Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

特発性間質性肺炎の概要

執筆者:

Joyce Lee

, MD, MAS, University of Colorado School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 6月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

特発性間質性肺炎は、同じような症状と肺の病変がみられる原因不明の間質性肺疾患の総称です。

  • この疾患のいくつかのタイプは、ほかのものよりはるかに重篤になります。

  • 診断には、胸部X線検査やCT検査が必要で、通常は肺組織のサンプルの分析(生検)が行われます。

特発性という用語は原因不明という意味で、間質性肺疾患の原因が特定できない場合に特発性間質性肺炎と診断されます。肺炎はよく感染症であると思われがちですが、特発性間質性肺炎の原因は感染ではないと考えられています。

特発性間質性肺炎は8種類あります。発生頻度が高いものから順に並べると、次のようになります。

いずれの特発性間質性肺炎でもせきや息切れをきたし、肺に同様の病変がみられます。指先が厚くなったり、太鼓のばちのような形になることがあります( )。医師には聴診器を通して、しばしばパチパチという肺の音が聞こえます。いずれも症状は似ているものの、進行速度、治療法、重症度はそれぞれ異なります。

診断

  • 胸部X線検査および胸部CT検査

一般に血液検査も行われます。通常、血液検査で診断を確定することはできませんが、他の疾患を調べる検査の一環として行われます。この肺疾患による影響が心臓に及んでいないかを判定するために、 心電図検査 心電図検査 心電図検査は心臓の電気刺激を増幅して記録する検査法で、手早く簡単に行える痛みのない方法です。心電図による記録では、毎回拍動を誘発する心臓の生体ペースメーカー部(洞房結節、洞結節)、心臓の神経伝導経路、心拍数や心拍リズムについての情報が得られます。心電図では、心臓が拡大していること(通常の原因は高血圧)や、心臓に血液を供給する冠動脈の1つが閉塞しているために心臓に十分な酸素が行き届いていないことが示されることがあります。... さらに読む 心電図検査 心エコー検査 心エコー検査とその他の超音波検査 超音波検査では、周波数の高い超音波を内部の構造に当てて跳ね返ってきた反射波を利用して動画を生成します。この検査ではX線を使いません。心臓の超音波検査(心エコー検査)は、優れた画像が得られることに加えて、以下の理由から、心疾患の診断に最もよく用いられる検査法の1つになっています。 非侵襲的である 害がない 比較的安価である 広く利用できる さらに読む 心エコー検査とその他の超音波検査 が行われることもあります。

治療

  • 禁煙

  • しばしば薬剤、コルチコステロイドまたは新しい抗線維化薬(疾患に応じて)

  • ときに肺移植

その他の治療は病気のタイプによって異なりますが、しばしばコルチコステロイドやその他の薬剤(新しい抗線維化薬など)が使用されます。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP