Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

高齢者の病気

執筆者:

Richard W. Besdine

, MD, Warren Alpert Medical School of Brown University

最終査読/改訂年月 2017年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

一部の病気は、ほぼ例外なく、高齢者に起こります。(老化の概要も参照のこと。)これらは老年症候群(geriatrics syndrome)と呼ばれることがあります(「geriatrics」とは高齢者の医療を意味する言葉です)。

どの年齢の人にも起こりうる病気が、高齢者には他の年齢層の人と異なる症状または合併症を引き起こす場合もあります。そうした病気に、以下のような例があります。

  • 甲状腺機能低下症(甲状腺の活動が不十分になった状態):若い人では通常、体重が増えてだるさを感じます。高齢者では、最初の症状、または主な症状として錯乱が起こることがあります。

  • 甲状腺機能亢進症(甲状腺の活動が過剰になった状態):若い人では通常、興奮して体重が減少します。一方、高齢者では眠気、引きこもり、抑うつ、錯乱が生じます。

  • うつ病若い人では通常、悲しみ、引きこもり、著しい気分の落ち込みをもたらします。高齢者では落ち込んでいるように見えない場合があります。代わりに、錯乱、物忘れ、気力低下がみられ、日常生活に関心がなくなったり、または寂しそうにみえたりします。

  • 心臓発作若い人では通常、胸痛があります。高齢者では胸痛がない場合がありますが、呼吸困難または腹痛があります。多量の汗をかいたり、突然疲れを感じたり、意識を失ったり、または錯乱を起こしたりします。

  • 腹部穿孔胃や腸など消化管臓器が破れ(穿孔)、腹腔に重篤な感染が広がることがあります。若い人では通常、重度の腹痛と発熱がみられ、腹部が締めつけられる感じがします。一方、高齢者ではこのような症状はありません。代わりに、錯乱を起こしたり、または力が抜けるような感じがします。

このような病気により引き起こされる高齢者の錯乱は、しばしば認知症と間違われます。

高齢者には、同時に複数の病気が現れることがよくあります。それぞれの病気は互いに影響を及ぼし合います。例えば、うつ病が認知症を悪化させたり、感染症が糖尿病を悪化させたりする場合があります。

しかし、昔の高齢者が経験していたのと同じ絶望的な、または一切何もできなくなるほどの影響が病気によって起こることはなくなりました。かつては高齢者が死に至る可能性が高かった、心臓発作股関節骨折肺炎などの病気は、多くの場合、治療とコントロールが可能になっています。糖尿病、腎疾患、冠動脈疾患など慢性疾患の人の多くは、治療により身体機能が十分に残り、活動的で、自立性を保つことができます。

icon

高齢者がかかる主な病気

病気

説明

記憶力やその他の精神機能が次第に失われる。

大動脈の壁が膨張する。治療しないでいると、動脈瘤が破裂して死に至る可能性がある。

萎縮性尿道炎と腟炎

尿道の組織が薄くなり、排尿時に焼けるような痛みを感じる時がある。腟の組織が薄くなり、性交時に痛みを感じる時がある。

前立腺が大きくなり、膀胱から尿が流れ出るのを妨げる。

眼の水晶体が濁り、視力を損なう。

産生された インスリンに体が反応しない。この病気は中年期に発生することがある。インスリンによる治療は不要の場合がある。

眼の一部の圧力が高くなり視神経が損傷される。視力が徐々に低下し、失明する場合もある。通常、緑内障は中年期に発生する。

関節の軟骨が変性し、痛みが生じる。変形性関節症は通常中年期に発生する。

骨密度が低下してもろくなる。その結果、骨折しやすくなる。

脳の神経細胞がゆっくりと進行性に変性し、振戦(ふるえ)や筋肉のこわばり(硬直)が生じ、移動したり平衡を保つのが困難になる。

長く圧迫されることによりその部分の血流が減少し、皮膚が傷つく。

前立腺にがんが発生し、最終的に尿の流れを妨げる。

以前感染した水痘ウイルスが再活性化して水疱を生じ、ときに耐えがたい激痛が長期間続く。

脳の血管が詰まる、または破れる。体の片側の脱力もしくは感覚消失、片眼の視力障害、発語もしくは理解困難、平衡感覚もしくは協調運動の障害、または突然の激しい頭痛などの症状が現れる。

尿の流れをコントロールできず尿漏れを起こす。

不老の泉を求めて

誰でも、若さを保ち長生きする方法を知りたいものです。老化の原因を特定し、老化を防止する、または進行を遅らせるための手がかりを求めて、遺伝子、細胞、ホルモン、食生活などの要因に対する研究が行われています。研究により、長生きする助けになると考えられる3つの方法が特定されています。

  • 運動する

  • ある種の食べものを摂取する

  • 摂取カロリーを減らす

一般に、運動をしている人はしていない人より健康です。運動には健康面で多くの利点があり、日常生活を行う能力を改善し維持する、健康的な体重を保つ、冠動脈疾患や糖尿病などの病気を防止または先延ばしにする助けになります。すべての種類の運動の中で、高齢者にとって健康上の便益があることが最も証明されているものは、持久力運動(例、ウォーキング、サイクリング、ダンス、水泳、ローインパクト・エアロビクス)です。ウォーキングより激しい運動プログラムとして、持久力、筋力強化、バランストレーニング(例、太極拳)、柔軟性の4種類の運動からあらゆる組合せを含むものが挙げられます。その人の医学的状態や健康水準によって、行う運動を選択できるべきですが、少なくとも4種類すべての運動を含めるようにすることが推奨されます。

多くの果物と野菜を含む低脂肪食を食べている人は、脂肪やデンプンの多い食事をしている人より健康です。また、地中海沿岸諸国に暮らす人や地中海料理を食べている人は、長生きの傾向があるようです。この料理は、穀物、果物、野菜、豆類、ナッツ類、魚を多く使用し、赤身肉をあまり使わないため、一般に北欧や米国の食事より健康的と考えられています。さらに、脂肪は主にオリーブ油で摂取します。オリーブ油は多くのビタミンを含み、飽和脂肪ではなく一価不飽和脂肪です。一価不飽和脂肪は、飽和脂肪のようにコレステロールを増やしません。地中海食に関しては心臓発作、脳卒中、心血管死、糖尿病の発生を抑制することが、今やランダム化試験で科学的に証明されています。よって多くの専門家がこの食事を取り入れることを推奨しています。

低カロリー食を生涯とり続けると、体内の代謝が遅くなったり、体に損傷を与える物質が減少したりすることによって、寿命が延びる可能性があります。こうした有害物質の1つであるフリーラジカルは、細胞の正常な活動で生じた副産物です。フリーラジカルによる細胞の損傷は、老化や、冠動脈疾患やがんなどの病気に関与すると考えられています。ただし、低カロリー食が実際に人間の寿命を延ばすかどうかを調べる研究は行われていません。

これら3つの方法を実践するには、ほとんどの人にとって生活習慣の大きな変更が必要となります。したがって、多くの人は、老化を防ぐまたは遅らせる、より負担の少ない別の方法を探しています。例えば、フリーラジカルに対抗する方法などです。抗酸化物質と呼ばれる物質は、フリーラジカルを中和して細胞の損傷を防ぐ助けになります。ビタミンCとEは抗酸化物質です。そのため、老化を遅らせることを期待して、これらのビタミンを大量にサプリメントとして摂取している人もいます。ベータカロテン(体内でビタミンAになる物質)などの他の抗酸化物質も、ときにサプリメントとして摂取されます。理論的には、老化を防ぐために抗酸化物質を摂取することは理にかなっています。しかし、フリーラジカルには、免疫防御系の構成要素になるなど、体内で有益な使い道もあることが現在では判明しています。そのため、抗酸化物質を大量に摂取しても役に立たない可能性があると考えることもできます。また、ビタミンEの大量摂取は有害であるとの証拠もいくつか存在します。いずれにせよ、サプリメントとして摂取した抗酸化物質が老化を防いだり、または遅らせたりすることを示す研究はありません。 また、サプリメントとして抗酸化物質を摂取しても、心臓発作、脳卒中、またはがんなどの病気を予防できないことや、寿命が伸びないことを示す直接的な証拠があります。また、このようなサプリメントが有害でないことも証明されていません。

一部のホルモンは年齢とともに減少します。したがって、これらのホルモンのサプリメントを摂取して老化を遅らせようとする人もいます。その例として、テストステロン、エストロゲン、DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)、ヒト成長ホルモン、メラトニンが挙げられます。しかし、ホルモンサプリメントが老化に影響を及ぼすことを示す証拠はなく、一部は危険であることが明らかになっています。また、特定のホルモン濃度が低下すると体の代謝が遅くなり、それによって寿命が延びると考えている専門家もいます。

ヨガ、太極拳、気功など、東洋の健康法が寿命を延ばすと信じている人もいます。このような健康法は、健康が人間のあらゆる側面(身体的、感情的、精神的、スピリチュアル)と体内のバランスに関係しているという原理に基づいています。健康法には、リラクゼーション、呼吸法、食事、瞑想、運動などが含まれます。このような健康法は、高齢者にとって安全で、気分や体調の向上が感じられる場合も多いでしょう。しかし、このような健康法が寿命を延ばすかどうかを証明するのは困難です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP