Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

石綿肺(アスベスト症)

執筆者:

Abigail R. Lara

, MD, University of Colorado

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

石綿肺は、アスベストの粉塵を吸い込むことによって起こる、肺組織の広範な瘢痕化です。

  • 石綿肺では、息切れや運動能力の低下がみられます。

  • 通常は、胸部X線検査とCT検査によって診断が下されます。

  • 石綿肺は、アスベストへの曝露を最小限にすることで予防できます。

  • 治療法には、酸素吸入や、呼吸を楽にするその他の方法があります。

環境性肺疾患の概要も参照のこと。)

アスベストは様々な化学的組成をもつ繊維状のケイ酸塩鉱物からできています。吸い込まれたアスベスト繊維は、肺の奥深くまで入り込み、瘢痕化を引き起こします。アスベストを吸引すると、肺を覆っている2層の膜(胸膜)が肥厚することもあります。このような肥厚を、胸膜プラークと呼びます。この胸膜プラークはがん化することはありません。

アスベストは肺がんの原因となることもあります。アスベストによる肺がんは、吸い込んだアスベスト線維の量に、ある程度関係があります。石綿肺の患者のうち、特にタバコの量が1日に1箱を超える喫煙者では肺がんが非常に多くみられます。

アスベストの危険性については広く注意喚起がなされましたが、アスベストを扱う仕事をしていなければ、アスベストに関連する肺の病気になるリスクは極めてわずかです。アスベストは、非常に小さく砕かれないかぎり、肺の内部まで吸い込まれることはありません。アスベストを含む断熱材が使用されている建物を解体する労働者は、リスクが高くなります。日常的にアスベストを扱っている労働者は、肺疾患を発症するリスクが極めて高くなります。アスベスト繊維にさらされる機会が多ければ多いほど、アスベストに関連する病気を発症するリスクが高まります。

知っていますか?

  • ほとんどの人は、アスベストに関連する肺の病気になるリスクが非常に低いです。

症状

肺が広範囲にわたって瘢痕化して初めて、石綿肺の症状が徐々に現れてきます。肺は瘢痕化によって硬くなります。初期症状は、軽い息切れと運動能力の低下です。石綿肺に加えて慢性気管支炎がある喫煙者では、せきや喘鳴がみられることがあります。次第に呼吸が困難になり、石綿肺の患者の約15%に、重度の息切れや呼吸不全が起こります。

ばち状指は、手や足の指先が肥大して、爪が生えてくる部分の角度に変化が生じることをいいます。肺の損傷が激しい場合は、心臓に負担がかかり、肺性心と呼ばれる一種の心不全を起こすこともあります。

診断

  • アスベスト(石綿)への曝露歴

  • 胸部の画像検査

石綿肺の患者では、一般に肺機能が異常となり、医師が聴診器で肺の音を聞くと、通常は断続性ラ音と呼ばれる異常な音が聞こえます。アスベストへの曝露歴がある人では、胸部X線検査や胸部の高分解能CT(コンピュータ断層撮影)検査で特徴的な変化が認められれば、石綿肺と診断できることがあります。診断を下すために、まれに肺生検が必要になります。

予防

アスベストの吸入によって発生する病気は、作業現場でアスベストの粉塵と繊維の量をできる限り減らすことで予防できます。アスベストを使用する産業での粉塵対策が改善されたため、現在では石綿肺になる人は少なくなっています。家庭内にあるアスベストを含む資材が懸念されるのは、一般的にそれを除去する場合と家を改築する場合だけですが、その際は、安全に除去できる技術をもった業者に依頼すべきです。

アスベストに接する機会のあった喫煙者は、禁煙することで肺がんのリスクを低下させることができますが、年に1回は胸部X線検査を受ける必要があります。

アスベストを取り扱ってきた労働者には、比較的かかりやすい感染症があり、そのような感染症から体を守るために、肺炎球菌とインフルエンザの予防接種が勧められます。

治療

  • 症状を緩和する治療

石綿肺に対する治療は、ほとんどが症状の緩和です。酸素療法は、息切れを緩和します。薬剤やその他の方法(塩分の摂取を制限したり、必要であれば減量すること)は、心不全の緩和に役立ちます。

呼吸リハビリテーションは、肺の症状への対処や生活の質の向上に役立ちます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP