Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

破傷風・ジフテリア混合ワクチン

執筆者:

Margot L. Savoy

, MD, MPH, Lewis Katz School of Medicine at Temple University

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

破傷風・ジフテリア(Td)混合ワクチンは、細菌そのものではなく、破傷風菌とジフテリア菌が作る毒素から体を守るためのものです。これに百日ぜきを予防する成分を追加した混合ワクチン(ジフテリア・破傷風・百日ぜき混合ワクチン)もあります。

一般的には、破傷風菌は傷口から体内に侵入し、増殖して毒素を作ります。この毒素により激しい筋肉のけいれんが起こり、死に至ることもあります。そのため、予防接種は非常に重要です。

ジフテリアにかかると、通常はのどや口の中の粘膜に炎症が起きます。さらにジフテリアの原因菌が毒素を放出し、心臓、腎臓、神経系に損傷を及ぼすこともあります。定期予防接種が行われるようになるまでは、ジフテリアは小児の主な死因の1つでした。

接種

ジフテリア・破傷風・百日ぜき混合ワクチン(DTaP)の接種は小児期に行われます。この混合ワクチンは米国では5回(生後2、4、6、12~18カ月と4~6歳時)に分けて接種し、その後、破傷風ワクチンは同量のまま、ジフテリアと百日ぜきのワクチンの量を減らしたワクチンを追加接種します。追加接種は11~12歳で行います。百日ぜきに対する免疫は弱まっていくため、16歳以上でTdapの追加接種を受けたことのない人は、これを受けるべきです。

破傷風・ジフテリア混合(Td)ワクチンの追加接種は、11~12歳でジフテリア・破傷風・百日ぜき混合ワクチンの追加接種を受けた後、10年毎に行われます。また、皮膚に傷を負った後に接種が必要になる場合があります。

特定の条件によって、ワクチンを接種するかどうかと接種を受ける時期が変わる場合があります(CDC:ワクチンを受けるべきでない人[Who Should NOT Get Vaccinated With These Vaccines?]も参照)。対象者が一時的に病気にかかっている場合、ワクチンの接種はその病気が治まるまで待つのが通常です。

副反応

注射部位が赤くなり、痛みや腫れが生じることがあります。重篤な副反応はまれですが、重度のアレルギー反応が起こることがあります。

破傷風ワクチンの接種後6週間以内にギラン-バレー症候群が発生した場合は、以降もそのワクチンの接種を受けるべきかどうか、主治医と相談してください。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP