Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

新生児の肺炎

執筆者:

Brenda L. Tesini

, MD, University of Rochester School of Medicine and Dentistry

最終査読/改訂年月 2018年 11月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

肺炎は、肺にある小さな空気の袋(肺胞)やその周辺組織に発生する感染症です。

  • この感染症は、細菌、ウイルス、または真菌が原因で起こります。

  • 新生児には、感染した時期に応じて様々な症状が現れます。

  • 診断は、胸部X線検査と血液検査の結果に基づいて下されます。

  • この感染症の治療には抗菌薬が投与されます。

肺炎は、敗血症 新生児の敗血症 敗血症とは、血液の感染症です。 敗血症にかかった新生児は、一般に元気がない、つまりぼんやりしていて哺乳が不良であり、多くの場合皮膚が灰色になるほか、発熱または低体温がみられることもあります。 診断は症状と血液中の細菌、ウイルス、または真菌の存在に基づいて下されます。 治療では抗菌薬が投与されるほか、支持療法として、輸液、赤血球や血漿の輸血、呼吸補助(人工呼吸器を使用する場合があります)、血圧を維持する薬の投与などが行われます。... さらに読む 後の新生児における最も一般的かつ重篤な細菌感染症です。出生時または出生から数時間以内に発症する肺炎は、早発型肺炎と呼ばれます。生後7日目以降に発症する肺炎は、遅発型肺炎と呼ばれます。遅発型肺炎は、肺に問題があるために呼吸用のチューブ(気管挿管— 人工呼吸器 人工呼吸器 人工呼吸器は、肺への空気の出入りを補助するために用いる機械です。 呼吸不全の患者の一部は、人工呼吸器(肺に出入りする空気の流れを補助する機械)による呼吸の補助を必要とします。人工呼吸器によって命が助かることもあります。 人工呼吸器には、多くの使い方があります。通常は、合成樹脂製のチューブを鼻または口から気管に挿入します。人工呼吸器が数日以上必要な場合は、首の前側を小さく切開して(気管切開)、気管に直接チューブを通すこともあります。人工呼... さらに読む 人工呼吸器 を参照)を必要とする新生児集中治療室 新生児集中治療室(NICU) 新生児の問題は、以下の時期に生じることがあります。 胎児として成長している出生前 陣痛および分娩時 出生後 新生児の約10%は、未熟児であること、胎児期から新生児期への移行に際する問題、低血糖、呼吸困難、感染症、およびその他の異常のために出生後に特別なケアを必要とします。専門的なケアはしばしば、新生児集中治療室(NICU)で提供されます。 さらに読む (NICU)の新生児に最もよくみられます。呼吸用のチューブを使用していると肺炎のリスクが高まります。

肺炎は、肺に侵入する細菌、ウイルス、真菌などの様々な微生物によって引き起こされます。新生児は母親の産道を通過したときか、NICUまたは新生児室で微生物にさらされたときに感染します。

症状

細菌性肺炎の症状は、感染が起こった時期によって異なります。

遅発型肺炎の新生児は原因不明の呼吸障害を呈し、酸素投与や、より強力な呼吸補助が必要になることがあります。たん(粘り気が強いまたは変色した粘液)の量は増加し、質が変化します(例えば、より粘性が増し、茶色くなります)。乳児の状態は非常に悪くなり、体温が不安定になり、血球数が異常になることがあります。

診断

  • 胸部X線検査

  • 血液検査

  • パルスオキシメトリー

  • たんの検査

肺炎を診断するため、医師は胸部X線検査を行います。医師はまた、血液中に細菌がいるか調べるために血液検査も行います。肺炎の乳児では血液中の酸素レベルが低くなるため、医師は新生児の指または耳たぶにセンサーを装着して血液中の酸素レベルを測定します。この検査で使用する機器はパルスオキシメーター パルスオキシメトリー 動脈血ガス検査では、動脈血中の酸素と二酸化炭素レベルを測定し、動脈血の酸性度(pH)を判定します。針で動脈から血液を採取する際は、数分の間不快感を伴うかもしれません。通常は、手首の動脈(橈骨動脈)から血液を採取します。肺がどの程度酸素を血液中に取り込めているか、どの程度二酸化炭素を血液中から排出できているかを知るには、酸素レベル、二酸化炭素レベル、酸性度が重要な指標となります。... さらに読む と呼ばれます。医師はまた、たんのサンプルを採取し、細菌がいるか調べる検査を行うこともあります。

予防

遅発型肺炎は、新生児に呼吸用のチューブを使用する時間を制限することで多くの場合予防できます。手洗い、手袋の使用、皮膚や表面の消毒も、遅発型肺炎の予防に役立つ場合があります。

治療

  • 抗菌薬の静脈内投与

  • ときに、人工呼吸器の使用またはその他の治療

新生児の肺炎を治療するため、医師は抗菌薬を静脈内投与します。微生物の種類が特定された場合、医師は抗菌薬の種類を調整することがあります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP