Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

レッグ・カルベ・ペルテス病

執筆者:

Frank Pessler

, MD, PhD, Helmholtz Centre for Infection Research

医学的にレビューされた 2020年 10月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

レッグ・カルベ・ペルテス病は、小児において股関節が破壊される病気です。

  • 原因は股関節に近い大腿骨上部の成長板への血液供給不足です。

  • 典型的な症状としては、股関節痛や歩行困難などがあります。

  • 診断は、X線検査およびときにMRI検査に基づいて下されます。

  • 治療としては、股関節を固定して動かさないようにすることや、床上安静などがあります。

レッグ・カルベ・ペルテス病は骨軟骨症(小児が急速に成長している時期に起こる一連の 骨の成長板 小児における骨の病気の概要 骨の病気は、けが、感染症、がんが原因で起こったり、遺伝によって生じたり、小児の成長の一環として起こったりすることがあり、また原因が不明の場合もあります。 骨の病気には、痛みが起こり、歩くのが難しくなるものもありますが、何の症状も起こらないものもあります。 徹底的な病歴聴取、注意深い観察と診察、および適宜用いるX線検査またはMRI検査に基づ... さらに読む の病気)の一種です。骨軟骨症の原因はよく分かっていませんが、遺伝するとみられています。骨軟骨症にはほかに、 オスグッド・シュラッター病 オスグッド・シュラッター病 オスグッド・シュラッター病とは、すねの骨(脛骨[けいこつ])の最上部の骨と軟骨に痛みを伴う炎症が起きる病気です。 この病気は脚の使い過ぎによって起こります。 典型的な症状としては、膝の痛み、腫れ、圧痛などがあります。 身体診察およびときにX線検査の結果に基づいて診断します。 治療は通常、痛みの緩和と安静にすることです。 さらに読む ケーラー病 ケーラー病 ケーラー病は、足の舟状骨(足のアーチ部分を構成する骨の1つ)への血液供給が途絶えるためにその部分が壊死する病気です。 ( 小児における骨の病気の概要も参照のこと。) ケーラー病は骨軟骨症(小児が急速に成長している時期に起こる一連の 骨の成長板の病気)の一種です。骨軟骨症の原因はよく分かっていませんが、遺伝するとみられています。骨軟骨症にはほかに、 オスグッド・シュラッター病、... さらに読む ショイエルマン病 ショイエルマン病 脊柱後弯症とは、脊椎が異常に曲がって猫背を引き起こしている状態です。 ( 小児における骨の病気の概要も参照のこと。) 背中の上部は、正常な場合は前方にいくらか弯曲しています。一部の小児では弯曲の程度が大きい場合があります。過度の弯曲は、以下の場合があります。 柔軟である 固定している(構造上) さらに読む などがあります。

レッグ・カルベ・ペルテス病は5~10歳の男児に最も多く発生します。通常は左右どちらか一方の脚に起こります。患者のおよそ10%には近親者に同じ病気になっている人がいます。原因は股関節に近い太ももの骨(大腿骨)の上部の 成長板 小児における骨の病気の概要 骨の病気は、けが、感染症、がんが原因で起こったり、遺伝によって生じたり、小児の成長の一環として起こったりすることがあり、また原因が不明の場合もあります。 骨の病気には、痛みが起こり、歩くのが難しくなるものもありますが、何の症状も起こらないものもあります。 徹底的な病歴聴取、注意深い観察と診察、および適宜用いるX線検査またはMRI検査に基づ... さらに読む への血液供給不足です。血液の供給不足により大腿骨の端部が壊死し、つぶれてしまいます(阻血性骨壊死または 骨壊死 骨壊死 骨壊死は、血液供給が障害されることで骨の一部分が死んでしまうことです。 骨壊死は、けがが原因で起こることも、また自然に起こることもあります。 典型的な症状としては、痛み、患部の関節可動域の制限、足を引きずること(脚に発生した場合)などがあります。 診断は、症状、骨壊死のリスク、X線検査およびMRI検査の結果に基づいて下されます。... さらに読む )。レッグ・カルベ・ペルテス病における血液供給不足の原因は分かっていません。成長板への血液供給を妨げる問題はほかにもあります。 鎌状赤血球症 鎌状赤血球症 鎌状赤血球症は、鎌状(三日月形)の赤血球と、異常な赤血球の過剰破壊による慢性貧血を特徴とする、遺伝性のヘモグロビン(酸素を運搬する赤血球内のタンパク質)の遺伝子異常です。 必ず貧血がみられ、ときとして黄疸がみられます。 貧血、発熱、息切れなどが悪化し、長管骨、腹部、胸部などに痛みを伴うと、鎌状赤血球症の疼痛発作(症状が急速に悪化する危険な状態)が疑われます。 電気泳動法と呼ばれる特別な血液検査を使用して、鎌状赤血球症かどうかを判定するこ... さらに読む 鎌状赤血球症 やコルチコステロイドの使用がその例です。しかし、これらの問題や判明しているその他の原因による股関節の損傷は、レッグ・カルベ・ペルテス病とみなされません。

大腿骨:股関節の一部

大腿骨だいたいこつ:股関節こかんせつの一部いちぶ

症状

レッグ・カルベ・ペルテス病では、最初に重い症状が現れないまま、股関節に重度の損傷が及ぶことがあります。しかし、ひどい損傷が起こると、股関節に永久的な関節炎が起きることがあります。最初に現れるレッグ・カルベ・ペルテス病の症状は主に股関節痛と歩行困難です。痛みはじわじわと始まりゆっくり進行します。股関節を動かしたり歩いたりすると痛みがひどくなる傾向があります。一部の患者は膝の痛みだけを訴えます。あまり痛みが出ないうちに足を引きずるようになることがあります。やがて関節の動きが制限され、あまり使わないために大腿筋が萎縮(いしゅく)することがあります。

診断

  • 通常はX線検査

  • ときにMRI検査

レッグ・カルベ・ペルテス病の診断は、 X線検査 単純X線検査 X線は高エネルギーの放射線で、程度の差こそあれ、ほとんどの物質を通過します。医療では、極めて低線量のX線を用いて画像を撮影し、病気の診断に役立てる一方、高線量のX線を用いてがんを治療します(放射線療法)。 X線は単純X線検査のように単独で使用することもありますが、 コンピュータ断層撮影(CT)などの他の手法と組み合わせて使用することもあります。( 画像検査の概要も参照のこと。)... さらに読む で確定します。X線検査の結果が正常な場合や、重症度についてさらに情報が必要な場合、 MRI検査 MRI(磁気共鳴画像)検査 MRI(磁気共鳴画像)検査は、強力な磁場と非常に周波数の高い電磁波を用いて極めて詳細な画像を描き出す検査です。X線を使用しないため、通常はとても安全です。( 画像検査の概要も参照のこと。) 患者が横になった可動式の台が装置の中を移動し、筒状の撮影装置の中に収まります。装置の内部は狭くなっていて、強力な磁場が発生します。通常、体内の組織に含まれる陽子(原子の一部で正の電荷をもちます)は特定の配列をとっていませんが、MRI装置内で生じるよう... さらに読む MRI(磁気共鳴画像)検査 が行われます。後にX線検査を行うと、骨折や骨の破壊など成長板周囲の変化が分かることがあります。

この病気が患者の家族内でみられるか、患者の両脚に発症している場合は、骨格のX線検査が行われます。このX線検査は、骨格の遺伝性疾患の可能性を否定するために行われます。

その他の病気を除外するために、血液検査が行われます。医師は症状がけがによるものかどうかを確認しようとします。

予後(経過の見通し)

診断された時点であまり損傷がひどくない幼児や小児の場合、最も治療の効果が出やすくなります。

治療

  • 床上安静および股関節の固定

  • ときに手術

レッグ・カルベ・ペルテス病の治療としては、長期の床上安静や股関節を固定して動かさないようにすること(例えばギプスや副子による)などがあります。治療法の選択は小児の年齢と損傷している骨の量により異なります。横になって安静にし、ある程度動かさないようにするだけで十分な場合もあります。しかし、場合によっては牽引(けんいん)、吊り包帯、ギプス、または副子を用いて12~18カ月間、ほぼ完全に動かさないように固定することが必要になります。このような治療によって、脚を外側に回転させた状態を維持します。

年齢が6歳以上で骨に中程度から重度の破壊が起こっている場合は、手術が役立つ場合があります。

治療をしない場合でも、レッグ・カルベ・ペルテス病は通常よくなりますが、治るまでに時間がかかり(通常2~3年)、年齢を重ねてからの股関節炎のリスクが上昇します。

ビスホスホネート系薬剤(骨密度の上昇を助ける薬)による治療が効果的ですが、さらなる研究が必要です。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP