Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

メチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)

(エクスタシー)

執筆者:

Gerald F. O’Malley

, DO, Grand Strand Regional Medical Center;


Rika O’Malley

, MD, Albert Einstein Medical Center

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

MDMA(3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン)は、アンフェタミンと似ていますが、刺激作用と幻覚作用の両方があります。

アンフェタミンおよび物質関連障害の概要も参照のこと。)

症状

MDMAは興奮と脱抑制(行動のコントロールが弱くなること)を引き起こします。また、身体感覚、共感、人と人との親密さが強調されます。中毒作用は他のアンフェタミン類と似ていますが、頻度は低くなります。これはおそらく、MDMAの使用が断続的である可能性が高いためです。しかしながら、一時的な使用であっても、高体温低ナトリウム血症(血液中のナトリウム濃度が異常に低下した状態)などの重大な問題が起こることがあります。断続的で一時的な使用による影響は分かっていません。まれに、肝不全が起こります。

長期的に繰り返し使用することにより、アンフェタミンと似た問題(依存など)が生じることがあります。使用者の中には妄想性精神病が発生する人もいます。繰り返し頻繁に使用することにより、精神機能の低下が生じることもあります。

診断

  • 臨床的評価

MDMAは通常の尿検査では検出されない場合があります。

治療

  • 急性中毒および依存に対する対症療法

急性中毒と依存の治療はアンフェタミンの治療と同様ですが、急性過剰摂取に対する治療が必要になることはそれほどありません。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP