Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

脳の機能障害の概要

執筆者:

Juebin Huang

, MD, PhD, Department of Neurology, University of Mississippi Medical Center

医学的にレビューされた 2020年 9月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

脳の機能障害の種類と重症度は以下の要因に応じて変わります。

  • 脳の損傷範囲

  • 脳の損傷部位

  • 原因になっている病気の進行速度

脳の機能障害は以下のように分類できます。

  • 局所性(焦点性):特定の領域に限局しているもの

  • びまん性(全般性):広範囲に及ぶもの

原因

局所性の脳機能障害は、脳の特定領域だけに発生する以下のような病気が原因で起こります。

びまん性の脳機能障害は、脳の広範囲に及ぶ、以下のような病気が原因で起こります。

びまん性の脳機能障害は、脳の特定の領域だけに発生する病気によって脳の広範囲に腫れや圧迫が生じる場合にも起こることがあります。そのような病気には以下のものがあります。

  • 脳膿瘍

  • 大きな脳腫瘍

  • 重度の頭部外傷または鈍的な頭部外傷

オピオイド(麻薬)、一部の鎮静薬(ベンゾジアゼピン系やバルビツール酸系の薬剤など)、抗うつ薬といった特定の薬剤も、使用する人(高齢者など)が作用に敏感すぎたり、血液中の濃度が高くなりすぎたりすると、びまん性の脳機能障害の原因になります。

脳の特定の領域が損傷すると...

脳の各領域は、それぞれ特定の機能を制御しています。そのため、損傷を受けた脳の部位によって、失われる機能が異なります。

脳の特定の領域が損傷すると...

症状

脳機能障害の種類と重症度は、脳の損傷部位のほか、損傷が脳全体に及んでいるか(びまん性)、脳の一部に限定されているか(局所性)によっても左右されます。大脳皮質(大脳の外層で、脳の中で最大の体積を占める部分)に損傷が起きると、多くの場合、機能障害が損傷の範囲に比例します。つまり、損傷の範囲が広いほど、機能障害がより重度になる可能性が高くなります。しかし、脳の中には、損傷の範囲が小さくても重度の機能障害をきたす領域もあります。脳幹(体の極めて重要な機能と意識レベルを調整しています)が損傷を受けた場合は、比較的小さな損傷であっても、昏睡につながり、死に至ることさえあります。

速く進行する病気では、ゆっくり進行する病気と比べて、脳の機能障害の症状がより顕著に現れる傾向があります。例えば、重度の脳卒中では、ゆっくり大きくなる腫瘍と比べて、顕著な症状が引き起こされる可能性が高まります。損なわれた機能を補う脳の働きは、急激な変化よりもゆるやかな変化に容易に対応できます。

また、突然発生するびまん性の脳損傷では、意識障害が起こる傾向があり、眠気を催したり、覚醒が困難(昏迷)または不可能(昏睡)になったりします。しかし、びまん性脳損傷は比較的進行が遅く、意識に影響することも比較的少ないです。そのため、通常は意識が残り、患者は覚醒しています。局所性の損傷では、特定の機能だけに影響が生じる傾向があります。

予後(経過の見通し)

損傷を受けた後の脳の代償作用と回復には、次に挙げる2つの脳の特性が役立っています。

  • 余剰性:複数の領域が同じ機能を果たします。一部重複した機能をもつ他の領域が、失われた機能を代償できることがあります。

  • 可塑(かそ)性:特定の領域の神経細胞は、新しい機能を果たせるように変化することができます。

知っていますか?

  • ときに、ある領域が損傷を受けると、脳の別の領域が損傷を受けた領域の機能を代行することがあります。

したがって、損傷を受けていない領域が損傷を受けた領域の果たしていた機能を引き継ぐことで、回復につながることがあります。しかし、ある領域から別の領域へ機能を移動させる脳の能力は、加齢に伴って衰えていきます。視覚などのいくつかの機能は、脳の他の領域が代行することができません。このような機能を制御する領域が直接損傷を受けると、その影響は永続的に残ることがあります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP