Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

石綿肺(アスベスト症)

執筆者:

Abigail R. Lara

, MD, University of Colorado

医学的にレビューされた 2020年 5月
プロフェッショナル版を見る
やさしくわかる病気事典

石綿肺は、アスベストの粉塵を吸い込むことで、肺の組織が広範に瘢痕化する病気です。

  • 石綿肺では、息切れや運動能力の低下がみられます。

  • 通常は、胸部X線検査とCT検査によって診断が下されます。

  • 石綿肺は、アスベストへの曝露を最小限にすることで予防できます。

  • 治療法には、酸素吸入や、呼吸を楽にするその他の方法があります。

アスベストは自然由来の化合物の一種で、その耐熱性と構造上の特性により、建設資材や造船資材、自動車のブレーキ、一部の繊維製品などで便利に使われていました。アスベストは、空気、水、土壌中に低濃度でみられますが、このレベルでの環境曝露は、人間の病気に大きく寄与するものではありません。アスベストは様々な化学的組成をもつ繊維状のケイ酸塩鉱物からできています。吸い込まれたアスベスト繊維は、肺の奥深くまで入り込み、瘢痕化を引き起こします。アスベストを吸引すると、肺を覆っている2層の膜(胸膜)が肥厚することもあります。このような肥厚を、胸膜プラークと呼びます。この胸膜プラークはがん化することはありません。

アスベストの危険性については広く注意喚起がなされましたが、アスベストを扱う仕事をしていなければ、アスベストに関連する肺の病気になるリスクは極めてわずかです。アスベストは、非常に細かく砕かれないかぎり、肺の内部まで吸い込まれることはありません。アスベストを含む断熱材が使用されている建物を解体する労働者は、リスクが高くなります。日常的にアスベストを扱っている労働者は、肺疾患を発症するリスクが極めて高くなります。アスベスト繊維にさらされる機会が多ければ多いほど、アスベストに関連する病気を発症するリスクが高まります。

知っていますか?

  • ほとんどの人は、アスベストに関連する肺の病気になるリスクが非常に低いです。

症状

肺が広範囲にわたって瘢痕化して初めて、石綿肺の症状が徐々に現れてきます。肺は瘢痕化によって硬くなります。初期症状は、軽い息切れと運動能力の低下です。石綿肺に加えて慢性気管支炎(長く続く太い気道の炎症)がある喫煙者では、せきや喘鳴がみられることがあります。次第に呼吸が困難になり、石綿肺の患者の約15%に、重度の息切れや 呼吸不全 呼吸不全 呼吸不全は、血液中の酸素レベルが危険なほど低くなったり、血液中の二酸化炭素濃度が危険なほど高くなる病気です。 呼吸不全の原因としては、気道をふさぐ病気、肺組織を損傷する病気、呼吸を制御する筋肉を衰えさせる病気、呼吸を促す仕組みが抑制される病気などがあります。 激しい息切れ、皮膚の青みがかった変色、錯乱または眠気などの症状がみられることがあ... さらに読む が起こります。

ばち状指 ばち状指 ばち状指は、手や足の指先が肥大して、爪が生えてくる部分の角度に変化が生じることです。 ばち状指は、爪床のすぐ下にある軟部組織が増殖した場合にみられます。このような増殖が起こる原因は不明ですが、血管の成長を刺激するタンパク質の量に関係している可能性があります。ばち状指は、 肺がん、 肺膿瘍、 肺線維症、 気管支拡張症などの一部の肺疾患に伴って発生しますが、肺炎や喘息などの他の肺疾患では発生しません。一部の先天性心疾患や肝疾患に伴ってばち状... さらに読む ばち状指 は、手や足の指先が肥大して、爪が生えてくる部分の角度に変化が生じることをいいます。肺の損傷が激しい場合は、心臓に負担がかかり、 肺性心 肺性心 肺性心は、肺の基礎疾患によって生じた 肺高血圧症(肺の中の血圧が高くなった状態)のために、右心室に拡大と肥厚が起きた状態です。右心室に拡大と肥厚が起きた結果として、 心不全に陥ります。 肺高血圧症とは、心臓から肺につながる動脈(肺動脈)の血圧が異常に高くなる病気です。肺疾患によって肺高血圧症が引き起こされる原因はいくつかあります。 血液中の酸素レベルが低い状態が長く続くと、肺動脈が収縮して肺動脈の壁が肥厚します。この収縮と肥厚により、肺... さらに読む と呼ばれる一種の心不全を起こすこともあります。

診断

  • アスベスト(石綿)への曝露歴

  • 胸部の画像検査

石綿肺の患者では、一般に肺機能が異常となり、医師が聴診器で肺の音を聞くと、通常は断続性ラ音と呼ばれる異常な音が聞こえます。アスベストへの曝露歴がある人では、胸部X線検査や胸部の高分解能CT(コンピュータ断層撮影)検査で特徴的な変化が認められれば、石綿肺と診断できることがあります。診断を下すために、まれに肺生検が必要になります。

予防

アスベストの吸入によって発生する病気は、作業現場でアスベストの粉塵と繊維の量をできる限り減らすことで予防できます。アスベストを使用する産業での粉塵対策が改善されたため、現在では石綿肺になる人は少なくなっています。家庭内にあるアスベストを含む資材が懸念されるのは、一般的にそれを除去する場合と家を改築する場合だけですが、その際は、安全に除去する方法について特別な訓練を受けた業者に依頼すべきです。

アスベストに接する機会のあった喫煙者は、禁煙することで肺がんのリスクを低下させることができますが、年に1回は胸部X線検査を受ける必要があります。

治療

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP