Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

心房中隔欠損症と心室中隔欠損症

(ASD、VSD)

執筆者:

Jeanne Marie Baffa

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

心房中隔欠損症と心室中隔欠損症とは、心臓の右側と左側を隔てる壁(中隔)に孔が開いた状態です。

  • その孔は、上側の2つの心腔を隔てる壁にみられることもあれば、下側の2つの心腔を隔てる壁にみられることもあります。

  • 欠損孔の多くは小さいもので、症状を示さず、治療をしなくても閉鎖します。

  • 診断は、典型的な心雑音(狭窄もしくは漏れのある心臓弁または異常な心臓の構造を通る血液の乱流によって生じる音)に基づいて疑われ、心エコー検査によって確定されます。

  • 自然に閉じない中隔欠損症は、カテーテルで栓または他の特殊なデバイスを挿入するか、手術によって閉鎖しなければならないことがあります。

心房中隔欠損症の欠損孔は、左右2つの心房(心臓の外から戻ってきた血液が流れ込む心臓の上部の心腔)の間に生じます。

心室中隔欠損症の欠損孔は、左右2つの心室(血液を心臓外に送り出す心臓下部の心腔)の間に生じます。

これらの孔は典型的には、血液の左右短絡を引き起こしますが、これはつまり、すでに肺で酸素を取り込んだ血液の一部がその孔を通って再び肺に戻ってしまうことを意味します。この短絡は非効率的で、肺への血流量が過剰になることで症状を引き起こす場合があります。

心房中隔欠損症の中には、卵円孔(出生前に存在する上の心腔間の正常な孔)が伸びているだけのものもあります。これらの異常(卵円孔開存)のほとんどは、生後3年以内に自然に閉鎖しますが、ときには成人期まで持続します。通常、心房間に本当に孔が開いている場合(真の心房中隔欠損)は、閉鎖しません。

心室中隔欠損症は、下の心腔間を隔てる壁の様々な位置に発生します。自然に閉鎖する可能性が高い場合(例えば、筋性部心室中隔欠損症と呼ばれるもの)もあれば、そうでない場合もあります。

中隔欠損症:心臓の壁の孔

中隔欠損症とは、心臓を左側と右側に隔てている壁(中隔)に孔が開いている状態です。心房中隔欠損症は、心臓の上側にある左右2つの部屋(心房)の間に孔が開いている状態です。心室中隔欠損症は、心臓の下側にある左右2つの部屋(心室)の間に孔が開いている状態です。いずれのタイプでも、全身に送り出されるはずだった酸素の豊富な血液の一部が短絡路に流れてしまいます。これらの血液は全身に送り出されずに肺に戻ってしまうのです。

中隔欠損症:心臓の壁の孔

心臓の異常の概要も参照のこと。)

症状

心房中隔欠損症

通常、心房中隔欠損症の乳児や小児に症状が現れることはありません。まれに、心房中隔欠損症の小児では成長に遅れがみられます。

しかし、成人期早期または中年期には、治療されていない心房中隔欠損症(特に大きいもの)は、脳卒中や肺の高血圧(肺高血圧症)につながる可能性があります。心臓の左側が自然に硬くなり、より多くの血液を孔から押し出して肺に戻すようになるため、比較的小さな心房中隔欠損症でさえ、時間が経つにつれ重篤化する可能性があります。

心室中隔欠損症

心室中隔の欠損孔の大きさは様々で、心雑音が聴取されるものの症状は伴わない小さな孔から、早期に症状を引き起こす大きな孔まであります。比較的大きな心室中隔欠損症による症状は通常、生後6~8週で現れ、速い呼吸、哺乳困難、哺乳や食事中の発汗、体重増加の遅れなどがみられます。このような症状がみられれば、小児が心不全心不全:拍出と充満の異常)を起こしている可能性があります。

治療しないでいると、繰り返す肺の感染症や肺血管の圧力上昇(肺高血圧症)を引き起こし、肺高血圧症はやがて生涯にわたるものになり、多くの合併症と余命の短縮につながります。

ときに、大動脈弁に影響を与えるほど大動脈弁の近くに欠損孔がみられることがあります。影響を受けた大動脈弁からは、血液が漏れ始めることがあります(大動脈弁逆流症と呼ばれます)。大動脈弁逆流症があると、全身に向けて送り出された血液の一部が心臓に戻ってしまいます。大動脈弁逆流症は、治療しないと心不全を引き起こすおそれがあります。

診断

  • 心エコー検査

しばしば、聴診で特定の種類の心雑音が聞こえた場合に中隔欠損症が疑われます。心雑音とは、狭窄もしくは漏れのある心臓弁または異常な心臓の構造を通る血液の乱流によって生じる音です。

心房中隔欠損症および心室中隔欠損症のいずれも、心エコー検査を行って診断を確定し、欠損孔の大きさと位置、それに伴う心腔の拡大の有無を判定します。心エコー検査では、他の心臓の異常が存在するかどうかも分かります。

典型的に、乳児の場合でも心電図検査が行われます。心電図検査では、1つまたは複数の心腔が拡大している徴候が認められることがあります。胸部X線では心臓の拡大が認められることがあります。

治療

  • ときに薬剤、カテーテルによる栓もしくはその他の特殊なデバイスの挿入、または手術

治療は欠損孔の種類や大きさ、また症状があるかどうかによって異なります。

心房中隔欠損症

心房中隔欠損症は一般に症状を引き起こさないため、患児には通常、薬剤は不要です。孔が2~3歳を過ぎても残っている場合、孔がごく小さなものでない限り、医師は通常、合併症を予防するために孔の閉鎖を推奨します。上の心腔間を隔てる壁の中心に位置する欠損孔は、しばしば心臓カテーテル室で行われる処置で閉じることができます。この処置では、長く細いチューブ(カテーテル)を小児の脚の上部の太い静脈に挿入し、血管内を慎重に進めて心臓に到達させます。カテーテルが適切な位置に配置されたら、閉鎖用デバイスをカテーテルに通してカテーテルの先端から出し、デバイスを拡張して孔をふさぎます。

心房中隔欠損症の欠損孔のうち非常に大きなものと心房中隔の端にあるものは、通常は手術によりパッチで閉じる必要があります。

一部の小児は、歯科受診前や特定の手術(腸管や膀胱など)の前に抗菌薬を服用する必要があります。抗菌薬は、心内膜炎と呼ばれる重篤な心臓の感染症を予防するために使用されます。

心室中隔欠損症

通常、小さな心室中隔欠損症の小児は治療を必要としません。しかし、比較的小さな欠損孔が大動脈弁の近くにあると、弁から血液が漏れることがあります(大動脈弁逆流症)。小児に大動脈弁逆流症がある場合、医師は通常、手術により心室中隔の欠損孔を閉鎖し、ときには大動脈弁を修復または置換します。

中程度または大きな心室中隔欠損症に関連する症状がみられる乳児では、フロセミド(体から余分な水分を除去する利尿薬)、ジゴキシン(心臓が血液を送り出す力を強くする薬)、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬(血管を弛緩させ、心臓が血液を送り出しやすくする薬)などの薬剤によりまず治療されることがあります。これらの薬剤は症状の軽減に役立ち、薬剤で治療している間に欠損孔が自然に閉じることがあります。それでも症状が改善しない、または欠損孔が小さくならない場合、医師は通常、手術によって心室中隔の欠損孔を閉鎖します。

特定の種類の心室中隔欠損症は、カテーテルデバイスで欠損孔を閉じることができますが、この方法は心房中隔欠損症の場合ほど適切ではないようです。

一部の小児は、歯科受診前や特定の手術(腸管や膀胱など)の前に抗菌薬を服用する必要があります。抗菌薬は、心内膜炎と呼ばれる重篤な心臓の感染症を予防するために使用されます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP