Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

新生児の甲状腺機能亢進症

(新生児にみられるバセドウ病;新生児バセドウ病)

執筆者:

Andrew Calabria

, MD, The Children's Hospital of Philadelphia

医学的にレビューされた 2020年 9月
プロフェッショナル版を見る

甲状腺機能亢進症は甲状腺ホルモンの分泌量が増加した状態です。

  • 新生児の甲状腺機能亢進症は通常は母親のバセドウ病が原因です。

  • 症状はむずかり、心拍数の増加、眼球の突出、体重増加の遅れなどがあります。

  • 診断は、甲状腺機能検査に基づいて下されます。

  • 治療しなければ、死に至る可能性があります。

  • 治療は一般的に抗甲状腺薬とベータ遮断薬で行います。

新生児の一般的な問題の概要 新生児の一般的な問題の概要 新生児の問題は、以下の時期に生じることがあります。 胎児として成長している出生前 陣痛および分娩時 出生後 新生児の約10%は、 早産児であること、胎児期から新生児期への移行に際する問題、低血糖、呼吸困難、感染症、およびその他の異常のために出生後に特別なケアを必要とします。専門的なケアはしばしば、... さらに読む 、成人の 甲状腺機能亢進症 甲状腺機能亢進症 甲状腺機能亢進症は甲状腺が働きすぎている状態で、甲状腺ホルモンの値が高く、身体の重要な機能が働く速度が上昇します。 バセドウ病は甲状腺機能亢進症の原因として最もよくみられます。 心拍数と血圧の上昇、不整脈、過剰な発汗、神経質や不安、睡眠障害、意図しない体重減少などの症状がみられます。 診断は血液検査により確定されます。 甲状腺機能亢進症の管理には、チアマゾールまたはプロピルチオウラシルが用いられます。 さらに読む 甲状腺機能亢進症 乳児と小児の甲状腺機能亢進症 乳児と小児の甲状腺機能亢進症 甲状腺機能亢進症は甲状腺ホルモンの分泌量が増加した状態です。 バセドウ病(グレーブス病)は、甲状腺機能亢進症の一般的な原因ですが、甲状腺にできた増殖物(結節)や甲状腺の炎症のほか、薬剤、感染症も原因となる可能性があります。 症状は小児の年齢によって異なりますが、一般的には体の機能の促進が含まれます。 診断は血液検査と画像検査に基づきます。 出生まで治療を受けなかった乳児は、知的障害、発育不良、低身長がみられることがあり、ときに死亡する場... さらに読む も参照のこと。)

甲状腺機能亢進症または新生児にみられるバセドウ病(新生児バセドウ病)は新生児ではまれですが、小児の内分泌腺疾患を専門とする医師(小児内分泌専門医)によって診断・治療されない場合には死に至る可能性があります。これは一般的には、母親が妊娠中にバセドウ病にかかっていた場合、または妊娠前にバセドウ病の治療を受けていた場合にみられます。 バセドウ病 バセドウ病(グレーブス病) 甲状腺の病気は、妊娠前から存在している場合もあれば、妊娠中に発症する場合もあります。妊娠しても甲状腺の病気の症状に変化はありません。胎児への影響は、甲状腺の病気の種類と治療薬の種類によって異なります。しかし一般に、以下のようなリスクがあります。 治療しない場合、 甲状腺機能亢進症(甲状腺の活動が過剰になった状態): 胎児の成長が遅い、在胎期間の割に成長しない、 死産 治療しない場合、... さらに読む では、母親の体内でつくられた抗体が甲状腺を刺激するため、甲状腺ホルモンの血中濃度が上昇します。それらの抗体は、胎盤を通過して胎児の甲状腺ホルモンも過剰に分泌させ、その結果胎児の死亡や 早産 早産児 早産児とは、在胎37週未満で生まれた新生児です。生まれた時期により、早産児の臓器は発達が不十分であるため、子宮外で機能する準備がまだできていないことがあります。 早産の既往、多胎妊娠、妊娠中の栄養不良、出生前ケアの遅れ、感染症、生殖補助医療(体外受精など)、および高血圧などがある場合に、早産児を出産するリスクが高くなります。 多くの臓器の発達が不十分であるため、早産児では呼吸したり哺乳したりすることが難しく、脳内出血、感染症や他の異常が... さらに読む につながります。出生後新生児は母親の抗体にもはやさらされないため、新生児にみられるバセドウ病は通常は一過性ですが、再発する可能性もあります。

症状

この病気の新生児には、心拍数と呼吸数が速くなる、易刺激性がみられる、食欲は過剰になるが体重は増えないといった体の機能亢進がみられます。その他の症状には、 発育不良 発育不良 発育不良とは、体重増加と体の成長の遅れのことをいい、発達や成熟の遅れにつながります。 病気や適切な栄養をとれないことが原因で発育不良が起こります。 小児の成長曲線、身体診察、健康歴、家庭環境に基づいて診断を下します。 生後1年間の栄養が不足すると、小児に発達の遅れが生じることがあります。 治療には、栄養のある食事や病気の治療などがあります。 さらに読む 嘔吐 乳児と小児の嘔吐 嘔吐は、食べたものを自分の意思に反して吐き出してしまうことで、不快感を伴います。乳児では、嘔吐と溢乳(いつにゅう)を区別しなくてはなりません。乳児では授乳中や授乳直後—典型的にはげっぷをさせるときに少量の溢乳がしばしばみられます。 急速に授乳された、空気を飲み込んだ、授乳量が多すぎたことが原因で溢乳が起こりますが、明らかな原因がなくても起こることがあります。嘔吐は一般的には病気が原因で起こります。育児経験のある親は多くの場合、溢乳と嘔吐... さらに読む 下痢 小児の下痢 下痢は小児でとてもよくみられる病気です(成人の 下痢も参照)。下痢とは、小児の正常なパターンとは違う、軟便または水様便が頻繁に排泄される状態です。血液や粘液が下痢に混じっていることもあります。健康な小児では、年齢と食事内容によって排便回数や便の硬さが違うため、軽い下痢を起こしているのか、または正常なのかを判断するのが難しい場合があります。例えば、離乳食をまだ始めていない母乳栄養の乳児は、軟らかい便を頻繁に排泄しますが、これは正常です。こ... さらに読む などがあります。この病気にかかった新生児には母親と同様、 眼球の突出 眼球の突出 眼球が前に飛び出したり押し出されたりすることを、眼球突出と呼びます。 眼球突出という言葉は、甲状腺の活動が過剰になった状態( 甲状腺機能亢進症)を引き起こすバセドウ病によって、眼球が前方に飛び出した状態を指して用いられるのが通常です。眼球の突出は、眼が大きいことではありません。 クッシング病や重度の肥満などは、顔貌や眼の外観を変えることがありますが、真の眼球の突出が起こることはありません。... さらに読む 眼球の突出 がみられます。 新生児の甲状腺が腫大していた場合(先天性甲状腺腫 先天性甲状腺腫 先天性甲状腺腫は、甲状腺の腫大が出生時に認められる状態です。 腫大した甲状腺からは、甲状腺ホルモンが過剰に作られるか( 甲状腺機能亢進症)、逆に作られる量が不足します( 甲状腺機能低下症)が、ときに量は正常なこともあります。 診断は超音波検査と血液検査に基づきます。 治療にはホルモン療法があり、ときには外科手術も行われます。... さらに読む )、甲状腺が気管を圧迫して出生時に呼吸を妨げることがあります。心拍数が非常に速くなると、心不全の原因となります。未治療の甲状腺機能亢進症は、頭蓋骨が早期に閉じてしまう(頭蓋縫合早期癒合症 頭蓋縫合早期癒合症 頭蓋縫合早期癒合症は、1カ所以上の頭蓋骨の縫合が早期に閉鎖する先天異常です。 ( 顔面、骨、関節、および筋肉の先天異常に関する序も参照のこと。) 縫合とは、頭蓋骨同士をつないでいる帯状の組織です。縫合によって、中の脳の成長に伴い頭蓋骨が成長することができます。生後数年間は柔らかいままであり、乳児が成長するに従って閉じて固くなっていきます。縫合が閉じた後は、頭蓋骨はそれ以上大きくなることはできません。... さらに読む 頭蓋縫合早期癒合症 )、 知的障害 知的能力障害 知的能力障害(一般に知的障害とも呼ばれます)とは、出生時や乳児期の初期から知能の働きが明らかに標準を下回り、正常な日常生活動作を行う能力が限られている状態です。 知的能力障害は、遺伝的な場合もあれば、脳の発達に影響を与える病気の結果として起こる場合もあります。 知的能力障害がある小児のほとんどでは、就学前まで目立った症状が現れません。 診断は正式な検査の結果に基づいて下されます。... さらに読む 、発育不全、 低身長 小児の成長ホルモン欠損症 成長ホルモン欠損症は、下垂体から十分な成長ホルモンがつくられない場合に起こります。 成長ホルモン欠損症は、最もよくみられる下垂体ホルモン欠損症で、全般的な発育不良と低身長を伴います。 成長ホルモン欠損症のその他の症状は、小児の年齢と欠損症の原因によって異なります。 成長ホルモン欠損症の原因は特定されないことがほとんどですが、ときに先天性疾患や脳腫瘍が原因のことがあります。 診断は身体診察、小児の成長曲線の確認のほか、X線検査、血液検査、... さらに読む および小児期の後半の多動につながる可能性があります。

診断

  • 新生児スクリーニング検査

  • 甲状腺機能検査

  • ときに画像検査

出生後に甲状腺機能の評価のため(主に甲状腺機能低下症を調べるため)に病院で必ず行われることになっているスクリーニング血液検査の結果から、甲状腺機能亢進症が明らかになることがあります。

医師は新生児の母親がバセドウ病であったり新生児に典型的な症状がみられる場合、甲状腺機能亢進症を疑います。

新生児が甲状腺機能亢進症と診断されると、甲状腺の大きさと位置を確認するために、画像検査が行われることもあります。

予後(経過の見通し)

新生児バセドウ病の乳児は、ほぼ全員が6カ月以内に回復します。母親が妊娠中に、甲状腺からつくられる甲状腺ホルモンの量を減少させる薬剤(抗甲状腺薬)を服用しなかった場合、乳児には出生時に甲状腺機能亢進症がみられます。母親が妊娠中に薬剤を服用していた場合、乳児には出生後約3~7日間、甲状腺機能亢進症の症状はみられません。(妊娠中のバセドウ病の治療 バセドウ病(グレーブス病) 甲状腺の病気は、妊娠前から存在している場合もあれば、妊娠中に発症する場合もあります。妊娠しても甲状腺の病気の症状に変化はありません。胎児への影響は、甲状腺の病気の種類と治療薬の種類によって異なります。しかし一般に、以下のようなリスクがあります。 治療しない場合、 甲状腺機能亢進症(甲状腺の活動が過剰になった状態): 胎児の成長が遅い、在胎期間の割に成長しない、 死産 治療しない場合、... さらに読む も参照のこと。)

治療

  • 抗甲状腺薬

  • ベータ遮断薬

  • ときにヨウ素またはヒドロコルチゾン

甲状腺機能亢進症の新生児は、甲状腺からつくられる甲状腺ホルモンの量を減少させる抗甲状腺薬(チアマゾールなど)で治療を行います。心拍数を減少させる薬であるベータ遮断薬(プロプラノロールなど)も投与されます。他の治療法で効果がなかった場合は、児にヨウ素の液剤を経口投与したり、ヒドロコルチゾンを静脈内投与したりすることもあります。これらの薬剤は、母親の胎盤から移行した抗体が児の血流中にみられなくなった時点で中止されます。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP