Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

潜在性菌血症

執筆者:

Geoffrey A. Weinberg

, MD, University of Rochester School of Medicine and Dentistry

最終査読/改訂年月 2018年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

潜在性(隠れた)菌血症とは、小児に発熱がみられるものの具合が悪そうに見えず、明らかな感染源がないのに、血液中に細菌が存在している状態をいいます。

  • ほとんどの場合、潜在性菌血症の原因菌は肺炎球菌 Streptococcus pneumoniaeです。

  • 典型的には、小児では発熱以外の症状はありません。

  • 診断は、血液検査の結果に基づいて下されます。

  • 肺炎球菌 Streptococcus pneumoniaeによる感染症は定期予防接種で予防できます。

  • この感染症は抗菌薬で根治させることができます。

(成人における菌血症も参照のこと。)

3歳未満の小児が熱を出すのは珍しくありません。ほとんどの場合は、せきや鼻水など、他の症状を伴い、そうした症状が原因を診断する助けになります。しかしながら、ときには発熱以外に症状がみられないこともあります。つまり、この発熱には明確な原因がありません。このような場合、大半の発熱は治療をしなくても治るウイルス感染症が原因ですが、そのうち一部の小児では、尿路感染症が認められます。明らかな原因がなく発熱のみられる小児のうち少数では、細菌が血流に乗って体の中を巡っていること(菌血症)が発熱の原因です。発熱がみられるものの他の症状はない年長児や成人では、細菌が血流中に侵入していることはまずありません。

かつて医師たちは、生後3~36カ月の小児で39℃以上の発熱があり、他の症状がみられない場合には、潜在性菌血症に対する評価を行っていました。ほとんどの潜在性菌血症は肺炎球菌 Streptococcus pneumoniaeによるものでした。また、より頻度の低い原因としてインフルエンザ菌 Haemophilus influenzaeb型が、さらに頻度の低い原因として髄膜炎菌 Neisseria meningitidisがありました。乳幼児では、これらの細菌が血流に乗って体内を巡り、様々な臓器に侵入して、肺炎髄膜炎敗血症などの重篤な病気を起こす可能性があります。そして、潜在性菌血症の小児患者の約5~10%でこのような重篤な病気が発生していたことから、これらの問題が起こる前に細菌を特定するため、医師は血液検査と血液培養検査(検査室で細菌を増殖させる検査)を行っていました。そこで白血球数の増加が認められれば、細菌感染症のリスクが高いと判断して、血液培養検査の結果が出る前に抗菌薬を投与することもありました。

しかし現在では、インフルエンザ菌b型結合型ワクチン肺炎球菌結合型ワクチンによる乳児期の定期予防接種により、予防接種を受けている小児ではこれらの細菌による潜在性菌血症はほぼ完全になくなっています。感染のリスクが上昇している生後36カ月以下の特定の小児に対しては、髄膜炎菌に対するワクチンが接種されます。推奨されているワクチンの接種を受けている小児では、潜在性菌血症が発生する可能性は非常に低く なります。それでも、予防接種を受けなかった小児や接種量が不十分であった小児、また免疫系に障害がある小児では、依然として潜在性菌血症が発生する可能性があります。

小児における細菌感染症の概要も参照のこと。)

症状

潜在性菌血症の主な症状には以下のものがあります。

  • 39℃を超える発熱

せき、息切れ、何事にも興味を示さない(ぼんやりする)、皮膚の赤色または青色への変色など、他の症状がみられる場合は、潜在性菌血症とはみなされません。そのような場合、ほとんどは特定の細菌感染症にかかっています。

診断

  • 血液培養検査

  • 尿培養検査と尿検査

  • ときに他の血液検査、便検査、腰椎穿刺

発熱がみられる小児に潜在性菌血症が生じているかどうかを確実に判断することはできないため、血液培養検査を行って細菌を特定する必要があります。細菌は少なすぎたり小さすぎたりして見つからないため、血液サンプルを検査室に送って、そこで顕微鏡での観察と培養を行って細菌を特定します。

熱があって重篤そうに見える乳児や小児は、年齢にかかわらず、また予防接種を受けていたかどうかにかかわらず、血液、尿、髄液のサンプルを採取して検査します。髄液は腰椎穿刺の際に細い針でサンプルを採取します。これらのサンプルはいずれも検査室に送り、細菌感染症の徴候がないか調べる検査を行います。ほとんどの場合、患者の乳児または小児は入院し、抗菌薬が投与されます。呼吸困難がある場合は、胸部のX線検査もよく行われます。

小児の年齢に応じて、他の血液検査と便検査も行われる場合があります。

特定のウイルスの迅速検出検査も一部の小児で行われることがあります。この試験のために、鼻またはのどを綿棒でぬぐってサンプルを採取します。検査結果は通常、数時間以内に判明します。

生後3カ月未満の乳児

生後3カ月未満の乳児で発熱がみられる場合、菌血症の可能性があるかどうかは診察しただけでは分かりません。そのため、そのような乳児の場合、通常、臨床検査(血算、尿検査、血液培養)が行われます。血液検査と尿検査の結果が正常であると考えられる場合、医師によっては親や保護者に指示して乳児を自宅でモニタリングし、24時間以内に再度受診させることがあり、これにより乳児を再度診察し、血液培養の結果を確認できます。この間、抗菌薬は処方されません。一方、そのような乳児を入院させ、血液、尿、髄液のさらなる検査を行うこともあります。ほとんどの医師は、生後30日未満の乳児では菌血症のリスクが高いと考えています。この年齢の乳児は、一般的には入院し、血液、尿、髄液の検査を行います。

生後3カ月から3年の乳児および小児

この年齢層の乳児および小児では、発熱があっても、定期予防接種をすべて受けており、外見的に健康であれば、菌血症のリスクは非常に低くなります。リスクが低いため、血液検査を行わずに小児のモニタリングを行う場合もあります。しかしながら、一般的には、発熱の原因としての尿路感染症を検出するため、尿検査と尿培養検査が行われます。親または保護者は、小児の症状をモニタリングし、24~48時間以内に医師のフォローアップ(受診または電話)を受けるよう指示されます。小児の発熱が悪化するか熱が下がらない場合は、血液検査を行い、さらに胸部X線検査または腰椎穿刺を行う可能性があります。

治療

  • 抗菌薬

発熱があり、重篤な病態であると考えられ、菌血症のリスクが高い小児には、ときには培養検査の結果が判明する前に抗菌薬を投与することがあります。通常、セフトリアキソンなどの注射剤の抗菌薬を投与します。

培養検査の結果が陽性で、それほど重い病態であるとは考えられない小児には、注射剤の抗菌薬か、自宅で経口抗菌薬を投与します。培養検査の結果が陽性で、重篤な病気の徴候がみられる小児は、入院させ、抗菌薬を静脈内投与します。

自宅で経過観察とした小児は、いずれも24~48時間以内に再度診察します。熱が下がらない小児、または血液や尿の培養検査の結果が陽性で、抗菌薬がまだ投与されていない小児の場合は、さらなる培養検査を行い、入院させます。その後、重篤な病気の有無について評価し、抗菌薬を静脈内投与します。

生後3カ月から3年の小児には、体温を下げて小児が楽に感じるようにアセトアミノフェンなどの薬を投与することがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP