Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

新生児の結膜炎

(新生児結膜炎、新生児眼炎)

執筆者:

Brenda L. Tesini

, MD, University of Rochester School of Medicine and Dentistry

最終査読/改訂年月 2018年 11月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

結膜炎とは、結膜(まぶたの裏側と白眼を覆う膜)の炎症です。

  • 結膜炎は、細菌、ウイルス、または化学物質への反応によって引き起こされます。

  • 症状は様々ですが、眼の炎症や目やになどがみられることがあります。

  • 診断は通常、眼の外観に基づいて下されます。

  • 感染は、出生後に点眼薬または眼軟膏を使用することで予防できることがあります。

  • 感染症の治療には抗菌薬や抗菌薬軟膏が使用されます。

眼の内部の構造

眼の内部の構造

原因

新生児の結膜炎は、感染または眼に入った化学物質への反応によって引き起こされます(後者は化学性結膜炎と呼ばれます)。感染症は、細菌またはウイルスによって引き起こされます。

母親の腟に特定の細菌が存在する場合、分娩中にそれが新生児に感染することがあります。そのような細菌の例として、クラミジア クラミジア感染症とその他の感染症 クラミジア感染症には、クラミジア・トラコマチス Chlamydia trachomatisという細菌により生じる、尿道、子宮頸部、直腸の性感染症などがあります。これらの細菌は、白眼の部分を覆う膜(結膜)やのどにも感染します。ウレアプラズマ属 Ureaplasmaやマイコプラズマ属 Mycoplasmaなどの他の細菌が尿道の感染症を引き起こすこともあります。 症状には、陰茎や腟からの分泌物、排尿時の痛みや頻尿などがあります。... さらに読む クラミジア感染症とその他の感染症 肺炎球菌 レンサ球菌感染症 レンサ球菌感染症は、レンサ球菌属 Streptococcusの細菌によって引き起こされる感染症です。これらのグラム陽性の球状細菌(球菌)は、レンサ球菌性咽頭炎、肺炎のほか、創傷、皮膚、心臓弁、血流の感染症など、多くの病態を引き起こします。 種類の異なる菌株が異なった経路で拡大し、例えば、せきやくしゃみ、感染が生じた傷や褥瘡(床ずれ)、経腟分娩(母親から新生児へ)を介して感染します。... さらに読む インフルエンザ菌 インフルエンザ菌(Haemophilus influenzae)感染症 グラム陰性細菌の一種であるインフルエンザ菌 Haemophilus influenzaeは、気道の感染症を引き起こし、それが他の臓器に広がることもあります。 この感染症はくしゃみ、せき、接触によって広がります。 この細菌は中耳の感染症や副鼻腔炎のほかにも、髄膜炎や喉頭蓋炎、さらには呼吸器感染症など、より重篤な感染症を引き起こします。 血液や感染組織のサンプル中でこの細菌が特定されれば、診断が確定します。... さらに読む 淋菌 淋菌感染症 淋菌感染症(淋疾、淋病)は淋菌 Neisseria gonorrhoeaeという細菌による性感染症で、尿道、子宮頸部、直腸、のどなどの粘膜や、眼の前部を覆う膜(結膜と角膜)を侵します。 通常は性的接触により感染します。 通常は、陰茎や腟から分泌物が生じたり、頻尿になったり、急に尿意を催したりします。 まれに、淋菌が関節、皮膚、心臓に感染することもあります。 分泌物の顕微鏡検査や培養検査、DNA検査のほか、尿のDNA検査により感染を発見す... さらに読む 淋菌感染症 などが挙げられます。

化学性結膜炎は、感染予防のために新生児に投与される点眼薬に対する反応です。

症状

結膜炎の症状は、感染症の原因によって異なります。

クラミジアによる結膜炎は通常、生後5~14日目に始まりますが、遅ければ6週目以降にやっと現れることもあります。新生児のまぶたは腫れ、多量の膿を含む水っぽい目やにが出ます。この感染症は、ときに重症化します。

淋菌による結膜炎は通常、生後2~5日目に始まります。新生児のまぶたには重い炎症がみられ、化膿性の目やにがみられます。治療しないと、失明することもあります。

点眼薬などの化学物質による結膜炎は、通常、点眼から6~8時間以内に始まり、2~4日以内に自然に消失します。

その他の細菌による結膜炎は、生後4日目から数週間で始まります。

診断

  • 目やにの検査

医師は新生児の症状と眼の外観を評価します。

目やにのサンプルが検査室に送られ、そこで原因微生物が特定されます。

予防

米国では、淋菌 Neisseria gonorrhoeaeによる結膜炎の予防のため、出生後にすべての新生児でエリスロマイシンの軟膏または点眼薬が左右の眼に投与されます。他の国では、硝酸銀、テトラサイクリン、またはポビドンヨードが使用されることもあります。ポビドンヨードを除き、これらの薬剤でクラミジア Chlamydiaによる結膜炎を予防することはできません。

淋菌感染症の治療を受けていない女性から生まれた新生児は、まだ病気ではなくてもセフトリアキソンという抗菌薬の単回注射を受ける必要があります。

治療

  • 抗菌薬

クラミジア Chlamydiaによる結膜炎の場合、エリスロマイシンまたはアジスロマイシンという抗菌薬が経口投与されます。

淋菌 Neisseria gonorrhoeaeによる結膜炎の場合、入院させて、セフトリアキソンまたはセフォタキシムという抗菌薬を静脈内に注射します。

他の細菌による結膜炎には、ポリミキシン + バシトラシン、エリスロマイシン、またはテトラサイクリンを含む軟膏が使用されます。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP