Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

動悸

執筆者:

Michael J. Shea

, MD, Michigan Medicine at the University of Michigan;


Andrea D. Thompson

, MD, PhD, Department of Internal Medicine, Division of Cardiovascular Medicine, University of Michigan

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

動悸とは、心臓の拍動が自覚される症状です。心臓が強く脈打ったり、ふるえたり、激しく鼓動したり、脈が飛んだりするように感じられることがあります。動悸の原因によっては、胸の不快感息切れなど、ほかの症状が生じることもあります。

動悸はよくみられる症状です。動悸が不快な警告のように感じられることもありますが、動悸が生命を脅かす心疾患の徴候であることはまれです。動悸は心疾患のない多くの人でも起こります。

原因

普通、自分の心臓の拍動は感じられませんが、何らかの理由で心臓が普段より強くまたは速く拍動すると、多くの人が心臓の拍動を自覚するようになります。このような急激で強い拍動は、心臓による正常な反応です(洞頻拍)。原因としては以下のものがあります。

  • 運動

  • 強い感情(不安、恐怖、痛みなど)

  • 貧血(赤血球の減少)

  • 発熱

その他に、心臓のリズムに乱れ(不整脈)が生じる結果として動悸が起きる場合もあります。

不整脈の種類

不整脈には無害なものから生命を脅かすものまであります。

最も一般的な不整脈としては、以下のものがあります。

これらの不整脈は、どちらも通常は心疾患のない人でみられ、無害です。期外収縮自体は自覚できません。感じることができるのは、その後に続く正常な拍動で、通常よりわずかに遅いタイミングで、わずかに強い拍動が生じます。まるで心臓が拍動を1回飛ばしたかのように感じますが、実際にそうなったわけではありません。

動悸を引き起こすその他の不整脈としては、以下のものがあります。

これらの不整脈では、心臓が正常時よりはるかに速く拍動します。心臓の拍動が遅くなる不整脈では、動悸が生じることはまれですが、なかには遅くなった心拍を感じる人もいます。

不整脈の原因

一部の不整脈(例えば、心房期外収縮、心室期外収縮、PSVT)は、重篤な基礎疾患のない人でもしばしば発生します。それ以外の不整脈は、重篤な心疾患や体の他の部分の病気によって発生する場合が多いです。

重篤な心疾患としては、狭心症心臓発作(急性冠症候群)、先天性心疾患(例えば、ブルガダ症候群、先天性QT延長症候群)、心臓弁の病気、刺激伝導系の病気(例えば、WPW[ウォルフ・パーキンソン・ホワイト]症候群)などがあります。

心臓とは無関係な病気で不整脈を引き起こす可能性がある病気としては、以下のものがあります。

  • 甲状腺機能亢進症(甲状腺の活動が過剰になった状態)

  • 低酸素症(血液中の酸素レベルが低くなった状態)

  • 低カリウム血症(血液中のカリウム濃度が低くなった状態)

  • 低マグネシウム血症(血液中のマグネシウム濃度が低くなった状態)

  • アルコール、カフェイン、ジゴキシン、ニコチン、一部の興奮剤(サルブタモール、アンフェタミン、コカイン、アドレナリン、エフェドリン、テオフィリンなど)といった特定の薬剤

  • 副腎の腫瘍(褐色細胞腫

合併症

心臓の拍動が速くなる不整脈は、合併症を引き起こす可能性があります(特に高齢者の場合)。心臓の拍動が速すぎると、血液を十分に送り出すことができなくなり、気が遠くなったり失神したり、心不全を起こしたりする可能性があります。心不全は主に、過去に心不全または心臓発作を起こしたことのある人でみられますが、それ以外の人でも、心臓の拍動が非常に速くなっているか、速すぎる状態が長期間続いている場合には、心不全が起きる可能性があります。心拍数が速くなることで、心筋が必要とする酸素量も増加します。心筋への動脈が細くなっている人(冠動脈疾患)は、狭心症または心臓発作(死に至る場合があります)により胸の痛みが生じる可能性があります。

一部の不整脈(特に心室頻拍)は不安定で、心停止の直接の原因になる可能性もあります。

評価

すべての動悸が心疾患によって生じるわけではありませんが、一部の心疾患では非常に深刻な結果につながるため、動悸がある人は、通常は医師の診察を受ける必要があります。以下では、どのようなときに医師の診察を受ける必要があるか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

動悸がみられる場合は、特定の症状や特徴に注意が必要です。具体的には以下のものがあります。

  • ふらつきまたは失神

  • 胸の痛みや圧迫感

  • 息切れ

  • 脈拍数が120回/分以上または45回/分未満

  • 心疾患を有しているか、または血縁者に突然死、再発する失神、原因不明のけいれん性疾患の病歴(家族歴)がある

  • 症状が運動中に生じ、特にそれにより意識が無くなる場合

受診のタイミング

動悸に加えて、警戒すべき徴候がみられる人は、直ちに救急外来を受診する必要があり、動悸が続いている人も同様です。失神、胸痛または息切れがある人は、救急車を呼んでください。

警戒すべき徴候がない人で、動悸が起きる頻度が高くないか、すでに動悸が止まっている場合は、主治医に電話してください。医師が患者の年齢、基礎疾患、その他の症状に基づき、どの程度早急に診察を受けるべきかを判断します。一般的に、1日か2日の遅れは問題になりません。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報は、考えられる原因を判断するのに役立ちます。

医師は以下のことを質問します。

  • 動悸が起こる頻度

  • 動悸の持続時間

  • 動悸を誘発または悪化させる要因(例えば、感情的な苦痛、活動、カフェインや他の薬の摂取)

  • 服用している薬(カフェインも含む)

拍動のパターンは原因の特定に役立つ可能性があるため、ときに医師から、手をたたいて動悸の速さとリズムを再現するよう指示されることがあります。

身体診察では、まずバイタルサイン(脈拍、体温、血圧)を確認します。心拍数と脈拍が規則的かどうかは、原因を推測する上で役立ちます。体温の上昇は、発熱が原因であることを示唆します。血圧の低下は、原因を推測することはできませんが、極めて緊急の事態であることを意味します。

心臓の聴診を行って、弁の病気や心臓の炎症を疑わせる異常な音が聞こえないか調べます。また肺の聴診を行って、心不全を疑わせる音が聞こえないか調べます。首の前面の視診と触診を行って、甲状腺に腫れや炎症がないか調べます。

動悸が息切れ、胸痛、筋力低下、疲労感、失神など他の症状を伴ってみられる場合は、不整脈や重篤な病気が原因である可能性が高くなります。

icon

動悸の主な特徴と原因

特徴*

考えられる原因

ときおり脈が飛ぶような感覚

心拍が突然速くなって(頻拍)から急に正常の速さに戻る。過去に頻拍が起きたことのある人によくみられる

比較的頻度は低いものの心室頻拍または先天性QT延長症候群

不規則で速い拍動を常に感じる

動悸中の失神

心室頻拍、先天性QT延長症候群、遺伝性の肥大型心筋症、心房細動、またはブルガダ症候群

運動中または感情的な状況での動悸

洞頻拍(ストレスに対する心臓の正常な反応)、特に健康な人によくみられる

運動によって誘発された血流量の低下に起因する不整脈で、冠動脈疾患や先天性心疾患がある人で比較的よくみられる

失神または突然死の家族歴がある人にみられる

ブルガダ症候群、先天性QT延長症候群、遺伝性の拡張型または肥大型心筋症

出血、発熱、痛み、または水分の喪失(嘔吐または下痢によって起こる可能性)がある人にみられる

洞頻拍

暑さに耐えられない、体重減少、眼球の突出、首の前面の圧痛または腫れ

甲状腺機能亢進症による洞頻拍または心房細動

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

PSVT = 発作性上室頻拍。

検査

動悸の原因は大半が深刻なものではありませんが、一般的には検査が行われます。

  • 心電図検査、ときに自由行動下モニタリング

  • 臨床検査

  • ときに画像検査、負荷試験、またはその両方

  • ときに心臓電気生理検査

心電図検査を行います。動悸や異常な心拍が起きている時点で心電図検査を行えば、通常は明確な診断が下されます。しかし、動悸が起きていないときに心電図検査を行う場合には、考えられる原因のうち検査中に異常が認められるのはわずかだけです。このため、動悸が断続的に起きている場合には、短期間または不規則に発生する不整脈を検出するため、心電図の計測機器を1日または2日間(ホルター心電計— ホルター心電計による心電図の連続記録)もしくはより長期間(イベントレコーダー)にわたって装着する必要があります。心拍をモニタリングするために、医師が皮膚の下に装置を埋め込む場合もあります。この装置はループレコーダーと呼ばれるもので、心拍を継続的にモニタリングすることができます。その後は外部モニターを使って、不整脈が起きていないかループレコーダーをチェックすることができます。心拍数をモニタリングするフィットネストラッカーや、心拍リズムをモニタリングするその他の装置が市販されており、スマートフォンやスマートウォッチに対応したものもあります。

臨床検査が必要です。血算を行うほか、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどの血清中の電解質濃度を測定します。急性冠症候群の可能性を疑わせる他の症状がみられる場合は、血清中の心筋マーカーという物質を測定することもあります。甲状腺機能亢進症(甲状腺の活動が過剰になった状態)が疑われる場合は、血液中の甲状腺ホルモンの濃度を測定し、また褐色細胞腫があると考えられる場合は、他のホルモンの濃度を測定します。医師が疑うほかの原因に応じて、その他の検査が行われることもあります。

ときに画像検査が必要になります。心電図検査で心疾患が疑われた場合は、心エコー検査のほか、ときに心臓のMRI検査を行います。活動中に症状が現れる場合は、負荷試験が必要で、ときに負荷心エコー検査やシンチグラフィー検査を行います。

心臓電気生理検査は、症状が重い人で、ほかの検査では見つけられない危険な不整脈が疑われる場合に行われます。この検査では、小さな電極を静脈の中を通して心臓内まで挿入します。それらの電極を用いて、心電図検査よりも詳細に心臓の電気的活動を記録します。

治療

動悸を悪化させることが判明している薬や物質(カフェインなど)の使用を中止します。治療に必要な薬が危険な不整脈や体力を奪う不整脈の原因になっている場合は、使用する薬を変更します。

心疾患が原因ではない心房期外収縮または心室期外収縮では、通常は医師から心配ないと伝えられるだけです。これらの無害な動悸がとても煩わしく感じられる場合は、ときにベータ遮断薬(抗不整脈薬の一種)が処方されることがあります。その他の不整脈が特定された場合は、その基礎疾患も併せて検査と治療を行います( 不整脈)。多くの場合、拍動のリズムをコントロールする薬(ジゴキシン、フレイカニド、ベラパミル、ジルチアゼム、アミオダロンなど)がまず処方されます。しかし、これらの薬剤の多くは、それ自体も不整脈を引き起こす可能性があるだけでなく、そのほかにも副作用があります。

特定の不整脈(例えば、心房粗動、PSVT、房室結節リエントリー性頻拍)では、多くの場合、体により大きな負担をかける治療法である高周波アブレーションが最良の治療選択肢となります。さらに、薬が効かない場合と特定の危険な不整脈がみられる場合は、電気的除細動やペースメーカーと除細動器の植込みなど、さらに大きな負担をかける治療法が用いられることがあります。どの方法を選択するかは、異常の原因になっている具体的な病気によって決まります。

高齢者での重要事項

高齢者では、抗不整脈薬による副作用のリスクが特に高くなっています。高齢者は、医学的に複数の問題を抱えていて、複数の薬を服用していることが多く、それらの薬の併用により副作用のリスクが上昇している場合があります。高齢者では、血液から薬の成分をろ過する腎臓の能力が低下しており、このことも副作用のリスクに関係しています。一部の高齢者では、抗不整脈薬を服用できるようになるまでにペースメーカーが必要になる場合もあります。

要点

  • 動悸はよくみられる症状であり、その原因は無害なものから生命を脅かすものまで多彩です。

  • ふらつき、胸の痛みや圧迫感、息切れなど、他の症状もみられる人は、深刻な問題が潜んでいる可能性があるため、速やかに医師の診察を受ける必要があります。

  • 心電図検査と特定の血液検査を行います。

  • 治療法は原因によって異なります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP