Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

円錐角膜

執筆者:

Melvin I. Roat

, MD, FACS, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

円錐角膜とは、角膜(虹彩と瞳孔の前にある透明な層)の形が徐々に変化して、不整かつ円錐形になり、視力が悪化する病気です。

角膜の病気に関する序も参照のこと。)

眼の内部の構造

眼の内部の構造

この病気は通常10~25歳の間に始まります。必ず両眼に発生し、視力が大きく変化するため、多くの人で眼鏡またはコンタクトレンズの度数をたびたび変更する必要が生じます。原因は不明ですが、以下のうちどれかに該当する人には、円錐角膜がよくみられます。

治療

  • コンタクトレンズ

  • 紫外線による治療

  • 角膜内リング

  • 角膜移植

多くの場合、視力の矯正には眼鏡よりもコンタクトレンズが有効です。コンタクトレンズには、装着しやすく良好な視力が得られる多くのデザインがあります(例、ガス透過性の高いもの、ハイブリッド、強膜レンズなど)。しかし、ときに角膜の変形の度合いがあまりにひどいとコンタクトレンズを装着できない、または装着しても視力を矯正できない場合があります。

紫外線を照射して角膜を硬化させる治療法(角膜クロスリンキングと呼ばれています)は、初期の円錐角膜において進行を予防する上で有用です。

角膜内リング(角膜の形状を変化させることで屈折矯正に役立つ器具)を用いると、コンタクトレンズを装着しやすくなるため、視力が改善するようです。角膜内リングにより、角膜移植をしなくてすむ人もいます。

重症の場合は、視力を回復するために角膜移植が必要になることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP