Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

小児の死亡と終末期

執筆者:

Steven D. Blatt

, MD, State University of New York, Upstate Medical University

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

多くの家族が、病気で死を迎えつつある子どもにまつわる難しさに対処しなければなりません。大人は死への対処にしばしば苦労し、小児は友達や家族の死亡を理解しようとして特に困難に直面することがあります(乳児の病気と死および死と死期に関する序も参照)。

小児の死

小児の死亡は病院や救急診療部で最も多く起こります。死亡は、がんのように長い病気の後に起こることも、けがや乳児突然死症候群(SIDS)のように、突然、予期せずに起こることもあります。小児の死亡を理解し、受け入れるのは家族にとって難しいことです。親にとって子どもの死亡は、彼らが子どもに託した夢と希望を諦めなければならないことを意味します。悲しみに暮れている間、兄弟姉妹などの他の家族が必要とする世話を親ができない場合があります。子どもを亡くした家族との対応に精通した専門家によるカウンセリングが助けになることがあります。

ときに、親は、すぐにもう一度妊娠を計画して子どもの死亡に対処することがあります。親が、死亡した子どもを悼みその喪失を受け入れられるようになる前に、「代理の子ども」を妊娠します。親は、死亡した子どもに対する感情と期待を、この代理の子どもに押し付ける可能性があります。親は、過保護になり、代理の子どもには特別なケアや、害になると感じるものからの保護が必要だと考えることがあります。

死亡した子どもの喪失を悲しんでいる親にとって、新しい子どもに対して愛着心がなかなか湧かないのは正常なことです。親と新たな子どもでカウンセリングを受けることが助けになります。

家族または愛する人の死

小児が死というものをどの程度理解できるかは、小児の発達レベルに大きく依存します。小児には、愛する人や友達の死について、彼らが理解できるレベルで説明する必要があります。例えば、学齢期前の小児は、死というものの理解が限られている可能性があります。親は、家族で可愛がっていたペットの死亡など、過去の出来事と関連付けて死というものを説明しようとしてもよいでしょう。より年長の小児では、死亡をより簡単に理解することができます。ただし、死を「眠りについて、もう目を覚ますことはない」といったように説明することは、その場では適切だと思われるかもしれませんが、決してしてはいけません。なぜなら、小児が眠るのを怖がるようになるおそれがあるからです。

病気の小児や成人のお見舞い

重い病気の小児や大人のお見舞いに子どもが行ってもいいかどうかについて、親は子どものかかりつけの医師や他の医療従事者に尋ねることができます。小児によっては、死を迎えつつある家族や友達の見舞いに行っていいか尋ねることもあります。このような見舞いについて、親はどのようなことが起こるのかを子どもが理解できるようあらかじめ話しておく必要があります。子どもに対して、これからお見舞いに行く人は見かけが変わってしまっているかもしれないが、それでも同じ人だと話すことで、子どもの心の準備を助けられます。お見舞いをする相手は、病気のせいで体重が減ったり、増えたり、また、髪の毛がなくなったりしていることがあります。

葬式への参列

親はしばしば葬式に子どもを連れていくべきかどうかで悩みます。この判断は個別に下されるべきもので、可能であれば、その意思決定には小児も関与させるべきです。小児を葬式に参列させる場合は、仲のよい友達や親戚が付き添って絶えずサポートし、小児が望む場合は退席を許可すべきです。

小児が好奇心から死というものについて多くの質問をする可能性があることを、親は理解するべきです。親は、これらの質問をしていいのだと子どもに知らせる必要があります。

誰かに悲劇的なことが起こった場合、その人のために何かをできると、小児は自信がつき無力感をあまり感じないで済む可能性があります。小児ができることの例として、以下のものがあります。

  • 花を摘む

  • カードを書く、または絵を描く

  • プレゼントを包む

  • 食べもの、お金、衣類、おもちゃを集める

小児が誰かの死亡を体験した後に内向的になったり悲しんだりしている場合や、普段の活動に参加するのを嫌がったり、攻撃的になったりする場合は、専門家の助けを借りるべきです。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP