Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

二次性血小板血症

(反応性血小板増多症)

執筆者:

Jane Liesveld

, MD, James P. Wilmot Cancer Institute, University of Rochester Medical Center;


Patrick Reagan

, MD, University of Rochester Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

二次性血小板血症とは、別の病気によって起こる病気で、血小板が過剰に作られますが、通常は過剰な血栓の形成や出血に至ることはありません。

血小板は、血液中にある細胞のような粒子で、血液が固まるのを助けます。血小板は骨髄内で巨核球と呼ばれる細胞から作られます。血小板血症では、血小板が過剰に作られます。血小板血症には以下のものがあります。

  • 原発性:血小板を作る細胞の病気が原因です(原発性血小板血症を参照)。

  • 二次性:血小板を作る正常な細胞による生産の増加を誘発する病気が原因です。

そのような基礎にある病気により血小板血症が生じた場合、二次性血小板血症(または反応性血小板増多症)と呼ばれ、骨髄増殖性疾患には分類されません。

二次性血小板血症の原因は以下のものです。

二次性血小板血症の場合、通常は血小板数の増加に関連する症状はみられません(過剰な血液凝固や出血がよくみられる原発性血小板血症とは異なります)。原因となっている病気の症状が強く現れるのが普通です。

二次的に血小板数が上昇しても、通常は異常な出血や血液凝固の心配はありません。

血小板の数が多く、その直接的な原因となっている病気がある場合は、二次性血小板血症と診断され、原発性血小板血症とは区別されます。

可能性のある原因を特定するには血液検査を行いますが、ときに遺伝子検査を行い、場合によっては骨髄生検を行うこともあります。血小板増加の原因を確認するために、放射線学的検査などの他の検査が必要になることがあります。

血小板増加の原因を対象とした治療が行われます。治療が成功すれば、血小板数は正常に戻ります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP