安静時の息切れ、胸痛、動悸、意識レベルの低下、興奮、錯乱がみられる場合、または肺から空気を吐き出したり肺に空気を吸い込んだりするのに困難がある場合には、直ちに医療機関を受診する必要があります。そのような場合にはすぐに検査、治療を行う必要があり、ときに入院が必要になることもあります。それ以外の場合は、病院に電話をしてください。そうすることで、症状の性質と重症度、年齢、基礎にある病気などから、どの程度迅速に評価する必要があるかを医師が判断できます。通常は、数日以内に評価を行う必要があります。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、原因と必要になる検査を推測することができます( 息切れの主な原因と特徴)。

医師は次の点を明らかにするための質問を行います。

  • 息切れがいつ始まったか

  • 息切れは、急に始まったか徐々に始まったか

  • どれぐらいの間、息切れを感じているか

  • 息切れを誘発したり、悪化させる因子(寒冷、運動、アレルゲンへの曝露、または横になるなど)があるか

医師はほかにも、過去の病歴(肺や心臓の病気を含む)、喫煙歴、家族の中に高血圧や血中コレステロール値の高い人がいるか、肺塞栓症の危険因子(最近の入院、手術、または長距離の移動など)について尋ねます。

身体診察では、心臓と肺を重点的に調べます。医師は肺の音を聞いて、うっ血、喘鳴、断続性ラ音と呼ばれる異常音がないかを確認します。また、心臓の音を聞き、雑音(心臓弁膜症を示唆します)がないかも確認します。両脚が腫れている場合、心不全が疑われますが、片脚のみが腫れている場合、脚の血栓によるものである可能性が高くなります。脚の血栓が剥がれて血流に乗り、肺に到達すると、肺塞栓症を引き起こします。

icon

息切れの主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

急性(数分から数時間で発生する)

不安症—過換気

特定の状況で発生する息切れ、しばしば興奮を伴ったり、手指や口の回りにチクチクする感覚またはしびれを伴ったりする

心臓や肺の診察の結果は正常

医師の診察

喘息

自然に生じる喘鳴、または特定の刺激(花粉やその他のアレルゲン、上気道感染症、冷たい空気、または運動など)への曝露後に生じる喘鳴

通常、喘息の病歴

医師の診察

以下のうち1つまたは複数の検査を行うことがある:

  • 肺がどれぐらい機能しているかを評価する検査(肺機能検査)、またはピークフロー(どれだけ速く空気を吐き出せるか)の測定

  • 運動またはメサコリン(気道を狭くする薬)投与の前後における肺機能の測定

  • 症状が改善するかを確認するため、ときに気管支拡張薬(気道を広げる薬)を使用する

異物の吸入

上気道感染症や他の病気の症状がない人(特に乳児や幼児)において、突然始まるせきまたは高調な喘鳴

胸部X線検査またはCT検査

ときに気管支鏡検査

心臓発作または急性心筋虚血(心臓への血流や酸素の供給が不十分になること)

胸部に強い圧迫感があり、痛みはときに腕や顎に放散する(特に冠動脈疾患の危険因子がある人に多い)

心電図検査

血液検査を行い、心臓が損傷を受けたときに血液中に放出される、心筋マーカーと呼ばれる物質を測定する

しばしば脚の腫れ(浮腫)

横になったときに悪化する息切れ(起座呼吸)、または眠りについて1~2時間後に悪化する息切れ(発作性夜間呼吸困難)

聴診器で、肺の中に液体がたまっていることを示唆する音が聞こえる

ピンク色で泡状のたん(ときに血がすじ状に混ざる)

胸部X線検査

ときに血液検査を行い、心臓に負担がかかっているときに産生される脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)という物質を測定する。

ときに心エコー検査

気胸(肺がしぼんでしまう病気)

突然鋭い胸痛が発生し、呼吸が速くなる

外傷後に発生することもあれば、自然に発生することもある(特に背が高く細い人やCOPDの人の場合)

胸部X線検査

肺塞栓症(肺の動脈が血栓などにより突然詰まった病態)

突然鋭い胸痛が発生し、通常息を吸うときに悪化する

心拍数と呼吸数の増加

しばしば肺塞栓症の危険因子(がん、寝たきりの人などで体を動かせない状態が続く、脚の血栓、妊娠、経口避妊薬もしくはその他のエストロゲン製剤の使用、最近の手術もしくは入院、または肺塞栓症の家族歴など)がある

特殊な肺の画像検査(CT血管造影、換気血流[V/Q]シンチグラフィー、肺動脈造影など)

亜急性(数時間から数日かけて発生する)

狭心症または冠動脈疾患

胸部に強い圧迫感があり、痛みはときに腕や顎に放散する(しばしば運動によって誘発される)

冠動脈疾患の危険因子をもつ人に多い

心電図検査

運動負荷試験

ときに心臓カテーテル検査

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪

しばしばせきがみられ、たんを伴うこともあれば伴わないこともある(湿性または乾性)

喘鳴があり、息をする際に口をすぼめる

すでにCOPDと診断されている人にみられる

医師の診察

ときに胸部X線検査

発熱、たんを伴うせき、湿性咳嗽

深く息を吸ったときに、突然鋭い胸痛が生じる

聴診器で特定の異常な呼吸音が聞こえる

胸部X線検査

慢性(何週間から何年という単位で続く)

運動時の息切れ、進行すると安静時にも息切れをきたすようになる

肺の診察と血液中の酸素レベルは正常

血算

聴診器で、断続性ラ音と呼ばれる異常な肺の音が聞こえる

胸部の高分解能CT検査

閉塞性肺疾患

大量の喫煙歴、たる状に変形した胸、肺に出入りする空気の流れが妨げられている

通常はすでにCOPDと診断されている人にみられる

胸部X線検査

肺機能検査(息切れの発作が治まった後に行う)

身体的デコンディショニング

運動時のみの息切れ

体を動かさない生活を送っている高齢者

医師の診察

胸水(胸腔にたまった液体)

ときにがん、心不全、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、または急性肺炎の病歴

胸部X線検査

しばしば胸部CT検査と胸腔穿刺

息切れや易疲労性が徐々に悪化し、ときにせきを伴う

肺の診察結果は正常

ときに脚のむくみ

心エコー検査

右心カテーテル検査

拘束性肺疾患

仕事中に刺激物を吸入したこと(職業曝露)または神経系の病気があることが分かっている人における進行性の呼吸困難

胸部X線検査

肺機能検査(息切れの発作が治まった後に行う)

安定狭心症または冠動脈疾患

胸部の深い部分に圧迫感があり、ときに痛みが腕や顎に放散する(しばしば運動によって誘発される)

冠動脈疾患の危険因子をもつ人に多くみられる

心電図検査

運動負荷試験

ときに心臓カテーテル検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

医師は、ほぼ必ず血液中の酸素レベルを測定します。また、すでに診断のついた慢性疾患の軽い悪化による息切れであることが明らかな場合を除き、必ず胸部X線検査を行います。

喘息は、亜急性の原因として呼吸困難を引き起こすこともあります。

§心不全は、慢性の原因として呼吸困難を引き起こすこともあります。

COPD = 慢性閉塞性肺疾患、CT = コンピュータ断層撮影

検査

息切れの重症度を判定するため、指にセンサー(パルスオキシメーター)を取り付けて血液中の酸素レベルを測定します。また、すでに診断のついた慢性疾患(喘息または心不全など)の軽い悪化による症状であることが明らかな場合を除き、通常は胸部X線検査を行います。胸部X線検査では、肺の虚脱、肺炎、その他多くの肺や心臓の異常所見を得ることができます。心臓への血流が不十分でないかを確認するため、ほとんどの成人に対し、心電図検査が行われます。

診察の結果に応じて、他の検査も行われます( 息切れの主な原因と特徴)。医師による診察で、肺の病気が疑われるにもかかわらず、胸部X線検査で診断がつかない場合、肺がどれぐらい機能しているかを評価する検査(肺機能検査)が行われます。肺機能検査では、拘束または閉塞の程度や、空気から血液中へ酸素を運搬する肺の機能を測定することができます。肺の病気には、酸素運搬異常のほかに、拘束性障害と閉塞性障害が考えられます。

中等度または高リスクの肺塞栓症の場合は、CT(コンピュータ断層撮影)血管造影換気血流シンチグラフィーなど、特殊な肺の画像検査が行われます。肺塞栓症のリスクが低い場合は、Dダイマーの検査が行われることがあります。この血液検査は、血栓の存在を特定または除外するのに役立ちます。貧血、心疾患、特定の肺疾患などの診断を下し、さらに詳しく評価するために、別の検査が必要になる場合もあります。

治療

呼吸困難の治療は、その原因に対して行います。血液中の酸素レベルが低い場合は、合成樹脂製の鼻カニューレ、または顔を覆う合成樹脂製のマスクを使って酸素を補充します。重症例で、特に深く速い呼吸が十分できない場合は、人工呼吸器を用いて、気管内に挿入する管またはぴったりフィットするフェイスマスクを介して呼吸を補助することがあります。

心臓発作、肺塞栓症、末期疾患など、様々な病気の人に対し、呼吸困難による不安と不快感を和らげるため、モルヒネを静脈から投与することがあります。

要点

  • 息切れ(呼吸困難)は、通常、肺または心臓の病気が原因で起こります。

  • 慢性の肺疾患(慢性閉塞性肺疾患など)または心疾患(心不全など)のある人における呼吸困難の最も一般的な原因は、その慢性疾患の急性増悪ですが、このような人でも新たな病気(心臓発作など)が呼吸困難を引き起こしたり、少なくともその一因となることがあります。

  • 安静時の呼吸困難、意識レベルの低下、または錯乱がみられる場合は、すぐに病院を受診し、緊急に評価を受ける必要があります。

  • 重症度を判定するため、指にセンサー(パルスオキシメーター)を取り付けて血液中の酸素レベルを測定します。

  • 医師は、心臓への血液と酸素の供給が不十分(心筋虚血)でないか、また肺塞栓症がないかを評価しますが、このような病気の症状はときにあいまいなことがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP