Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

点頭てんかん

ウエスト症候群

執筆者:

Margaret C. McBride

, MD, Northeast Ohio Medical University;


M. Cristina Victorio

, MD, Akron Children's Hospital

最終査読/改訂年月 2018年 11月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

点頭てんかんでは、小児が突然腕を曲げて振り上げ、首を曲げて前かがみになり、脚をピンと伸ばします。

  • 点頭てんかんを起こす小児の多くは、発達が異常であったり知的障害があったりします。

  • この病気を診断するには脳波検査を行いますが、さらに血液検査、尿検査、髄液検査のほか、脳の画像検査も行うことが原因の特定に役立ちます。

  • 多くの場合、副腎皮質刺激ホルモンを筋肉内注射で投与するか、コルチコステロイドまたはビガバトリン(抗てんかん薬)を経口投与することで、発作をコントロールできます。

点頭てんかんが続くのは数秒ですが、典型的には短い間隔で何度も連続して起こるため、合わせて数分に及びます。連続的な発作が1日に何度も起こることがあります。通常、発作は1歳までに始まります。5歳までに止まることもありますが、その後しばしば別のタイプの発作が現れます。

原因

点頭てんかんは通常、重篤な脳の病気や発達の異常がすでに診断されている乳児に起こります。そのような病気には以下のものがあります。

点頭てんかんでは、ときに原因を特定できないことがあります。

症状

点頭てんかんの発作では、通常、体幹と腕や脚が突然ビクッとふるえます。ときに、頭部がうなずくように小さく動くだけの場合もあります。1回の発作は数秒で治まりますが、通常は何回も集中して次々と発生します。

発作は典型的には小児が目覚めてすぐに発生し、寝ている間にはめったに起こりません。

診断

  • 脳波検査

  • MRI検査、血液検査、尿検査、および腰椎穿刺

原因を調べるためにその他の画像検査も行います。

それでも点頭てんかんの原因がはっきりしない場合は、遺伝子検査を行うことがあります。

治療

  • 副腎皮質刺激ホルモン

  • コルチコステロイド

  • ビガバトリン(抗てんかん薬)

点頭てんかんを早期にコントロールできれば、発達への影響が少なくなるため、発作が起きていることを早く知り、速やかに治療を開始することが極めて重要です。

点頭てんかんに対する最も効果的な治療法は、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)を1日1回筋肉内に注射することです。コルチコステロイド(プレドニゾン[日本ではプレドニゾロン]など)の経口投与も有効なことがあります。

これ以外で、発作を止めるのに有用であることが明らかに証明されているのは抗てんかん薬のビガバトリンだけです。これは、結節性硬化症複合体が原因である場合に特に役立ちます。それ以外の抗てんかん薬とケトン食療法については、有効性を示す科学的根拠が十分ではありません。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP