Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

血尿

執筆者:

Anuja P. Shah

, MD, David Geffen School of Medicine at UCLA

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

尿に血液が混じると(血尿)、血液の量や血液が尿に混入してからの経過時間や尿の酸性度などに応じて、尿の色がピンク、赤色、茶色に変化することがあります。混入した血液の量が少なく尿が変色しない場合(顕微鏡的血尿)でも、化学的な検査や顕微鏡による検査では検出することが可能です。別の理由で尿検査を受けた際に顕微鏡的血尿が発見される場合もあります。

血尿のある人は、血尿の原因に応じて、側腹部または背部の痛み、下腹部痛、尿意切迫感、排尿困難など、尿路疾患の他の症状もみられる場合があります。尿中に多くの量の血液が含まれていると、血液が固まって凝血塊になることがあります。凝血塊により尿の流れが完全に遮断され、突然の激しい痛みが生じ、排尿できなくなる可能性があります。このような凝血塊ができるほどの重度の出血は、通常は尿路のけがが原因です。

赤色の尿は常に赤血球によるものとは限りません。赤色または赤褐色の尿は、以下の理由によっても起こることがあります。

  • 赤血球の分解によりヘモグロビン(赤血球内の酸素を運ぶ物質)が尿中に存在する

  • 筋肉細胞の分解により筋肉由来のタンパク質(ミオグロビン)が尿中に存在する

  • ポルフィリン症(体内でのヘム[血液の赤い色の素になる鉄を含む化合物]の生成に関与している酵素の欠乏によって生じる病気)

  • 食品(例、ビート、ダイオウ、ときに食品着色料)

  • 薬剤(最も多いのはフェナゾピリジン[phenazopyridine]であるが、ときにカスカラ、フェニトイン、メチルドパ、リファンピシン、フェナセチン、フェノチアジン系薬剤、センナ)

原因

血尿は腎臓、尿管、膀胱、尿道までの尿路のどの部位の異常によっても発生する可能性があります。女性では、性器出血を血尿と間違える人もいます。

一般的な原因

最も一般的な原因は、年齢によっていくらか異なりますが、全体としては以下のものです。

あまり一般的でない原因

あまり一般的でない原因としては以下のものがあります。

前立腺がんと前立腺肥大症は血尿を引き起こすことがあります。これらは主に50歳以上の人で懸念される病気ですが、より若い人でも危険因子(喫煙、家族歴、化学物質への曝露)があれば、がんが発生する可能性があります。

腎臓の顕微鏡的な血管(糸球体)の病気は、年齢を問わず、原因になる可能性があります。糸球体疾患は、腎疾患の一部であることや、体の他の部位の病気によって引き起こされることがあります。そのような病気としては、感染症(心臓弁の感染症など)、結合組織疾患(全身性エリテマトーデスなど)、血管炎、血液疾患(血清病など)、特定の慢性疾患(糖尿病など)が挙げられます。また、ほぼすべての種類の腎損傷で、少量の血液が尿中に入る可能性があります。

転落や交通事故などによる重度のけがで腎臓や膀胱が損傷し、出血が生じる可能性があります。

ビルハルツ住血吸虫 Schistosoma haematobiumは、アフリカと程度は低いながらもインドおよび中東の一部で感染症を引き起こしている寄生虫で、尿路に侵入して、血尿の原因になることがあります。住血吸虫症は、寄生虫がみつかる地域に滞在していた場合にのみ検討されます。結核によって尿に血が混じる場合もあります。

評価

最初に、赤色の尿の原因が出血によるものであることを確認します。その後、出血の原因を探し、尿路(またはときにはその他の部位)のいずれで出血が起きているかを特定します。以下では、どのようなときに医師の診察を受けるべきか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

血尿がみられる場合は、特定の症状や特徴に注意が必要です。具体的には以下のものがあります。

  • 尿中の大量の血液

  • 50歳以上

  • 足や下肢のむくみと高血圧

受診のタイミング

血尿に気づいたら、1~2日以内に主治医の診察を受ける必要があります。しかし、尿に大量の血液が混じる場合や、排尿ができない場合、激しい痛みがある場合は、直ちに医師の診察を受ける必要があります。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問し、次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、血尿の原因と必要になる検査を推測することができます( 血尿の主な原因と特徴)。

医師は血尿はいつごろから続いているか、過去に出血はあったかどうかを尋ねます。発熱や体重減少のほか、排尿開始困難や排尿後の残尿といった尿路の閉塞による症状について質問されます。痛みや不快感は重要な所見です。排尿時の灼熱感や下腹部の恥骨のすぐ上あたりの鈍痛は、膀胱の感染症を疑わせます。男性の場合、軽度から中等度の腰痛や恥骨部の痛みは、しばしば前立腺の感染症が原因です。極めて激しい痛みは、通常は結石または凝血塊が尿の流れを遮断していることが原因です。

次に身体診察を行います。通常、女性では内診が必要になります。腟に出血がみられる場合、カテーテルを膀胱に挿入し、出血源が膀胱か腟かを特定する必要があります。男性では、通常は直腸指診を行って前立腺の状態を調べます。

icon

血尿の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

前立腺肥大症(前立腺が大きくなる良性の病気)

主に50歳以上の男性

しばしば排尿開始困難、尿勢低下、残尿感、排尿後尿滴下

直腸指診での前立腺の肥大の所見

PSA値を測定する血液検査

しばしば膀胱の超音波検査により、排尿後に膀胱内に残っている尿の量(排尿後残尿量)を測定

主に50歳以上の人またはこれらのがんの危険因子(喫煙、がんの家族歴、発がん性の化学物質への曝露)がみられる人

ときに排尿時の灼熱感や痛み、尿意切迫感

しばしば全身に影響を及ぼす症状(発熱、悪寒、体重減少、発汗など)

膀胱鏡検査(観察用の柔軟な管状の機器を尿道から膀胱に挿入して内部を調べる検査)

ときに膀胱生検

ときにCTまたはMRI検査

前立腺がんが疑われる場合は前立腺生検

膀胱炎(膀胱感染症)

通常は成人女性および女児

頻尿と尿意切迫

排尿時の灼熱感または痛み

夜間に排尿のために起きる

ときに血尿または尿の異臭

医師の診察

けが

通常は明らかなけが

通常は腹部および骨盤部のCT検査

糸球体疾患(糸球体腎炎など糸球体の病気)

ときに高血圧と足や下肢のむくみ

ときに赤色または暗色(コーラ色)の尿

ときに感染症の後に起こる

ときに家族内に腎臓または結合組織疾患をもつ人がいる

尿検査

血液検査

長期間続く側腹部または腹部の痛み

高血圧

ときに別の理由で行われた画像検査や医師の診察で腎臓の腫大が検出される

超音波検査

しばしば腹部のCTまたはMRI検査

主に50歳以上の男性

ときに直腸指診で前立腺にしこりが検出される

ときに尿勢低下、排尿開始困難、排尿後尿滴下

PSA値を測定する血液検査

PSA値が上昇している場合は前立腺の生検

前立腺炎(前立腺感染症)

しばしば発熱、排尿開始困難、頻尿、夜間頻尿、排尿時の灼熱感または痛み

しばしば、長期にわたる尿路の閉塞による症状(尿勢低下、排尿困難、排尿後尿滴下)

急性感染症では、直腸指診で明らかになる前立腺の肥大と圧痛(慢性前立腺炎では、目立った症状がみられない場合がある)

医師の診察

尿検査と尿培養検査

ときに経直腸的超音波検査または膀胱鏡検査

通常は鎌状赤血球症がすでに判明している人

主にアフリカ系または地中海系の人

しばしば小児および若い成人

赤血球のヘモグロビン異常の有無を調べる血液検査

腰の側面(側腹部)に激しい痛みが突然起こるか、腹部または鼠径部の痛みが波状に起こる

ときに切迫した尿意があるのに排尿できない

ときに嘔吐

腎臓、尿管、膀胱のCT検査または超音波検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

検査としては、すべての患者で尿検査を行うほか、ほとんどの患者では腎機能を評価するための血液検査、ほとんどの高齢者では腎臓および骨盤部の画像検査を行います。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像、PSA = 前立腺特異抗原。

検査

ときに症状と身体診察の結果から診断が可能になる場合があります。しかし、多くの病気で症状の重複がみられるため、血尿の原因(ときに血尿の有無)を特定するには通常は検査が必要になります。最初に尿検査が行われます。尿検査では、血液を検出することができ(尿が赤い原因が血液であることを確定できます)、糸球体疾患の所見が認められる場合もあります。感染が疑われる場合は、通常は尿培養検査が行われます。

50歳以上のすべての人と、がんの危険因子がある人では、一般的には膀胱鏡検査(観察用の柔軟な管状の機器を用いて膀胱の内部を調べる検査)を行って、出血源を特定します。

肉眼的な血尿の原因として感染症も糸球体疾患のいずれも認められない場合は、年齢にかかわらず、一般的には腹部および骨盤部のCT検査、超音波検査、MRI検査などの画像検査を行います。50歳未満で顕微鏡的血尿のみがみられ、身体診察、血液検査、尿検査で他の異常が認められなかった場合は、6カ月後または12カ月後に尿検査を繰り返すだけのことがあります。その時点で血尿が消失していない場合は、さらなる検査を行います。

尿検査の結果から糸球体疾患が疑われる場合は、通常、腎機能を評価する血液検査を行い、ときに腎生検も行います。鎌状赤血球症であることが確認されていないアフリカ系または地中海系の人には、この病気に対する血液検査が必要になる場合があります。

50歳以上の男性では、通常は前立腺特異抗原(PSA)の血中濃度を測定します。

治療

出血を引き起こしている原因を治療します。原因にかかわらず、凝血塊によって尿の流れが遮断されている場合は、柔軟なチューブを膀胱内まで挿入し(尿道カテーテル)、凝血塊を洗い流す処置を試みるのが通常です。

要点

  • 赤い尿は常に血液が原因とは限りません。

  • 血尿の多くの原因は深刻なものではありません。

  • 重篤な病気のリスクは、年齢および血尿が出ていた期間とともに増大します。

  • 通常、がんの検査は50歳以上の人と50歳未満でがんの危険因子がある人に対してのみ行われます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP