Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

心臓の鈍的損傷

(心挫傷、心筋挫傷)

執筆者:

Thomas G. Weiser

, MD, MPH, Stanford University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

心臓の鈍的損傷とは、胸部への打撃によって、心筋の断裂や壊死、心臓の壁の破裂(裂けること)、または心臓弁の損傷が起こることです。

  • 激しい動悸や息切れを感じたり、危険なレベルの血圧低下が起こったりすることがあります。

  • 心電図検査と心臓超音波検査(心エコー)が行われます。

  • 不整脈(心拍リズムが速すぎる、遅すぎる、不規則)がある患者は、入院して心拍リズムの持続的なモニタリングを受けます。

  • 心臓弁の損傷または心臓壁の破裂が起きた場合は、通常は手術が必要になります。

胸部損傷に関する序も参照のこと。)

鈍的損傷とは、皮膚を貫通しない強い打撲です。心臓への鈍的損傷は、自動車衝突、転落などのほか、頻度は下がりますが直接的な打撃によって起こることもあります。

心臓にひどい損傷を受けた場合は、治療を受ける前に死亡することがほとんどです。しかし、他の多くのけがは数時間またはそれ以上かけて悪化します。

心筋の断裂や壊死(心筋挫傷)が正常な心拍リズムを阻害し、心拍が異常に速くなる、異常に遅くなる、または不規則になる(不整脈)ことがあります。

心臓の壁が裂けると(心破裂)、病院にたどり着く前に出血で死に至ることがほとんどです。しかし、裂け目が小さければ、心臓の周りの膜(心膜)によって出血が阻止され、治療が間に合うことがあります。このように心臓の周りに血液が貯留すると、心臓内への血液の充満が妨げられます( 心タンポナーデ)。

心臓弁が損傷すると心不全になることがあります。

まれに、心臓の2つの区画を隔てる膜が裂けること(心室中隔穿孔)があります。これによる症状は、受傷後しばらく経たないと現れないことがあります。患者はその後心不全に陥ることもあります。

心臓しんとう

心臓しんとうとは、胸部前方への打撃により、突然心臓が止まること(心停止)です。典型的には、速く動く硬い物体(野球ボールやアイスホッケーの円盤)によって打撃を受けた場合に起こります。そのため、心臓しんとうは通常、若者がスポーツをしているときに起こります。心停止が起こる正確な理由は不明ですが、心臓しんとうは基礎にある心疾患や心筋への物理的損傷から生じるものではありません。心臓の拍動サイクルの中でも、ある決定的な瞬間に打撃を受けることで心臓が止まるのではないかと考える専門家もいます。このタイミングで打撃を受けると、心拍を規則的に持続させる電気信号が遮断されると考えられます。

症状

心臓への鈍的損傷は、様々な症状を引き起こします。たいてい痛みを伴い、胸骨や肋骨の周りにもしばしば皮下出血などのけががみられます。息切れなど、心不全の症状がみられることもあります。ショック状態に陥ると、皮膚は汗ばみ、青く冷たくなり、血圧が危険なレベルにまで低下することがあります。心拍リズムに異常(不整脈)が現れると、激しい動悸や異常な鼓動を感じることがあります。

診断

  • 心電図と心エコー検査

心臓の鈍的損傷が疑われる場合は通常、不整脈の有無を調べるために心電図検査が行われます。医師はときに、心臓が損傷されると血液中に放出される物質(血清マーカー)を測定することもあります。

また、心エコー検査が(ときに救急外来で)行われます。心エコー検査では、心臓の壁の動きの異常や、心臓の周りにたまった血液や体液、心臓の壁の破裂、心臓弁の損傷などが分かります。

治療

  • 不整脈、心不全、または心停止など、けがに伴う病態の治療

不整脈がある人は、突然状態が重篤化する可能性があるため、モニタリングのため入院します。

心臓の鈍的損傷に起因する他の病態(心不全や心臓弁の損傷など)があれば、入院して治療を受けます。

胸部に鈍的損傷を受けた直後に失神した人では、心停止が起こっていないか確認するため、直ちに評価が行われます。 心停止が起こっていれば、即座に心肺蘇生を始め、自動体外式除細動器(AED)があれば使用します。AEDによる治療を受けた人の約35%は、命が助かります。

心臓しんとうを予防するために役立つ対策として、選手に自分の身を守る方法(ある種の護身術)を教えておく、胸部のプロテクターや柔らかい野球ボールを使用する、スポーツの大会ではAEDと救急医療の訓練を受けたスタッフを配備しておくことなどが挙げられます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP