Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

新生児のトキソプラズマ症

(先天性トキソプラズマ症)

執筆者:

Brenda L. Tesini

, MD, University of Rochester School of Medicine and Dentistry

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

トキソプラズマ症は、寄生虫であるトキソプラズマ原虫による感染症です。通常、健康な成人で問題となることはありませんが、新生児や免疫機能が低下している人に重篤な病気を引き起こすことがあります。

  • トキソプラズマ症は、ネコの体内に生息し、そこで増殖する寄生虫が原因です。

  • 胎児は早産で生まれることがあり、新生児には頭が小さい、肝臓が肥大しているなどの問題がみられることがあります。

  • 血液や他の体液の検査を行うことで、胎児、新生児、または母親のウイルスを検出できます。

  • この感染症は、小児を死に至らしめたり、長期的な神経学的問題をもたらしたりします。

  • 妊婦は猫のトイレを避け、食べる肉は完全に火を通す必要があります。

  • 感染症の治療のため、胎児または新生児に抗寄生虫薬が投与されることがあります。

新生児の感染症の概要と成人のトキソプラズマ症も参照のこと。)

トキソプラズマ原虫 Toxoplasma gondiiという寄生虫は主にネコの体内に生息し、そこで増殖し、卵はネコの糞とともに排泄されます。ネコの糞は食べもの、土、水に混入していることがあります。妊婦が寄生虫の混入したネコのトイレや土などに触れた後に、手を洗わずに口を触ったりものを食べたりすると、トキソプラズマ原虫 Toxoplasmaの虫卵を飲み込んでしまい、感染が起こります。妊婦は、生の肉や加熱調理が不十分な肉、または寄生虫の混入したその他の食品を食べることで感染することもあります。妊娠中にトキソプラズマ原虫 Toxoplasma gondiiが胎盤(胎児に栄養を供給する器官)を通過すると、胎児に感染します。

妊娠前に感染した女性では、(HIV感染症などにより)免疫機能が低下して感染症が再活性化している場合を除き、一般に寄生虫が胎児に感染することはありません。

妊娠の初期に胎児に感染した場合、胎児の感染症はより重症化します。

トキソプラズマ原虫 Toxoplasma gondii のライフサイクル

  • 1a.虫卵はネコの糞とともに排出されます。多数の虫卵が排泄されますが、その期間は通常、1~2週間だけです。環境内で1~5日が経過した後、虫卵は感染を起こせるようになります。

  • 1b.ネコは虫卵で汚染された食べものや他のものを食べて再感染することがあります。

  • 2.他の動物(野鳥、げっ歯類、シカ、ブタ、ヒツジなど)が、汚染された土、水、植物、またはネコのトイレに存在している虫卵を体内に取り込むことがあります。

  • 3.虫卵は動物の体内に入ってすぐ、移動できる形態の寄生虫(タキゾイト)を放出します。

  • 4.タキゾイトは動物の体内に広がり、神経や筋肉組織でシストを作ります。

  • 5.ネコがこのシストを含んだ動物を食べると感染します。

  • 6a.人間が、こうしたシストを含む肉を加熱調理が不十分な状態で食べ、感染することもあります。

  • 6b.また、人間がネコの糞で汚染された食べものや水、または他のもの(土など)を食べたり、ネコのトイレを扱った手で口を触ったりすることで感染することもあります。

  • 7.まれに、寄生虫を含む輸血や臓器移植を受けて感染することもあります。

  • 8.まれに、母親から子に伝染することがあります。

  • 9.人間の場合、寄生虫は筋肉や心臓、脳、眼などの組織でシストを形成します。

トキソプラズマ原虫  <i >Toxoplasma gondii</i> のライフサイクル

症状

胎児の発育は遅く、胎児が早産で生まれることがあります。

通常、出生時に新生児は無症状ですが、次のようないくつかの症状がみられることもあります。

  • 頭が小さい(小頭症

  • 脳の炎症

  • 黄疸(皮膚や眼が黄色くなる)

  • 肝臓や脾臓の腫大

  • 心臓、肺、または眼の炎症

  • 発疹

眼の炎症(脈絡網膜炎)は失明につながる可能性があります。けいれん発作をはじめとする重度の神経学的問題が生じることがあります。小児に知的障害がみられることもあります。

先天性トキソプラズマ症の小児は、重症で生後まもなく死亡することもあれば、何カ月または何年も症状が現れないこともあります。その一方で、まったく病気にならない小児もいます。

診断

  • 母親に対して:血液検査

  • 胎児に対して:羊水の検査

  • 新生児に対して:血液やその他の体液の検査、脳画像検査、腰椎穿刺、眼の検査

妊婦におけるトキソプラズマ症の診断は通常、寄生虫に対する抗体を検出する血液検査の結果に基づいて下されます。(抗体とは、寄生虫などによる攻撃から体を守るために免疫系が作り出すタンパクです。)

胎児が感染しているかどうかを確認するには、胎児の周囲を満たしている液体(羊水)を採取し、寄生虫に対する抗体や寄生虫の遺伝物質(DNA)がないかを調べます。通常、この検査は妊娠18週目以降に行われます。

一部の州では、乾燥させた血滴を用いた新生児スクリーニング検査が必須化されており、一見健康な新生児に感染が見つかることがあります。医師が新生児への感染を疑う場合、血液や脳と脊髄を覆う液体(髄液)の検査を行います。髄液を採取するために、医師は腰椎穿刺を行います。その他の体液や胎盤の検査が行われることもあります。医師は、トキソプラズマ症に典型的な異常を探すため、脳のCT検査またはMRI検査などの画像検査を行います。新生児には、眼科医(あらゆる種類の眼疾患の評価と治療を専門とする医師)による完全な眼の診察と聴覚検査も行われます。

予後(経過の見通し)

重症の感染症により早期に死亡する小児もいれば、生き延びても長期的な神経学的問題が残る小児もいます。ときに、出生時に正常に見えた小児であっても、神経学的問題(知的障害難聴けいれん発作など)または脈絡網膜炎などの眼の問題が何年も経った後に現れることがあります。そのため、先天性トキソプラズマ症の小児は、乳児期を過ぎても医師による注意深いモニタリングを受ける必要があります。

予防

妊婦はネコのトイレに近づかないようにするべきです。それができない場合、ネコが排泄してから約24時間はトキソプラズマ症の虫卵に感染力がないため、妊婦はトイレの砂を毎日完全に交換する必要があります。その際、感染のリスクを減らすために手袋を着用し、その後は念入りに手を洗う必要があります。

妊婦は、肉を食べる前に完全に火を通す必要があります。果物と野菜は徹底的に洗うか皮をむき、何らかの食品を扱った後はすぐに手洗いをする必要があります。

胎児に感染するリスクを減らすため、感染した妊婦にはスピラマイシンが処方されることがあります。しかし、この薬剤によって胎児を治療することはできません。

治療

  • 胎児に対して:ピリメタミンとスルホンアミド系薬剤

  • 新生児に対して:ピリメタミン、スルファジアジン、ロイコボリン

胎児が感染している場合は、妊娠の後期にピリメタミンとスルホンアミド系薬剤が投与されます。

感染した新生児には、症状の有無にかかわらず、ピリメタミン、スルファジアジン、ロイコボリン(ピリメタミンの副作用を予防する薬)が投与されます。

眼の炎症には、ときにコルチコステロイドが使用されます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP