Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

カンジダ症

(モニリア症、酵母感染症)

執筆者:

Sanjay G. Revankar

, MD, Wayne State University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

カンジダ症は、カンジダ・アルビカンス Candida albicansをはじめとする数種類のカンジダ属 Candida真菌によって引き起こされる感染症です。

  • 最もよくみられる病型は、口、腟、皮膚の表面に感染が起きるもので、白や赤の斑点が生じ、かゆみや刺激感、またはその両方を引き起こします。

  • 免疫機能が低下している人では、食道やほかの内臓に重篤な感染症が起こることがあります。

  • 感染物質のサンプルを採取し、顕微鏡で観察して培養します。

  • 抗真菌薬を感染部位に塗ったり内服したりしますが、重篤な場合は、静脈内投与を行う必要があります。

カンジダ Candidaは、正常な場合でも皮膚、腸管、女性の陰部に存在しています。通常は、カンジダ Candidaがこのような部位で症状を引き起こすことはありません。しかし、この真菌がときに皮膚(粘膜が侵されます)、に感染症を起こす場合があります。このような感染症は免疫機能が正常な人にも起こりますが、糖尿病、がん、エイズの人や妊婦に多くみられ、長引く傾向があります。口と食道のカンジダ症は、エイズ患者によくみられます。またカンジダ症は、抗菌薬を使用している人にもよくみられます。抗菌薬により、正常な状態で体内に生息しカンジダ Candidaと競合している細菌が死んでしまうことで、カンジダ Candidaの増殖に歯止めがきかなくなるためです。

カンジダ症は不快ですが、生命を脅かすことはまれです。しかし、いくつかの種類のカンジダ症は重篤です。具体的には以下のものがあります。

  • 侵襲性カンジダ症

  • カンジダ血症(侵襲性カンジダ症の最も一般的な病態)

真菌感染症の概要、皮膚のカンジダ症腟の真菌感染症も参照のこと。)

侵襲性カンジダ症では、心臓弁、脳、脾臓(ひぞう)、腎臓、眼などの部位に感染が広がります。侵襲性カンジダ症は、主に免疫機能が低下している人や入院患者にみられます。カンジダ症は病院内で発生する最も一般的な感染症の1つです。

食道のカンジダ症は、HIV感染症がエイズに進行したことを示す病気(エイズ指標疾患)の1つです。

カンジダ血症は重篤な血流感染症です。米国では、カンジダ Candidaが血流感染症の一般的な原因の1つになっています。この感染症の発生リスクは、以下のような特定の条件によって高まります。

  • 大きな手術

  • 静注ラインまたは点滴チューブの使用(特に首、胸の上部、鼠径部の太い静脈に挿入するチューブ[中心静脈カテーテル]や栄養補給[静脈栄養]に使用するチューブ)

  • 特定の抗菌薬の使用

カンジダ血症は、迅速な治療が行われなければ死に至ることがよくあります。

症状

口の感染症(鵞口瘡[がこうそう])では、次のような症状が現れます。

  • 口の中にできるクリーム状の白くて痛みのある斑点

  • 口の端のひび割れ(口唇炎)

  • 舌が赤くなって痛みが生じ、滑らかになる

口腔のカンジダ症

食道の斑点は、ものを飲み込んだときに痛みます。

皮膚に感染すると、焼けつくような痛みのある発疹が生じます。おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)の中にはカンジダ Candidaによるものがあります。

感染症が体のほかの部分に広がった場合は、より重篤です。発熱、心雑音、脾臓の腫大、危険な低血圧(ショック)、尿量の減少がみられることがあります。網膜や眼の内部の感染症では、失明の危険があります。感染症が重症の場合は、複数の臓器が機能しなくなり、死に至ることもあります。

診断

  • 感染組織のサンプルの観察、ときに培養

カンジダ感染症の多くは症状だけですぐ分かります。

診断を確定するには、サンプルに含まれる真菌を顕微鏡で調べて確認することが必要です。血液や他の感染組織のサンプルを検査室で培養して観察して、真菌を確認することもあります。

カンジダ血症と診断したら、医師は眼を診察して、眼に感染がないかを調べます。

治療

  • 抗真菌薬

皮膚、口、腟だけに生じたカンジダ症は、クロトリマゾールやナイスタチンのような抗真菌薬を患部に直接塗布することで治療できます。また、経口で服用する抗真菌薬のフルコナゾールが処方されることもあります。

食道の感染症には、経口の抗真菌薬(フルコナゾールやイトラコナゾールなど)が処方されます。それらの薬で効果が得られない場合や感染症が重症の場合は、他の抗真菌薬を使用します。選択肢としては、静脈内投与するアニデュラファンギン、カスポファンギン、ミカファンギン、アムホテリシンBや、経口または静脈内投与するボリコナゾール、経口投与するポサコナゾールなどがあります。

体全体に広がったカンジダ症の場合は、通常はアニデュラファンギン(anidulafungin)、カスポファンギン、ミカファンギンを静脈内投与するか、フルコナゾールを静脈内または経口で投与します。

カンジダ症は、糖尿病など特定の病気がある人ではより重篤で、治療の効果も低くなります。糖尿病の人は、血糖値をコントロールすることで感染症の治癒が促進されます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP