Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

運動選手の心臓突然死

執筆者:

Robert S. McKelvie

, MD, PhD, Western University

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

外見的に健康な若い運動選手では、推定で100,000人に3人の頻度で、不整脈を突然発症して運動中に突然死するケースが報告されます。女性よりも男性に10倍多くみられます。リスクが最も高いのは、米国ではバスケットボールとフットボールの選手、欧州ではサッカー選手です。

原因

一般に、運動中の突然死の原因は、若い運動選手と高齢の運動選手ではまったく異なります。しかし、いずれの運動選手でも、喘息熱射病、運動能力向上薬やレクリエーショナルドラッグの使用が、突然の不整脈による死亡を引き起こしている可能性があります。

若い運動選手

若い運動選手における心臓突然死の最も一般的な原因は以下のものです。

不整脈をもたらす他の心疾患(QT延長症候群ブルガダ症候群など)や大動脈瘤も、若い運動選手の突然死の原因となる可能性があります。

比較的まれな原因として、症状のない若い運動選手に未発見の心拡大(拡張型心筋症)が存在していて、激しい運動の最中または終了後に突然死亡するケースもあります。

冠動脈の異常、特に動脈の1本が心筋の上ではなく、心筋の中を通る異常な経路を取っている場合、運動中に圧迫により心臓への血流が遮断されることで、運動選手の突然死がもたらされる可能性があります。

まれに、痩せている若い運動選手が心臓の直上に衝撃を受けた際に、たとえ心臓に病気がない場合でも、突然不整脈が起こることがあります(心臓しんとう)。そのような衝撃は、しばしば高速で飛び交う物体(野球のボール、ホッケーのパック、ラクロスのボールなどの)や他の選手との衝突によって生じます。

高齢の運動選手

高齢の運動選手では、最も一般的な原因は以下のものです。

症状

一部の運動選手には、失神や息切れなどの警戒すべき徴候がみられます。しかし、しばしば運動選手はこれらの症状を認識していないか、認識していても報告せず、突然の呼吸停止や失神が最初の徴候になることもあります。

診断

  • スポーツに参加する前のスクリーニング

スクリーニング

一般的には、運動プログラムを開始する前に主治医によるスクリーニングを受けます。このスクリーニングでは、医学的な病気がある人と自分では医学的な病気はないと考えている人を特定します。一部の重篤な病気は運動を行うまで問題をもたらさないことから、医学的な病気が判明していない人もチェックを受けるべきです。再評価を高校生の年齢の場合は2年毎に、大学生以上の場合は4年毎に行います。

医師は常に問診と身体診察を行いますが、検査は年齢と症状に応じて必要な場合にのみ行われます。問診では以下の3つの領域に焦点が置かれます。

  • 胸の痛みや不快感、失神または失神しそうな感覚、疲労、呼吸困難などの症状、特にこれらの症状が激しい運動中に起こる場合

  • 家族歴、特に運動中に失神または死亡した家族、あるいは50歳未満で突然死亡した家族の有無

  • 薬剤の使用

身体診察では、心疾患の可能性を示唆する心雑音がないか聴診器で調べること(心臓の聴診)と、横になった状態と立った状態で血圧を測定することに焦点が置かれます。

若年者では、何らかの異常が病歴から特定されるか身体診察中に見つかった場合を除き、検査は通常行われません。若い運動選手全員を対象とした心電図検査によるスクリーニングは、米国では現実的ではないと考えられています。しかし、検査結果から心臓の異常が示唆された場合は、一般的には心電図または心エコー検査あるいはその両方を行います。

35歳以上の人には、医師は激しい運動を許可する前にも心電図検査と運動負荷試験を行うことがあります。

そこで心疾患が見つかった場合は、競技スポーツへの参加を断念し、さらなる検査を受ける必要があります。肥大型心筋症のような重度の心疾患をもつ一部の人は、競技スポーツには参加できません。しかし、心疾患があっても、競技スポーツ以外のスポーツには大半の人が参加することができます。より活発な活動は、「悪玉」コレステロール(低比重リポタンパクコレステロール)値の低下、高血圧の予防、体脂肪の減少など、良好な健康指標と直接的に関連しています。ほとんどの心疾患の患者に対するケア計画(心臓リハビリテーション)には、定期的な運動が決まって含まれています。

知っていますか?

  • 心疾患のある人でも、通常は何らかの身体活動に参加することができます。

治療

  • 蘇生

呼吸が止まって卒倒した人には、直ちに次の処置を行います。

  • 自動体外式除細動器(AED)があれば使用する

蘇生は救急外来でも引き続き行われます。命をとりとめた場合は、不整脈を引き起こした病態の治療を行います。ときに、植込み型除細動器を使用して、心拍のリズムを継続的にモニタリングし、必要に応じてショックを与えてリズムを正常に戻す方法が選択されます。

自動体外式除細動器:心臓の拍動を再開させる装置

自動体外式除細動器(AED)は、心室細動という特定の不整脈を検出して正常化する装置です。心室細動は心停止を引き起こします。

心停止が起きた場合、AEDがあれば速やかに使用すべきです。AEDを使用することで救命の可能性が高まるため、AEDは救急車を呼んだり心肺蘇生を始めたりする前に使用します。AEDが心室細動を検出すると、電気ショックが与えられます(除細動)。これにより正常なリズムが回復し、心拍が再開することがあります。心臓が動き始めた場合でも救急治療を施す必要があります。AEDを使用しても心停止の状態が続く場合は、心肺蘇生を行う必要があります。

AEDは簡単に使うことができます。アメリカ赤十字社などの組織では、AEDの使い方の講習が行われており、ほとんどの講習は数時間で済みます。AEDの機種によって使用法が若干異なるため、使用中のAEDに記載されている指示をしっかり守る必要があります。

米国では、AEDはスタジアムやコンサートホールなど、人が集まる多くの場所に設置されています。心室細動を起こす可能性が高いと主治医から言われている人が植込み型除細動器を使用しない場合は、家庭用のAEDを購入して、家族が使用できるようにしておくとよいでしょう。

自動体外式除細動器:心臓の拍動を再開させる装置

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP