honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

新生児の風疹

(先天性風疹)

執筆者:

Brenda L. Tesini

, MD, University of Rochester School of Medicine and Dentistry

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

風疹は小児期にかかる一般的な軽いウイルス感染症ですが、生まれる前に感染した乳児の場合、深刻な結果に至ることがあります。

  • 風疹の原因はウイルスです。

  • 妊娠中のどの時期に感染したかによって、胎児または新生児には異なる症状がみられることがあります。

  • 血液や他のサンプルの検査を行うことで、胎児、新生児、または母親のウイルスを検出できます。

  • 妊娠前に母親にワクチンを接種すると、胎児の感染を防ぐことができます。

  • この感染症に対する特別な治療法はありません。

新生児の感染症の概要とより年長の小児および成人の風疹も参照のこと。)

新生児が風疹にかかった状態で生まれた場合、この感染症は先天性風疹と呼ばれます。先天性風疹では、妊娠最初の16週間(特に初めの8~10週間)に妊婦が感染すると、ウイルスが胎盤(胎児に栄養を供給する器官)を通って胎児に移行します。こうして胎児が感染すると、流産死産、または複数の重度の先天異常の原因となります。感染が妊娠の早い段階で起こるほど、重度の異常が生じるリスクが高くなります。

米国では、すべての女児と若年女性に風疹ワクチンが接種されるようになったため、先天性風疹はまれです。

症状

妊娠中のどの時期に胎児が感染したかに応じて、まったく症状がないこともあれば、死産に至ることもあります。生き延びた乳児にも、複数の先天異常がみられることがあります。これらの先天異常は、先天性風疹症候群と呼ばれます。

新生児の先天性風疹症候群の最も一般的な症状には、以下のものがあります。

診断

  • 母親の血液中の抗体レベルを測定する検査

  • 胎児の羊水または血液の検査

  • 抗体レベルを測定し、新生児にウイルスがいるかを調べる検査

すべての妊婦に対し、妊娠早期に血液検査によるスクリーニングが行われ、そこで風疹への免疫の有無が確認されます。風疹ウイルスに対する抗体をもたず、風疹の症状を発症した女性ではこの検査が再度行われます。

胎児には、羊水または血液を検査することで、出生前に診断を下すことができます。

先天性風疹症候群の疑いのある新生児には、抗体レベルを測定する血液検査を行う必要があり、ウイルスの有無を調べるためにサンプルが採取されることがあります。

新生児のその他の検査として、腰椎穿刺のほか、先天性風疹症候群による異常を調べるために骨のX線検査が行われることがあります。新生児には眼と心臓の徹底的な診察を行う必要もあります。

予防

すべての女児と妊娠可能年齢の女性に対し、妊娠前に風疹ワクチンを接種することでこの感染を予防できます。

風疹に対する免疫のない妊婦は、風疹にかかっているすべての人を避けるようにし、出産したらすぐにワクチン接種を受けることで、将来の妊娠時には免疫をもつことができます。このワクチンは生きたウイルスを含んでおり、胎児に感染する可能性があるため、妊婦がワクチンを受けることはできません。このようなリスクがあることから、風疹ワクチンの接種を受けた女性は、接種から少なくとも28日間は妊娠しないよう確実に避妊する必要があります。

風疹に対する免疫のない妊婦が妊娠の初期に風疹感染者と濃厚な接触をもってしまった場合は、免疫グロブリンを注射すると、感染の予防に役立つことがあります。

治療

  • 患児の支援

特別な治療法はありません。

先天性風疹症候群の新生児に対して行うべき支援やケアは、新生児の重症度によって異なります。複数の合併症がある小児には、専門家から成るチームによる早期治療が必要です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP