Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

血小板の病気の概要

執筆者:

David J. Kuter

, MD, DPhil, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

血小板は、血液中を循環している細胞断片で、血液の凝固を助けます。トロンボポエチンは主に肝臓で生産され、これにより骨髄が刺激されて大きな細胞(巨核球)が作られます。この巨核球はその細胞質から血小板を作ります。血液凝固で使用されなかった血小板は、血液中を7~10日間循環した後に破壊されます。約3分の1は常に脾臓に蓄えられています。

通常の血小板数(血液中を循環している血小板の数)は、1マイクロリットル当たり約14万~44万個です。血小板の数は、月経周期に従って変化します。妊娠の終わり近くに減少することがあり(妊娠性血小板減少症)、炎症反応で増加することもあります(二次性または反応性血小板増多症)。これらの異常はいずれも重篤なものではなく、ほとんどの場合、いずれによっても問題が生じることはありません。

血小板の病気には以下のものがあります。

これらの病気があると、血液凝固に問題を生じます。

本態性血小板血症では、他の病気が見つかっていないにもかかわらず、血小板を作る骨髄細胞が過剰に増殖して、過剰な血小板を生産します。血小板数が増加すると、ほとんどの場合は血液凝固が過剰になりますが、一部の人では出血が起こることもあります。異常な血液凝固のリスクを抑えるためにアスピリンが処方されることがあります。血小板数を少なくする薬が必要になる場合もあります。

反応性血小板増多症では、別の医学的な疾患によって骨髄が刺激されて過剰な血小板が作られます(その疾患に反応して血小板が作られます)。そのような疾患には、感染症、慢性炎症(関節リウマチ炎症性腸疾患などで発生)、鉄欠乏症、特定のがんなどがあります。血小板数が増加しても血液凝固や出血のリスクが高まるわけではありません。血小板数が多いからといって特別な治療が必要なわけではありませんが、その原因になっている病気の治療が必要な場合があります。

血小板減少症では、血小板数が減少する原因が多くあります。一般に、血小板の生産減少にかかわる原因と、血小板の破壊増加や喪失にかかわる原因に分けられます。

血小板機能異常症では、血小板数が正常でも、機能が正常ではありません。

症状

血小板数の減少または血小板機能異常の最初の徴候は、皮膚の内出血です。しばしば下腿の皮膚に小さな赤い斑点(点状出血)が多数現れ、ちょっとした打ち身で黒っぽい青あざ(斑状出血または紫斑)が広がることがあります。歯ぐきから出血する場合や、便や尿に血液が認められる場合があります。月経の出血や鼻出血が多量になることもあります。血小板数が少ないほど、症状が重くなります。

血小板が過剰になった場合でも、血小板が欠乏した場合と同じような出血の徴候がみられることがありますが、その代わりに、血液凝固が異常なことによる症状がみられることもあります。例えば、脚の静脈にできた血栓によって脚が腫れたり、脳にできた血栓によって脳卒中が起こり、しびれや筋力低下がみられることがあります。

診断

  • 血算

血小板数を測定する簡単な血液検査(血算[CBC])により、多くの血小板の病気が診断できます。

血小板の機能異常の診断には、特別な検査が必要な場合があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP