Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

重鎖病

執筆者:

James R. Berenson

, MD, Institute for Myeloma and Bone Cancer Research

最終査読/改訂年月 2019年 9月

重鎖病は,単クローン性免疫グロブリン重鎖の過剰産生を特徴とする腫瘍性の形質細胞疾患である。症状,診断,および治療は,具体的な障害に応じて異なる。

重鎖病は,典型的に悪性の形質細胞疾患である。ほとんどの形質細胞疾患におけるMタンパク質(単クローン性の免疫グロブリンタンパク質)は,正常な抗体分子と構造的に類似している。これとは対照的に,重鎖病では,不完全な単クローン性免疫グロブリン(真の異常タンパク質)が産生される。これらは,軽鎖のない重鎖成分(αγμ,またはδのいずれか)のみから成る(ε型重鎖病は報告されていない)。ほとんどの重鎖タンパク質は正常な抗体の断片で,様々な長さの内部欠損がみられる;これらの欠損は,構造的な変異に起因しているとみられる。臨床像は,多発性骨髄腫 多発性骨髄腫 多発性骨髄腫は,形質細胞の悪性腫瘍で,単クローン性免疫グロブリンを産生し,隣接する骨組織に浸潤し,それを破壊する。一般的な臨床像としては,骨痛および/または骨折を引き起こす溶骨性骨病変,腎機能不全,高カルシウム血症,貧血,繰り返す感染症などがある。典型的には,Mタンパク質(ときに尿中にみられ,血清中に認められない場合があるが,まれに全く認められない場合もある)および/または軽鎖タンパク尿,および骨髄中の過剰な形質細胞の証明が診断に必要で... さらに読む 多発性骨髄腫 よりもリンパ腫 リンパ腫の概要 リンパ腫は,網内系およびリンパ系から発生する不均一な一群の腫瘍である。ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫(NHL)に大別される(Professional.see table ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫の比較)。 リンパ腫はかつて,白血病とは全く異なる疾患と考えられていた。しかし現在では,細胞マーカーとそれらのマーカーを評価する... さらに読む に似ている。リンパ増殖性疾患を示唆する臨床像を呈する患者では,重鎖病を考慮する。

IgA型重鎖病(α鎖病)

IgA型重鎖病は,最も一般的な重鎖病で,地中海リンパ腫(免疫増殖性の小腸疾患)と類似している。

IgA型重鎖病は,通常10~30歳にみられ,地理的に中東に集中している。その原因は,寄生虫または他の微生物に対する異常免疫応答の可能性がある。通常は,空腸粘膜の絨毛萎縮および形質細胞浸潤がみられ,ときに腸間膜リンパ節への浸潤がみられる。末梢リンパ節,骨髄,肝臓,および脾臓は,通常侵されない。この疾患の気道型がまれに報告されている。

一般的な所見としては,発熱,軽度の貧血,嚥下困難(嚥下障害),反復性上気道感染症,肝腫大,脾腫などがある。溶骨性病変は生じない。

ほぼ全ての患者がびまん性の腹部リンパ腫および吸収不良 吸収不良の概要 吸収不良とは,食物中の物質が十分に同化されない状態であり,消化,吸収,または輸送の障害に起因する。 吸収不良は,多量栄養素(例,タンパク質,炭水化物,脂肪),微量栄養素(例,ビタミン,ミネラル),またはその両方に影響を及ぼすことがあり,結果として便中への過剰排泄,栄養欠乏,および消化管症状が起こる。吸収不良は,ほぼ全ての栄養素の吸収障害を... さらに読む を呈する。血算では,貧血,白血球減少 白血球減少症の概要 白血球減少症は,循環血中の白血球数が4000/μL未満に減少することである。通常は循環血中の好中球数の減少を特徴とするが,リンパ球,単球,好酸球,または好塩基球の数の減少も一因となる場合がある。その結果,一般に免疫機能が低下することがある。 好中球減少症は,血中の好中球数が白人で1500/μL未満,黒人で1200/μL未満に減少することで... さらに読む ,血小板減少,好酸球増多 好酸球増多症 好酸球増多症は,末梢血中の好酸球数が500/μLを超える場合と定義される。好酸球増多症の原因および関連疾患は無数にあるが,多くの場合がアレルギー反応または寄生虫感染症である。診断には,臨床的に疑われる原因に標的を絞った検査が必要である。治療は原因に対して行う。 好酸球増多症では免疫応答の特徴がみられる:すなわち,旋毛虫(Trichinella spiralis)のような病原体では,好酸球数が比較的低値で一次応答が誘発されるものの,再び曝... さらに読む 好酸球増多症 ,および循環血中の異型リンパ球または形質細胞がみられることがある。血清タンパク質電気泳動は半数の症例が正常となるが,しばしばα2 およびβ分画の増加またはγ分画の減少がみられる。診断には,免疫固定電気泳動で単クローン性α鎖の検出が必要である。この鎖はときに濃縮尿中に認められる。血清中または尿中に認められない場合は,腸生検が必要である。ときに,腸分泌物中に異常タンパク質が検出されることがある。腸浸潤細胞は,多形性で,明白に悪性ではないことがある。ベンスジョーンズタンパク尿は認められない。

経過は様々である:1~2年で死亡する患者もいるが,特にコルチコステロイド,細胞傷害性薬剤,および広域抗菌薬による治療後に,長年にわたって寛解が持続する患者もいる。

IgG型重鎖病(γ鎖病)

IgG型重鎖病は,一般にアグレッシブ悪性リンパ腫に類似するが,無症候性および良性例が散見される。

IgG型重鎖病は,主に高齢男性にみられるが,小児に発生することもある。関連する慢性疾患として,関節リウマチ 関節リウマチ(RA) 関節リウマチ(RA)は,主に関節を侵す慢性の全身性自己免疫疾患である。RAは,サイトカイン,ケモカイン,およびメタロプロテアーゼを介した損傷を引き起こす。特徴として,末梢関節(例,手関節,中手指節関節)に対称性に炎症が生じ,結果として関節構造が進行性に破壊される(通常は全身症状を伴う)。診断は特異的な臨床所見,臨床検査結果,および画像所見に基づく。治療としては,薬物療法,理学療法,およびときに手術を行う。疾患修飾性抗リウマチ薬は症状のコ... さらに読む 関節リウマチ(RA) シェーグレン症候群 シェーグレン症候群(SS) シェーグレン症候群(SS)は,比較的よくみられる原因不明の慢性,自己免疫性,全身性,炎症性の疾患である。外分泌腺のリンパ球浸潤およびそれに続く二次的な分泌機能障害による,口腔,眼,およびその他の粘膜の乾燥を特徴とする。SSは様々な外分泌腺または他の器官に影響を及ぼすことがある。診断は,眼,口腔,および唾液腺の障害に関連する特異的な基準,自己抗体,ならびに(ときに)病理組織学的検査による。治療は通常,対症療法である。... さらに読む シェーグレン症候群(SS) 全身性エリテマトーデス 全身性エリテマトーデス(SLE) 全身性エリテマトーデス(SLE)は,自己免疫を原因とする慢性,多臓器性,炎症性の疾患であり,主に若年女性に起こる。一般的な症状としては,関節痛および関節炎,レイノー現象,頬部などの発疹,胸膜炎または心膜炎,腎障害,中枢神経系障害,血球減少などがある。診断には,臨床的および血清学的な基準が必要である。重症で進行中の活動性疾患の治療には,コルチコステロイドおよびときに免疫抑制薬を必要とする。... さらに読む 全身性エリテマトーデス(SLE) 結核 結核 結核は,しばしば初感染から一定期間の潜伏期を経て発症する慢性進行性の抗酸菌感染症である。結核は肺を侵すことが最も多い。症状としては,湿性咳嗽,発熱,体重減少,倦怠感などがある。診断は喀痰の塗抹および培養によることが最も多いが,分子生物学に基づく迅速診断検査の利用も増えてきている。治療では複数の抗菌薬を少なくとも6カ月間投与する。... さらに読む 結核 重症筋無力症 重症筋無力症 重症筋無力症は,自己抗体および細胞性の機序を介したアセチルコリン受容体の破壊に起因する,反復発作性の筋力低下および易疲労性である。若年女性と高齢男性で多くみられるが,あらゆる年齢の男女に起こりうる。症状は筋の活動により悪化し,安静により軽減する。診断は,血清抗アセチルコリン受容体(AChR)抗体値,筋電図検査,およびときにエドロホニウム静注試験により行い,エドロホニウム静注試験は筋力低下を一時的に緩和する。治療法としては,抗コリンエステ... さらに読む 好酸球増多症候群 好酸球増多症候群 好酸球増多症候群は,寄生虫性,アレルギー性,またはその他の好酸球増多の二次的原因が認められずに好酸球増多と直接関係する器官系の障害または機能不全の所見を伴う末梢血中の好酸球増多を特徴とする疾患である。機能不全の臓器に応じて,無数の症状が現れる。診断には,他の好酸球増多症の原因を除外することに加え,骨髄検査および細胞遺伝学的検査が必要である。治療は,一般にプレドニゾンの投与から開始するが,多くみられる亜型の1つではイマチニブを投与する。... さらに読む 自己免疫性溶血性貧血 自己免疫性溶血性貧血 自己免疫性溶血性貧血は,37℃以上(温式抗体による溶血性貧血)または37℃未満(寒冷凝集素症)の温度で赤血球と反応する自己抗体により引き起こされる。溶血は通常血管外性である。直接抗グロブリン試験(直接クームス試験)により診断が確定され,原因が示唆されることがある。治療は原因に応じて異なり,コルチコステロイド,脾臓摘出,免疫グロブリン静注,免疫抑制薬,輸血の回避(生命を脅かす貧血の場合は除く),誘因(例,寒冷)の回避,薬剤の中止などがある... さらに読む 自己免疫性溶血性貧血 ,甲状腺炎などがある。正常免疫グロブリン濃度の低下がみられる。溶骨性骨病変はまれである。ときにアミロイドーシス アミロイドーシス アミロイドーシスは,異常凝集したタンパク質から成る不溶性線維の細胞外蓄積を特徴とする多様な疾患群である。これらのタンパク質は局所に蓄積してほとんど症状を引き起こさない場合もあるが,全身の複数の臓器に蓄積して,重度の多臓器不全をもたらすこともある。アミロイドーシスは原発性の場合と,種々の感染症,炎症,または悪性疾患に続発する場合とがある。診... さらに読む アミロイドーシス を発症する。

一般的な臨床像としては,リンパ節腫脹,肝脾腫,発熱,繰り返す感染症などがある。口蓋の浮腫が約4分の1の患者にみられる。

血算では,貧血,白血球減少,血小板減少,好酸球増多,および循環血中の異型リンパ球または形質細胞がみられる。診断には,血清および尿の免疫固定によるIgGの遊離単クローン性重鎖断片の証明が必要である。半数の患者で1g/dL(10g/L)を超える単クローン性血清成分(しばしばバンドが広く不均一)がみられ,半数の患者に24時間当たり1gを超えるタンパク尿がみられる。重鎖タンパク質には,IgGのいずれのサブクラスも含まれる場合があるが,G3サブクラスが特によくみられる。骨髄生検またはリンパ節生検は,他の検査で診断できない場合に実施するが,病理組織像は不定である。

進行の速い疾患では,生存期間の中央値が約1年である。通常は,細菌感染または進行性悪性腫瘍により死亡する。アルキル化薬,ビンクリスチン,またはコルチコステロイドの投与に加え,放射線療法を施行することで,一時的な寛解が得られることがある。

IgM型重鎖病(μ鎖病)

IgM型重鎖病はまれであるが,慢性リンパ性白血病または他のリンパ増殖性疾患に類似した臨床像を呈する。

IgM型重鎖病は,50歳以上の成人に最もよくみられる。内臓器官(脾臓,肝臓,腹部リンパ節)への浸潤が多くみられるが,広範な末梢リンパ節腫脹はみられない。病的骨折およびアミロイドーシス アミロイドーシス アミロイドーシスは,異常凝集したタンパク質から成る不溶性線維の細胞外蓄積を特徴とする多様な疾患群である。これらのタンパク質は局所に蓄積してほとんど症状を引き起こさない場合もあるが,全身の複数の臓器に蓄積して,重度の多臓器不全をもたらすこともある。アミロイドーシスは原発性の場合と,種々の感染症,炎症,または悪性疾患に続発する場合とがある。診... さらに読む アミロイドーシス を発症することがある。血清タンパク質電気泳動では通常,正常であるか,低ガンマグロブリン血症を示す。ベンスジョーンズタンパク尿(κ型)が患者の10~15%にみられる。血算では,貧血,白血球減少,血小板減少,好酸球増多,および循環血中の異型リンパ球または形質細胞がみられる。

治療は患者の状態に依存するが,アルキル化薬とコルチコステロイドの併用,または本疾患に最もよく似ているリンパ増殖性疾患の治療に類似したものがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP