Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

大動脈縮窄症

執筆者:

Jeanne Marie Baffa

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

大動脈縮窄症は、心臓から全身に酸素の豊富な赤い血液を送り出す動脈である大動脈が狭くなった状態です。

  • 大動脈が狭くなると、下半身への血流が減少します。狭くなった大動脈を血液を流すために、心臓はより強い力で血液を送り出す必要があります。

  • 重度の縮窄のある乳児は、生後数日目に突然状態が悪化し、心不全と下半身への血流低下の徴候を示します。縮窄があっても比較的年長の小児には何の症状も現れません。

  • 診断は、症状と診察所見に基づいて疑われ、心エコー検査によって確定されます。

  • 縮窄のある小児のほとんどは、狭くなった大動脈の修復手術またはバルーン血管形成術を必要とします。

心臓の異常の概要も参照のこと。)

縮窄とは、大動脈全体ではなく、大動脈の1つの区域が狭くなった状態です。縮窄は一般的に、動脈管と大動脈が合流する箇所を通り過ぎた部分に起こります。動脈管は、心臓から出ていく大きな2つの動脈である肺動脈と大動脈をつなぐ血管です(正常な胎児循環を参照)。子宮内にいる間と生後数日の間、動脈管は開いているため、そこを流れる血液は大動脈が狭くなっている部分を迂回します。

縮窄があると、腎臓、肝臓、腹部の他の臓器を含む下半身への血流が減少します。脚の血圧は正常よりも低く、腕の血圧は正常よりも高くなる傾向があります。縮窄は、重篤ですが治療可能な高血圧の原因の1つです。ときに、心雑音(狭窄もしくは漏れのある心臓弁または異常な心臓の構造を通る血液の乱流によって生じる音)がみられます。

治療しないと、重度の縮窄がある新生児は死に至ることがあります。比較的軽度の縮窄であっても、いずれは心臓に負担をかけるようになり、心臓が大きくなり、高血圧を引き起こします。また、心臓の感染症(細菌性心内膜炎)や脳出血を起こしやすくなります。 大動脈縮窄症の小児は大動脈弁狭窄症心房または心室の中隔欠損など、その他の心臓の先天異常を伴うことがしばしばあります。

症状

縮窄が軽度の乳児は通常、症状がないか、あってもごくわずかです。中等度の縮窄がある乳児では、速い呼吸(ときに呼吸に努力を要することもある)、速い心拍、哺乳不良、灰色がかった皮膚、排尿回数の減少、むずかりまたは嗜眠がみられることがあります。

乳児に重度の縮窄がある場合でも、血液は大動脈と肺動脈の間をつないで開通している動脈管から大動脈の下部(狭窄を通り過ぎた部分)に流れることができます。そのため通常は、生後数日が経過して動脈管が閉じるまで、症状は現れません。これが閉じると、動脈管を通して供給されていた血液がなくなるため、下半身に供給されていた血液供給のほとんどすべてが突然失われてしまう事態を引き起こします。それにより急に、命にかかわる心不全心不全:拍出と充満の異常)と低血圧が起こります。

比較的年長の小児では、縮窄があっても症状がみられることはほとんどありません。まれですが、縮窄のある小児に上半身の高血圧が原因で頭痛や鼻血がみられたり、脚への不十分な血液供給が原因で、運動をすると脚が痛んだりすることがあります。

診断

  • 心エコー検査

  • ときにCT(コンピュータ断層撮影)検査またはMRI(磁気共鳴画像)検査

通常、診察で心雑音が聴取された場合や、脈拍や血圧が脚と腕とで異なることに気づかれた場合に、縮窄が疑われます。心雑音とは、狭窄もしくは漏れのある心臓弁または異常な心臓の構造を通る血液の乱流によって生じる音です。また、腕で測定した血圧が非常に高くなる場合があります。

心エコー検査(超音波検査の一種)や、ときにはCT検査またはMRI検査で診断を確定します。

一般的には心電図検査胸部X線検査が行われます。これらの検査で心臓の拡大が認められることがあります。

治療

  • ときに、プロスタグランジンという薬剤

  • 手術または、ときにバルーン血管形成術とステント留置

治療法は、縮窄とそれに起因する症状の重症度によって異なります。

縮窄による重度の症状のある乳児には、以下のような緊急治療が必要です。

  • 動脈管を再開通させる薬であるプロスタグランジンの投与

  • 心臓が血液を送り出す力を強くするその他の薬剤

  • 狭くなった部分を広げるための緊急手術

中程度または重度の縮窄がある乳児では、手術を行うのが理想です。大動脈の狭くなった部分を切除して正常な部分同士を縫い合わせたり、パッチを使用して狭くなった部分を広げたりします。ときに、左腕に血液を供給する血管(鎖骨下動脈)の組織を使用してこのパッチを作成することがあります。

縮窄がごく軽度で症状がまったくない小児では、早い段階で縮窄が発見されない場合があります。そして、いくぶん成長してから大動脈がもっと狭くなったときに気づかれます。そのような小児における狭くなった大動脈の修復には、手術やバルーン血管形成術が選択肢となります。バルーン血管形成術は、心臓カテーテル検査中に行われ、先端にバルーンが付いた細いチューブ(カテーテル)が、腕または脚の血管から狭窄した大動脈に挿入されます。そこでバルーンを膨らませると、狭くなった大動脈が拡張されます。ときに、大動脈の再狭窄を予防するために、拡張可能な柔軟なチューブ(ステント)が挿入されます。

縮窄に対して手術を受けた一部の小児では、大動脈が修復された部位に瘢痕組織ができることがあります。このような瘢痕組織により大動脈が狭くなりますが、これは非常に早い段階で緊急手術を必要とした乳児で最もよくみられます。通常、この再発した狭窄にはバルーン血管形成術(ときにステント留置を併用)が非常に効果的な治療法になります。

一部の小児は、歯科受診前や特定の手術(腸管や膀胱など)の前に抗菌薬を服用する必要があります。抗菌薬は、心内膜炎と呼ばれる重篤な心臓の感染症を予防するために使用されます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP