Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

生後最初の数日間

執筆者:

Deborah M. Consolini

, MD, Sidney Kimmel Medical College of Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

母親と新生児は通常、病院で1~2日間を過ごしますが、この間に両親は新生児の食事、入浴、着替えなどについて学び、その行動や発しているしぐさ、声に親しんでいきます。

親は退院前に、臍帯(へその緒)、割礼、皮膚、排尿、排便、体重に関する日常的なケアを学びます。

臍帯(へその緒)

臍帯を留めていたプラスチック製の臍帯クランプは、生後24時間以内に外します。残った臍帯は清潔で乾いた状態にしておく必要があります。アルコール溶液や他の消毒液で断端をふくことはもはや勧められていません。臍帯の残った部分は1~2週間のうちに自然にとれます。臍帯に感染が起こることもまれにあるため、医師はその部分が赤い、腫れている、あるいは分泌物が出ているなどの徴候をすべてチェックします。

割礼

割礼(包皮環状切除術)を希望する場合は、通常新生児が退院するまでの生後数日間のうちに行います。新生児の割礼を行うかどうかは、両親の信仰や考え方によります。医学的理由で割礼を行うのは、包皮が異常にきつくて尿の流れを妨げる場合です。割礼を受けた男性は陰茎がんおよび尿路感染症にかかるリスクが低下しますが、このようなリスクは清潔にすれば最小限にとどめられます。

男児1000名のうち2~20名には通常軽い出血や局所の感染など多少の合併症が起こります。しかし重篤な感染症を引き起こしたり、傷あとを残したり、非常にまれですが陰茎の先端を誤って切断してしまうこともあります。割礼を受けなかった男性の数と同数の人が、後に包皮環状切除術が必要になります。

新生児に排尿がみられない場合や出血性の病気がある場合、陰茎に何らかの異常がある場合は割礼を行うべきではありません。後に形成外科的な修復が必要となった場合、包皮が必要になることもあるからです。母親が妊娠中に抗凝固薬やアスピリンなど出血のリスクを高める薬剤を服用していた場合は、新生児の割礼は延期すべきです。手術は、これらの薬剤が新生児の体から完全に排出されるまで待たなくてはなりません。

皮膚

生後最初の1週間、たいていの新生児には軽度の発疹がみられます。発疹は、衣類でこすられる部分、つまり腕、脚、背中などに多く現れますが、まれに顔面に出る場合もあります。この発疹は自然に治ります。ローションやパウダーを塗ったり、香料入りの石けんを使ったり、おむつの上から防水性素材のパンツをはかせたりすると、発疹を悪化させます。特に暑い季節はその傾向が強くなります。数日たつと、特に手首と足首のしわの部分で、しばしば皮膚が乾燥したりむけたりすることがあります。

他に異常のみられない新生児で、生まれて第1日目以降に、皮膚が黄色っぽくなる(黄疸)ことがあります。黄疸が現れる理由は、子宮内にいたときの肝臓の働きが出生後に変わっていくためです。 生後24時間以内に現れる黄疸は特に問題で、もっと重篤な病気の徴候である場合があります。新生児に黄疸がみられた場合、通常血液検査を行い、胆汁中の主な色素であるビリルビンの値を測ります。ビリルビン値がある特定の値を超えた場合は、新生児を裸にして光線の下に置く、光線療法を開始します。光線療法は2日から1週間必要です。

排尿と排便

新生児が生後2日間に排泄(はいせつ)する尿は濃度が高く、しばしば「尿酸塩」と呼ばれる化学物質が含まれており、そのためにおむつがオレンジ色やピンク色になることがあります。生後24時間以内に新生児が排尿をしない場合、その原因を調べます。排尿開始の遅れは男児によくみられます。

新生児の最初の腸からの排出物は、粘り気のある緑色がかった黒い物質で胎便といいます。すべての新生児は、生後24時間以内に胎便を排泄するはずです。生後24時間以内に胎便を排泄しない場合、医師は検査を行って病気がないか調べます。例えば、ときおり先天異常のため腸管が閉塞していることがあります。

体重

ほとんどの新生児は生後数日の間に、体重が出生時に比べ5~7%程度減少します。その理由のほとんどは、水分が尿として失われるためですが、胎便が排泄されることも理由の1つです。 母乳で育っている新生児は約2週間、人工乳で育っている新生児は約10日で出生体重に戻ります。その後、生後数カ月間は、1日20~30g体重が増えなくてはなりません。生後約6カ月には、体重が2倍になっていなければなりません。

退院

米国では、出産後24~48時間以内に新生児を退院させるのが普通です。48時間以内に退院した場合、2~3日後に医師の診察を受ける必要があります(小児の健診を参照)。退院が48時間より後の場合は生後2週目に診察を受け、何か具体的な問題(哺乳不良、便秘下痢黄疸など)があればそれまでに診察を受けます。

普通は小児科医が退院の許可を出します。退院前に、どういうときに小児科医に電話するのがよいのか分かりやすく親に説明します。例えば、がある(肛門で体温を測ります)、呼吸が苦しそうである、食欲がない、胆汁を吐く(黄緑色のものを吐く)、皮膚の色が青くなる(チアノーゼ)場合は、すぐに小児科医に電話すべきです。

退院して家に戻ると、乳児を迎えることで家族全員にいろいろな生活の変化が求められます。それまで子どもがいなかった家庭の場合、乳児を迎えたことで生活は一変するでしょう。すでに子どもがいる家庭の場合、その子どもたちが乳児にやきもちをやくことがあります。子どもたちに乳児を迎える心の準備をさせると同時に、親がその子にも十分な関心を向けてあげ乳児の世話にも参加させると、子どもも新しい変化を受け入れやすくなります。ペットに関しても、乳児を受け入れられるよう注意を払ってやる必要があります。ペットを乳児から遠ざけておくことも必要でしょう。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP