Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

安全なダイビングのための予防措置と潜水障害の予防

執筆者:

Alfred A. Bove

, MD, PhD, Lewis Katz School of Medicine, Temple University

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

適切なトレーニングと教育を受けた健康な人たちにとっては、ダイビングは比較的安全なレクリエーション活動です。全国のダイビング団体によるダイビング安全講座が、幅広く利用でき、ダイビング関連の障害を予防したり、そのリスクを低下させたりするのに役立ちます。

安全予防措置

ダイバーは圧外傷減圧症のリスクを最小限にする予防措置を取る必要があります。リスクを減らすために行うべきことは以下の通りです。

  • いろいろな空隙の圧を均衡させる(例えば、フェイスマスク[鼻からマスクに空気を送り込む]や中耳[あくびをする、唾を飲み込むなど]の圧の均衡)。

  • 浮上中は息止めを避けていつも通り呼吸を行い、浮上速度は毎秒15~30センチメートル以下に抑える。この速度であれば、過剰な窒素を徐々に排出し、気体が充満した空隙(肺や副鼻腔など)を空にできる。

  • 水深約4.6メートル地点で、3~5分間の安全停止を行う。

  • 潜水後15~18時間は飛行機に乗らない。

その他のダイビングのリスクを減らすには、特定のダイビング条件を把握して避ける必要があります。

  • 視界不良

  • 過剰な努力を要する潮流

  • 低温

  • 単独でのダイビング

  • レクリエーショナルドラッグや鎮静薬の使用、飲酒

低温は特に危険で、低体温症が急激に発現すると判断力および手先の器用さが損なわれます。低温の影響を受けやすい人の場合、低体温症によって致死的な心不整脈が起きる場合もあります。単独でのダイビングは勧められません。

レクリエーショナルドラッグや鎮静薬およびアルコールは、水深の深い所では予測できない不意の作用を生じる場合があるため、量の多少を問わず、決して摂取すべきではありません。鎮静作用のない処方薬がレジャーダイビングの妨げとなることはほとんどありません。

ダイビングが禁止される状況

ダイビングは激しい運動となりうるため、平均以上の有酸素能力(激しい運動を行う能力)が必要とされ、心臓や肺に病気がある場合はダイビングを行わないようにします。意識、敏捷性、または判断力を損ないうる疾患、例えば、けいれん発作や インスリン治療中の糖尿病低血糖を生じうるため)などについても、一般にダイビングは禁止されています。糖尿病のダイバーのための特別プロラムが確立されています。何か疑問があれば、医師に相談すべきです。

10歳未満でのダイビングは推奨されませんが、8歳でダイビングを教え始めるプログラムがあり、うまく運用されています。大半のダイビングインストラクターは子どもにダイビングを教えるガイドラインに精通しています。ダイビングをはじめようとする人は、自身の体力や、ダイビング中の事故やけがのリスクを高める要因について、ダイビングに精通した医師の評価を受けるとよいでしょう。

ダイビングが禁止される医学的疾患

  • アルコールや薬物の乱用

  • 慢性または一時的な鼻や副鼻腔の詰まり

  • インスリン治療中の1型または2型糖尿病(たいていの場合)

  • 眠気を催す薬

  • 失神発作

  • 重度の胃食道逆流

  • 習慣的な空気嚥下

  • 心疾患(冠動脈疾患、心不全、不整脈、心臓弁膜症、および静脈から動脈系へ血液が漏れてしまう先天的な心臓異常)

  • 修復されていない鼠径(そけい)ヘルニア

  • 行動が衝動的(事故を起こしやすい)

  • 肺疾患*(喘息、肺嚢胞、肺気腫、気胸のびょれきなど)

  • 肥満

  • 高齢

  • パニック症

  • 身体障害

  • 心血管機能が低下している

  • 妊娠

  • 鼓膜が破裂している

*肺の圧外傷のリスクが高い可能性あり。

減圧症のリスクが高い。

職業ダイバーは、骨のX線検査や心肺機能、運動負荷試験、聴力検査、視力検査といった医学的な検査を追加で受けるようにします。さらに十分な潜水訓練を積むことが必須です。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP