Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

二次性血小板血症

(反応性血小板増多症)

執筆者:

Jane Liesveld

, MD, James P. Wilmot Cancer Institute, University of Rochester Medical Center

医学的にレビューされた 2020年 9月
プロフェッショナル版を見る

二次性血小板血症とは、別の病気の結果として血流中の血小板が過剰になる病気で、まれに過剰な血栓の形成や出血に至ります。

血小板 血小板 血液の主な成分 血漿(けっしょう) 赤血球 白血球 血小板 さらに読む 血小板 は、血液中にある細胞のような粒子で、血液が固まるのを助けます。血小板は骨髄内で巨核球と呼ばれる細胞から作られます。血小板血症では、血小板が過剰に作られます。血小板血症には以下のものがあります。

二次性血小板血症の原因は以下のものです。

二次性血小板血症の場合、通常は血小板数の増加に関連する症状はみられません(原発性血小板血症とは異なります)。原因となっている病気の症状が強く現れるのが普通です。

血小板の数が増加すると過剰な血液凝固を引き起こすと思うかもしれませんが、重度の動脈の病気や長期にわたる体を動かせない状態が伴わない限り、二次性血小板血症でこれが起きることはまれです。本態性血小板血症の一部の患者では出血のリスクが高くなりますが、二次性血小板血症ではこの心配はありません。

血小板増加の原因を対象とした治療が行われます。治療が成功すれば、血小板数は正常に戻ります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP