Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

筋骨格系の生物学に関する序

執筆者:

Alexandra Villa-Forte

, MD, MPH, Cleveland Clinic

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

筋骨格系は、人体を形づくり、安定させ、動作を可能にしています。筋骨格系は、骨格を形成する筋肉靱帯関節、軟骨、その他の結合組織から構成されています。「結合組織」という用語は、体内の様々な組織や臓器を支え結びつける組織を指して使われています。その主な成分は、異なるタンパクから成る、コラーゲンと弾性線維です。

年齢を重ねるにつれて、筋骨格系には多くの変化が起こります( 筋骨格系への加齢の影響を参照)。

筋骨格系(筋肉と他の組織)

筋骨格系(筋肉と他の組織)
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP