Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

上強膜炎

執筆者:

Melvin I. Roat

, MD, FACS, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

上強膜炎とは、強膜(眼を覆う白く丈夫な線維性の組織)と結膜(まぶたの裏側と白眼部分を覆う膜)の間にある組織の炎症です。

  • 通常は原因不明です。

  • 眼が赤くなる、腫れる、眼の刺激感などの症状が現れます。

  • 上強膜炎は自然に完治することもありますが、コルチコステロイドの点眼薬を使用すると、症状がより速やかに消失することがあります。

結膜と強膜の病気の概要も参照のこと。)

上強膜炎は若年成人にみられ、男性よりも女性に多く発生します。炎症は通常、眼球のごく一部にのみ起こり、隆起した部分が赤色、ときには黄色がかった色になります。このような状態が他の病気の徴候であることはあまりありませんが、ときに、全身の炎症性疾患(全身性エリテマトーデス関節リウマチなど)がある人や額や眼に帯状疱疹(たいじょうほうしん)があった人に同様の症状がみられることがあります。

さらなる症状としては眼の圧痛(押すと痛みを感じる)、刺激感、涙量のわずかな増加、軽度の羞明(光に対して敏感になる)などがあります。この病気は完治する傾向がみられ、再発することもあります。診断は症状と眼の外観に基づいて下されます。

眼の内部の構造

眼の内部の構造

治療

  • ときにコルチコステロイドの点眼薬または非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)の内服薬

たいていの場合、上強膜炎の治療は不要です。眼の血管を収縮させる作用のあるテトラヒドロゾリンなどの点眼薬により、一時的に眼の赤みが改善します。ただし、このような点眼薬は常用するとさらに赤みが増すため(リバウンド効果と呼ばれます)、特別な場合などにのみ使用すべきです。

症状を早く抑えるために、コルチコステロイドの点眼薬または非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)の内服薬が処方されることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP