Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

新生児の気胸

(肺の虚脱)

執筆者:

Arcangela Lattari Balest

, MD, University of Pittsburgh, School of Medicine

医学的にレビューされた 2020年 1月
プロフェッショナル版を見る

気胸とは、肺から空気が漏れて肺の周りの胸腔に空気がたまった状態です。

  • この病気は、呼吸窮迫症候群や胎便吸引症候群などの肺の病気で持続陽圧呼吸(CPAP)や人工呼吸器を使用している新生児に起こる可能性があります。

  • 肺がつぶれて呼吸困難になり、血圧が下がります。

  • 診断は、呼吸困難の有無、胸部X線検査の結果に加え、通常は新生児の血液中の酸素と二酸化炭素の量に基づいて下されます。

  • 呼吸困難のある新生児には酸素を投与し、ときに針とシリンジまたは胸腔内に入れた合成樹脂製の排液用チューブを使って胸腔から空気を除きます。

気胸は、 呼吸窮迫症候群 新生児呼吸窮迫症候群 呼吸窮迫症候群は早産児にみられる呼吸疾患で、サーファクタントという肺胞を覆う物質が産生されないか不足しているために、肺胞が拡張した状態を保てないことで起こります。 早産児や妊娠中に母親が糖尿病にかかった新生児は、呼吸窮迫症候群を発症するリスクが高くなります。 呼吸窮迫症候群の新生児には重い呼吸困難がみられ、血液中の酸素が不足しているため皮膚が青っぽくなります。 診断は、呼吸困難の有無、血液中の酸素レベル、および胸部X線検査の結果に基づい... さらに読む (特に 早産児 早産児 早産児とは、在胎37週未満で生まれた新生児です。生まれた時期により、早産児の臓器は発達が不十分であるため、子宮外で機能する準備がまだできていないことがあります。 早産の既往、多胎妊娠、妊娠中の栄養不良、出生前ケアの遅れ、感染症、生殖補助医療(体外受精など)、および高血圧などがある場合に、早産児を出産するリスクが高くなります。 多くの臓器の発達が不十分であるため、早産児では呼吸したり哺乳したりすることが難しく、脳内出血、感染症や他の異常が... さらに読む の場合)や 胎便吸引症候群 胎便吸引症候群 胎便吸引症候群とは、出生前または周産期に、肺に胎便(暗緑色の、無菌の便)を吸い込んだ新生児に呼吸困難(呼吸窮迫)がみられることをいいます。 胎児はものを食べることはありませんが、その腸内には胎便と呼ばれる無菌物質が含まれています。 胎児は出生前に羊水中に胎便を排泄することがあります。これは正常でもみられる現象ですが、酸素不足などのストレスに誘発されることもあります。 ストレスによって胎児は反射的にあえぐため、胎便を含む羊水を肺に吸い込ん... さらに読む などが原因で肺が硬くなった新生児に最も多くみられます。

ときには、 持続陽圧呼吸 閉塞性睡眠時無呼吸症候群 閉塞性睡眠時無呼吸症候群 (CPAP—自然呼吸下にわずかに加圧された空気や酸素を投与する方法)や 人工呼吸器 人工呼吸器 人工呼吸器は、肺への空気の出入りを補助するために用いる機械です。 呼吸不全の患者の一部は、人工呼吸器(肺に出入りする空気の流れを補助する機械)による呼吸の補助を必要とします。人工呼吸器によって命が助かることもあります。 人工呼吸器には、多くの使い方があります。通常は、合成樹脂製のチューブを鼻または口から気管に挿入します。人工呼吸器が数日以上必要な場合は、首の前側を小さく切開して(気管切開)、気管に直接チューブを通すこともあります。人工呼... さらに読む (肺に出入りする空気の流れを補助する機械)を用いた際の合併症として起こることもあります。気胸が生じると、肺がつぶれて呼吸が困難になる可能性があります。肺と胸壁の間の空間にある程度の空気がたまると、心臓に血液を送る静脈が圧迫されます。そうなると心房や心室内の血液量が少なくなり、心臓が送り出す血液の量も減少して新生児の血圧が下がります。

その他のエアリーク症候群

空気が肺から他の組織に漏れる(エアリーク)ことがあります。このような病態はエアリーク症候群と呼ばれます。

他のエアリーク症候群には、間質性肺気腫(肺胞間の肺組織に空気が漏れる)、心嚢気腫(心臓の周りの袋に空気が漏れる)、まれに気腹症(腹腔内に空気が漏れる)、皮下気腫(皮膚の下に空気が漏れる)などがあります。

症状

診断

  • 透光性陽性

  • 胸部X線検査

多くの新生児では症状がみられないため、肺の基礎疾患がある新生児や、持続的気道陽圧(CPAP)や人工呼吸器による治療中の新生児に呼吸窮迫の悪化や血圧の低下、またはその両方が起きている場合に気胸が疑われます。新生児を診察すると、気胸のある方の肺で空気が出入りする音が弱まっているのが分かります。

早産児の場合、医師は暗くした部屋の中で、症状がある方の胸を光ファイバーの照明で照らして調べることがあります(透光性)。その目的は、肺の周り(胸腔)に空気が存在するかどうかを見ることです。新生児の気胸の診断を確定するには、胸部X線検査が行われます。

治療

  • 酸素

  • ときに胸腔からの空気の除去

気胸でも、症状が出ていない新生児は治療の必要はありません。

症状が軽い満期産児は、酸素を流した小さいテント(酸素フード)の中に入れるか、両鼻腔に入れた二又のチューブから酸素を投与することで、室内の空気より高い酸素濃度の空気を吸えるようにします。一般に、血液中の十分な酸素レベルを維持するのに十分な量の酸素が与えられます。しかし、新生児が苦しそうに呼吸している場合や血液中の酸素レベルが低下している場合、特に血液循環が悪い場合は、胸腔内の空気をすぐに取り除かなくてはなりません。針とシリンジを用いて胸腔から空気を取り除きます。重症の呼吸窮迫のある新生児、CPAPや人工呼吸器を使用している新生児では、胸に合成樹脂製のチューブを入れて持続的に空気を吸引、除去する必要があります。このチューブはたいてい数日間で外せます。

縦隔気腫はX線検査で分かり、特に治療の必要はありません。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP