Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

新生児の単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症

(新生児単純ヘルペスウイルス感染症)

執筆者:

Brenda L. Tesini

, MD, University of Rochester School of Medicine and Dentistry

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

単純ヘルペスウイルス感染は通常、健康な成人では不快な水疱を繰り返し生じさせる程度に過ぎませんが、新生児では重症感染症を引き起こすことがあります。

  • 新生児は、出生時または出生後に感染します。

  • 主な症状は、水疱性の発疹です。

  • 診断は通常、水疱から採取されたサンプルの検査結果に基づいて下されます。

  • 治療しなければ、多くの小児が死亡します。

  • 感染の拡大を防ぐために、感染した女性は帝王切開で出産することがあります。

  • 単純ヘルペスウイルスに感染した新生児には、抗ウイルス薬のアシクロビルが投与されます。

通常、単純ヘルペスウイルス(HSV)は、感染した母親の産道・外陰部から感染します。感染している母親は、たとえヘルペスの症状がまったくなくても、子どもに感染を広める可能性があります。ときに、新生児が活動性の感染症のある人からうつされて、出生後に感染することもあります。新生児では、HSV感染症は死亡または慢性的な問題を引き起こすおそれがあります。

症状

単純ヘルペスウイルス感染症の症状は通常、生後1~3週間の間に始まりますが、まれに4週目になってやっと現れることもあります。通常、最初の症状は小さな水疱状の発疹です。水疱は口の中や眼の周りにできることもあります。

新生児の単純ヘルペスウイルス感染症における潰瘍と水疱の例

一部の新生児では、特定の領域のみに感染することがあります(局所感染)。例えば、眼、皮膚、または口のみに感染することがあります。ときに、脳と神経系だけに感染することもあります。局所感染を治療しなかった場合、広範な感染に至ることがあります。

あるいは、広がって多くの領域に感染することもあります。このような乳児では、眼、肺、肝臓、脳、皮膚などの臓器がすべて感染します。症状として、活動性の低下、筋肉の緊張の低下、呼吸の問題、呼吸の停止(無呼吸)、けいれん発作などがみられます。

診断

  • 水疱や他の体液のサンプルの検査

単純ヘルペスウイルス感染症を診断するため、医師は水疱や他の体液のサンプルを採取し、そのサンプルを検査室に送って単純ヘルペスウイルスを特定する検査を行います。

新生児の脳に感染している疑いがある場合、腰椎穿刺(図腰椎穿刺の方法を参照)により髄液のサンプルが採取されることがあります。

予後(経過の見通し)

新生児のヘルペス感染症は、治療しなければ、通常は進行して深刻な問題をもたらします。ヘルペス感染症が広範囲に及んでいる患児は、治療しなければ約85%が死亡します。脳に感染のある新生児は、治療しなければ約50%が死亡します。感染が皮膚、眼、または口に限局している新生児が死亡することはあまりありません。広範な感染症または脳感染症を治療しなければ、生き延びたとしても、65%以上の新生児に深刻な神経学的問題が残ります。

抗ウイルス薬による適切な治療は、死亡率を低下させ、小児が正常に発達する可能性を大幅に高めます。

予防

母親から新生児への感染を防ぐ努力はあまり効果がありません。ただし、分娩に近い時期に性器に水疱がある女性は、単純ヘルペス感染症の検査を受ける必要があります。

妊婦が分娩時に活動性のヘルペス感染症にかかっている場合は、新生児が感染するリスクを低下させるために帝王切開が行われることがあります。また、分娩中に胎児の頭皮に取り付けるモニターは、頭皮を傷つけ感染を広げるおそれがあるため、使用されません。活動性のヘルペス感染症のある女性から生まれた新生児は、単純ヘルペスウイルス感染症の検査を受ける必要があります。

抗ウイルス薬のアシクロビルまたはバラシクロビルを出産前の最後の数週間に妊婦に投与することで、出産時の再発を予防し、帝王切開の必要性を減らすことができます。

治療

  • アシクロビル

抗ウイルス薬のアシクロビルは、感染した新生児の静脈内へ(静注で)3週間、その後経口で6カ月間投与されます。この薬剤により感染症を治すことはできませんが、感染の拡大を防ぎ、症状を抑えることができます。

眼の感染症には、トリフルリジン、イドクスウリジン、またはビダラビンの点眼薬も使用されます。

必要に応じて、輸液や呼吸補助などの追加のケアも行われます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP