Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

妊娠中の自己免疫疾患

執筆者:

Lara A. Friel

, MD, PhD, University of Texas Health Medical School at Houston, McGovern Medical School

最終査読/改訂年月 2020年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

バセドウ病を含む自己免疫疾患は女性に多い病気ですが、特に妊婦に多くみられます。自己免疫疾患で作られる異常な抗体は、胎盤を通過できるため、胎児に問題を引き起こす可能性があります。妊娠による影響は自己免疫疾患の種類によって異なります。

抗リン脂質抗体症候群

血栓が形成されやすい、または過剰に形成される病気である抗リン脂質抗体症候群は、妊娠中、以下の原因となる可能性があります。

抗リン脂質抗体症候群を診断するには、医師は、以下を行います。

  • 原因不明の死産または流産、早産、血栓による問題が過去にあったどうかを妊婦に尋ねる

  • 期間を空けて少なくとも2回、血液検査を行って抗リン脂質抗体価を調べる

この情報に基づき、抗リン脂質抗体症候群を診断できます。

抗リン脂質抗体症候群の妊婦は通常、妊娠中と分娩後6週間、抗凝固薬および低用量アスピリンで治療します。治療により血栓の形成と妊娠合併症の発生が予防できます。

免疫性血小板減少症(ITP)

免疫性血小板減少症では、抗体が血液中の血小板数を減少させます。血小板は血液凝固を助ける、細胞に似た微細な粒子です。血小板が減少しすぎると(血小板減少症)、母子ともに過剰な出血が生じやすくなります。

妊娠中に治療をしないと、免疫性血小板減少症は重症になる傾向があります。

この病気の原因となる抗体は胎盤を通過して胎児に及ぶことがあります。しかし、この抗体が胎児の血小板数に影響を与えることはめったになく、

通常は経腟分娩が可能です。

治療

  • コルチコステロイド

  • ときに免疫グロブリンの静脈内投与

コルチコステロイド(通常はプレドニゾン[日本ではプレドニゾロン]の内服)によって血小板の数を増やすことができ、免疫性血小板減少症の妊婦はこれで血液凝固を改善します。しかし、この状態が続くのはおよそ半数の妊婦のみです。また、プレドニゾン(日本ではプレドニゾロン)により胎児の成長が在胎期間の割に遅くなったり、未熟児として生まれたりするリスクが高まります。

血小板数が危険なレベルにまで低下している場合には、分娩直前に高用量の免疫グロブリンが静脈内投与されることがあります。免疫グロブリン(免疫系が正常な人の血液から得た抗体)は一時的に血小板数を増加させ、血液凝固を改善します。その結果、安全に分娩が進行できるようになり、制御不能な出血を起こすことなく経腟分娩が可能となります。

血小板輸血は、血小板数が非常に少ないために分娩時にひどい出血が予想される場合か、ときに帝王切開が必要な場合に限って行われます。

まれに、治療を行っても血小板数が増加せず危険な状態が続くことがあり、このような場合には、古い血球や血小板を捕らえて破壊する働きを担っている脾臓を摘出することがあります。脾臓の摘出手術を行うのに最適な時期は第2トリメスター(訳注:日本の妊娠中期にほぼ相当)です。

重症筋無力症

重症筋無力症は筋力が低下する病気ですが、妊娠中に重篤もしくは永続的な合併症が起きることはあまりありません。しかし、妊婦において筋力低下の発作が多くなることがあります。そのため、治療薬(ネオスチグミンなど)の投与量を増やす必要がある場合があります。これらの薬剤には、腹痛、下痢、嘔吐、脱力感が増すなどの副作用が生じる可能性があります。これらの薬剤に効果がなければ、コルチコステロイドや免疫系を抑制する薬剤(免疫抑制薬)が投与されることがあります。

マグネシウムなどの妊娠中によく使用される薬剤の中には、重症筋無力症による筋力低下を悪化させるものがあります。そのため重症筋無力症の女性は、主治医にこの病気のことを必ず伝えるようにします。

重症筋無力症の妊婦では、ごくまれに分娩時に呼吸の補助(補助換気)が必要になることがあります。

この病気の原因となる抗体は胎盤を通過します。このため母親が重症筋無力症の場合、新生児のおよそ5分の1は同じ病気をもって生まれてきます。しかし、母体から移行した抗体は徐々に消失していき、子どもの体内ではこの種類の抗体は作られないため、新生児にみられる筋力低下はほとんどが一時的なものです。

関節リウマチ

関節リウマチは妊娠中に発症することがありますが、出産後すぐの発症頻度はさらに高くなります。妊娠前から関節リウマチであった場合、妊娠中は一時的に治まることがあります。

股関節や腰椎に関節リウマチによる異常があると難産になることがありますが、関節リウマチ自体が胎児に影響を及ぼすことはありません。妊娠すると関節リウマチの症状が軽快することがありますが、たいていの場合、出産後に元の症状に戻ります。

妊娠中に再燃が生じた場合、プレドニゾン(日本ではプレドニゾロン)(コルチコステロイドの1つ)で治療します。プレドニゾン(日本ではプレドニゾロン)に効果がなければ、免疫系を抑制する薬剤(免疫抑制薬)が使用されることがあります。

全身性エリテマトーデス

全身性エリテマトーデスは妊娠して初めて発症することもあれば、妊娠中に悪化する場合や軽くなる場合もあります。妊娠が全身性エリテマトーデスの経過にどのような影響を与えるかは予測できませんが、症状の再燃が最も起こりやすいのは出産直後です。

全身性エリテマトーデスを発症する女性の多くが過去に流産を繰り返していたり、胎児が在胎期間の割に成長しなかったり(在胎不当過小)、早産を経験したりしています。全身性エリテマトーデスによる合併症(腎障害や高血圧など)があると、胎児や新生児が死亡するリスクや母体死亡のリスクが高くなります。

全身性エリテマトーデスに関連する問題は、以下のような方法で最小限に抑えることができます。

  • 病状が6カ月間収まるまで妊娠を控える。

  • 病状をできるだけ良好にコントロールするために薬剤の使用方法を調節する。

  • 血圧と腎機能が正常である。

妊娠すると全身性エリテマトーデスにより生じた抗体が、胎盤を通過して胎児に及ぶことがあります。その結果、胎児に心拍数の著しい低下、貧血、血小板数の減少、白血球数の減少などが生じることがあります。しかし、この抗体は出生後の数週間で徐々に消失するため、この抗体が原因で生じていた症状は、心拍数低下を除いて、すべて解消します。

全身性エリテマトーデスの女性が妊娠前にヒドロキシクロロキンを使用していた場合、妊娠中を通じて使用することがあります。再燃が起こった場合は、低用量のプレドニゾン(日本ではプレドニゾロン)(コルチコステロイド)の内服、メチルプレドニゾロンなどの他のコルチコステロイド、あるいはアザチオプリンなどの免疫系を抑制する薬剤(免疫抑制薬)が必要になることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP