Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

女性生殖器のがんの概要

執筆者:

Pedro T. Ramirez

, MD, The University of Texas MD Anderson Cancer Center;


Gloria Salvo

, MD, MD Anderson Cancer Center

最終査読/改訂年月 2017年 11月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

外陰部、腟、子宮頸部、子宮体部、卵管、卵巣など、がんは女性の生殖器系のどの部分にも起こりえます。これらのがんを婦人科がんといいます。

女性の内性器の位置

女性の内性器

米国で最も多くみられる婦人科がん子宮体がん 子宮体がん 子宮体がんは、子宮の内側を覆っている子宮内膜という組織から発生するため、子宮内膜がんとも呼ばれています。 子宮内膜がんは通常は閉経後に発生します。 ときに異常な性器出血(不正出血)を引き起こします。 診断には、子宮内膜から採取した組織サンプルを検査します(生検)。 通常は子宮、卵巣、卵管およびときに近くのリンパ節を切除します。手術後には放... さらに読む 子宮体がん (子宮内膜がん)であり、次に卵巣がん 卵巣がん 卵巣がんでは、病巣が大きくなるか、範囲が広がるまで、症状がみられないことがあります。 卵巣がんの疑いがある場合は、血液検査、超音波検査、MRI検査、CT検査などを行います。 通常は、左右の卵巣および卵管と子宮を切除します。 多くの場合、手術後に化学療法が必要になります。 (女性生殖器のがんの概要を参照のこと。) さらに読む 、そして子宮頸がん 子宮頸がん 子宮頸がんは子宮頸部(子宮の下部)に発生します。 子宮頸がんは通常、性交時に感染するヒトパピローマウイルス(HPV)による感染症の結果として発生します。 子宮頸がんは不定期の性器出血(不正出血)を引き起こすことがありますが、がんが大きくなるか広がるまで何の症状もみられない場合もあります。... さらに読む 子宮頸がん です。

婦人科がんは以下のように広がります。

  • 近くの組織や臓器に直接広がる(浸潤)

  • リンパ管やリンパ節(リンパ系)を介して、あるいは血流を介して離れた部位に広がる(転移)

診断

  • 定期的な内診

  • 生検

内診 内診 婦人科の診療では、性生活、避妊、妊娠、更年期に関する問題などのデリケートな事柄を扱うため、こうした内容について気兼ねなく相談できる専門家を選んでおくべきです。米国では、医師、助産師、ナースプラクティショナー、医師助手などが受診先となっています。 婦人科の評価には婦人科の病歴聴取および婦人科の診察が含まれます。... さらに読む と子宮頸部細胞診(パパニコロウ検査)または他の類似した検査を定期的に行うことで、早期に発見できる婦人科がんもあります(特に子宮頸がん)。これらの検査でがんになる前の変化である異形成が発見され、がんを予防できることがあります。定期的に内診を行うことで、腟や外陰部のがんが早期に発見されることもあります。ただし、卵巣や子宮、卵管のがんを内診で見つけるのは容易ではありません。

病期診断

がんと診断された場合は、がんの病期を診断するためさらに検査を行います。病期は、がんの大きさや体内での広がりに基づきます。病期診断によく用いられる検査には、超音波検査、CT(コンピュータ断層撮影)検査、MRI検査、胸部X線検査、PET検査(陽電子放出断層撮影検査 PET(陽電子放出断層撮影)検査 PET(陽電子放出断層撮影)検査は核医学検査の一種です。 PET検査では、体内で使用(代謝)されるグルコース(ブドウ糖)や酸素などの物質を放射性核種で標識します。この場合の放射性核種とは、正の電荷をもつ放射性粒子を放出する原子のことで、陽電子と呼ばれます。体内で使用される物質と放射性核種の複合体を放射性トレーサーといいます。トレーサーは体... さらに読む PET(陽電子放出断層撮影)検査 )などがあります。がんを除去する手術を行い、リンパ節を含めた周辺組織の生検を行ってから病期を診断することもよくあります。

病期診断は最適な治療法を選択するのに役立ちます。

婦人科がんの病期は、I期(早期がん)からIV期(進行がん)に分類されます。ほとんどのがんは、病期の数字にアルファベットをつけてさらに細かく分類します。

icon

治療

  • 手術による切除

  • ときに放射線療法および/または化学療法

治療としては、がんの種類や病期により手術による切除、放射線療法、および化学療法などが行われます。

最初にがんが診断された段階での治療の主な目標は、可能なら(手術、放射線療法、化学療法を単独で、または組み合わせて)がんを除去することです。

化学療法は通常、がんが最初にできた原発部位から離れた別の場所に広がっている場合に最も効果的な治療法です。複数の化学療法薬を併用すると、原発部位のがんの除去に役立ち、その徴候がなくても他の部位に存在しているがん細胞を除去するのにも役立ちます。

子宮内膜がんまたは卵巣がんの治療は、腫瘍の切除が中心になります。手術後に放射線療法や化学療法を行うこともあり、子宮内膜がんでは、ホルモン療法を行うこともあります。

子宮頸がんの放射線療法には、大きな装置を使って体外から照射を行う外照射療法と、がんに放射線を放出する機器(小線源)を直接埋め込むことで体内から照射する内照射療法(密封小線源治療)があります。外部照射は通常、週に数回ずつ数週間かけて行います。内照射療法の場合は、放射性物質が体内にある間、数日間の入院が必要です。

化学療法は注射や内服により、あるいは腹腔内に挿入したカテーテルを用いて行います。化学療法の頻度はがんの種類によって異なります。化学療法を受けている間は、ときに入院が必要になる場合もあります。

婦人科がんで進行が著しく、もはや治癒は望めなくなった場合でも、がんの増大や転移を抑え、痛みなどの症状を軽減するために、放射線療法や化学療法を行うことがあります。治癒が望めないがんがある場合は、自分自身がどのような治療やケアを望むかをまとめた事前指示書 事前指示書 医療に関する事前指示書は、ある人が医療に関する決断を下すことができなくなった場合に、医療についての本人の希望を伝達する法的文書です。事前指示書には、基本的にリビングウィルと医療判断代理委任状の2種類があります。(医療における法的問題と倫理的問題の概要も参照のこと。) リビングウィルは、終末期ケアに代表されるような、個人が医療に関する決定能... さらに読む を作成しておきます。終末期のケア ホスピスケア ホスピスプログラムでは、主に症状の軽減、緩和ケア、患者と家族に対する精神面のサポートを行います。 ホスピスプログラムでは診断検査や治癒を目的とした治療、あるいは延命に重点を置きません。 ホスピスとは、死が迫っている患者とその家族の苦痛を最小限にすることを主な目的とするケアのプログラムであり、またその概念を意味します。米国では、ホスピスは、... さらに読む は以前に比べて大きく改善され、自宅で安楽に最期を迎えるケースも増えています。治癒を望めないがんをもつ人の多くは不安や痛みを経験しますが、適切な薬剤を使うことでこれらを軽減できます。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP