Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ケタミンおよびフェンシクリジン(PCP)

(スペシャルK;エンジェルダスト)

執筆者:

Gerald F. O’Malley

, DO, Grand Strand Regional Medical Center;


Rika O’Malley

, MD, Albert Einstein Medical Center

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

ケタミンとフェンシクリジンは化学的に類似した薬であり、麻酔に使用します。

ケタミンは粉末や液剤で入手可能です。粉末は鼻から吸引したり、経口で摂取したりします。液剤は、静脈内、筋肉内、または皮膚の下に注射します。

フェンシクリジン(PCP、エンジェルダスト)の使用法で最も多いのは、パセリ、ミントの葉、タバコ、マリファナなどの植物にふりかけてから煙を吸う方法です(「ウェット」や「フライ」などの俗称があります)。鼻から吸引したり、経口で摂取したりすることもあります。

薬物使用と薬物乱用も参照のこと。)

症状

ケタミンとPCPは、有頂天な気分や多幸感をもたらすほか、それに続いてしばしば不安発作が起こります。高用量(過剰摂取)では、肉体、周囲の状況、時間に対する知覚をゆがめます。ばらばらで現実でないように感じ(離人感と呼びます)、周囲の状況から分離しているように(解離と呼びます)感じます。

さらに高用量では、幻覚や偏執性妄想が起こり、世界から離脱した感覚が強まります。ケタミンの使用者はその体験をしばしばKホールと呼びます。闘争的になる人もいます。運動協調が失われ、筋肉がふるえてけいれんします。

極めて高用量では以下のような症状が生じることがあります。

  • 生命を脅かすほどの体温上昇(高体温

  • 心拍数の上昇

  • 性欲過剰行動

  • 極度の高血圧

  • けいれん発作

  • 昏睡

  • まれに、死亡

診断

  • 医師による評価

診断は、薬物の使用歴と症状に基づいて下されます。ケタミンは通常の尿薬物検査では検出されません。特別な検査(ガスクロマトグラフィーおよび質量分析)を用いてケタミンの使用を確認できます。

治療

  • 静かで落ち着ける環境

  • ときに、鎮静薬

通常、安心させて、静かで落ち着ける場所で回復を図ります。通常、45分から数時間で正常な意識に戻ります。興奮とけいれん発作のコントロールに、ベンゾジアゼピン系薬剤(鎮静薬)を使用できます。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP